業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1343 S.T.A.L.K.E.R.のMOD BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記

2014/8/19 | 投稿者: hal

ふと思いついて、Nature Winterの再修正を行った。 これはAMKのMODであり、中々面白そうなので、大分前に日本字化してプレイしようとしたものである。

しかし前回のプレイでは、指定のバージョン1.0004では日本語化されず、1.0006でないと日本語にならない。 しかし1.0006では進行がメチャクチャになり、正常に進行するのは1.0004である。

つまり、あちら立てればこちらが立たず、という悲惨な状態だった。 しかもダメ文字によるCTDが頻発して、とても落ち着いてプレイできるような状態ではなく、開始直後で投げ出していた。

それをもう一度修正してみようと思い立ったのは、MODの残りが少なくなってきたからである。 手持ちのMOD(日本字化したもの)は、後Priboi Story2とWinter Edition位しかない。

現在プレイ中のBACK STREETS OF TRUTHも、それほどの大作ではないので、もっても後1.2週間程度だろう。

というわけで、ある程度のボリュームのあるMODを探していたのだが、これが中々みつからない。 あってもロシア語オンリーで英訳がないという有様である。 それで一旦挫折したNature Winterを引っ張り出したわけである。

今回は主としてスクリプト関係のファイル、特にnewsとSMSを重点的に翻訳修正した。 これがダメ文字で落ちる原因の一番手だからである。 その他幾つかのファイルの翻訳のやり直しと、スクリプト系の修正もした。

その甲斐あってか、バージョン1.0004でも日本語でプレイできるようになり、ニュースやSMSも日本語で表示され、CTDは激減した。 なんでもやってみるものですな。 しかし、1.0004で日本語表示ができるようになった原因は、今の所不明のままである。 

このNature Winterは、一時RoS2かと思ったことがある。 実際にはRoS2ではなかったのだが、クレジットにはDimakiさんだのboostyさんだの、懐かしい名前がずらずらとある。

それになんといってもAMKだから、面白いことは面白いだろうが、スクリプトエラーが多いのも覚悟しなければならない。

ともあれ、これで次期主力兵器は整備が整ったので、安心してBACK STREETS OF TRUTHを進められる。 

しかし現在詰まっている。 これでだめだとorigin・Omega・BACK STREETS OF TRUTHと、3本続けて放棄ということになる。 これはHal新記録であり、記録更新は嬉しくない。 なんとかBACK STREETS OF TRUTHを進めたいものだ。


S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その4
--------------------------------------
ようよう話しが進み出し、Cordon検問所でmaharovと会話、金をむしり取られたが、Sidorovichと会話ができた所からである。

■Cordon
Sidorovichとの会話で発生した「軍基地から箱をかっぱらえ」というタスク。 これで南部の検問所を探索したが、どこにも箱は見つからない。

まさか北部のGarbage近くにある検問所ではあるまいな。 後でいってみよう。

北の検問所にもない。 ここはBanditではなくLonerが管理しているようだ。 また南の検問所に逆戻り。

タスク欄の説明では、バリケードの近くとなっているが、これは訳した人物が人物だけに余り(正確には全く)頼りにはならない。

ここで又動画参照。 どうやら建物の中ではなく、周囲の草むらを探さなければならないらしい。

この位置で箱発見。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


しかしこのあたりは地雷原なので、うっかりすると爆死する。

Sidorovichに箱を渡すと次のタスクとなる。 シドはSOS信号を捕らえたが、それは非常に弱い。 辛うじて場所を特定することが出来たので、救援に向かえとのことである。

マーカーはSidorovichバンカーの北北東、廃工場近くについている。 まずはそこへ行ってみよう。

マーカー地点には白い服のストーカーが倒れている。

クリックすると元のサイズで表示します


しかしその死体を探ろうとすると、又CTD。 いい加減うんざりする・・・ ここで英語プレイ。

死体からPDAを取ればタスクはOKである。 尚、今回のCTDの原因は、前回と同様これらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


これはガンオイルと思われるのだが、それは既に訳してある。 weight*=*0.2 cost*=*100のアイテムは、2.3あるが、大きさや種類などで該当するものはガンオイルしかないのだ。

ここでitem.ltxを再度チェック。 "が一つ抜けていた・・・ それで落ちたので、ダメ文字では無かったのだ。

戻ってSidorovichに報告し、これで終了。 その後ATPにいる同業者を殺せというタスクになるが、話の途中で落ちた。

dilogi_kordon.xmlには、string id="sidirych_torgash_kill_dialog_6で、

uyman358.esc_give_fort_and_ammo

となっている。 これはSidorovichがRavenに渡す武器と思われるが、セリフではPMとなっている。 fort pmのどちらかにキリル文字があるようだ。

両方にキリル文字があったので修正。 このMODでは武器の大半にinv_nameでキリル文字が使われている。 これはやはりfortであった。

それにしても、Lost Worldシリーズでは大量にキリル文字が表示されても、全く落ちない。 理由は不明だが、SOCのMODとしては希有のことで有り難いことである。

しかし、これは例外中の例外で、SOCでJPローダーを通すと、キリル文字があると高確率で落ちる。

Lost AlphaはSOCではなく、さりとてCOPでもない独自のエンジンを使用しているが、これもダメ文字CTDはない。 エンジンの性格としてCOPのそれに近いものだからだろう。

ともあれ、weponsにはキリル文字の含まれた未修正の武器ファイルが、ごまんとある。 これから先も武器名が出る度に、高確率でCTDは起こるだろう。

ダメ文字というのは本当にわからないもので、何故起きるか、どのキリル文字がダメ文字になるのか、そのあたりが全く不明である。 少なくとも、ある特定のキリル文字が必ずダメ文字になるというものではないらしい。 

ある場合には全く問題ないキリル文字(の文字化け)が、他の場合には一発で落ちるということもある。 特定のキリル文字がどのような条件でダメ文字になるかは、私には完全にわからない。

キリル文字どころか、特定のMODでは日本語の「噂」という文字があると、ダメ文字CTDが起こるという記事を見たことがある。 本当かどうかは不明だが、そんなことまでありうる(かも知れない)程、ダメ文字というのは理解不能なものなのである。

それはともかく、ゲームに戻る。

この「商人を殺せ」タスクはバニラにもある。 違うのは商人がいる場所である。 今回はATPという近場なので楽である。 それとこのタスクはサブタスクらしい。 (サブタスク・メインタスクの明瞭な区別は、このMODではタスク欄には表示されない。)

ATPでこの商人を殺すと、又CTD。 これほどCTDが続くと、いい加減げっそりしてくる。 今回の原因は商人が持っているアーティファクトらしい。 

ところが又不思議な現象が発生した。 SOS信号の発生源でストーカーの死体発見、探ると落ちるのは、item.ltxのキリル文字と"の抜け落ちが原因だった。 これはサブマシンでのプレイだが、その時は完全に解消した。

ところがメインマシンに切り換えてプレイすると、そのCTDが又発生する。 勿論データ類は全て上書きコピーしているので、ファイル構成はメインサブ共に全く同一である。

なのに、サブマシンで収まったCTDが、メインマシンでは発生する。 ??? しかしその後サブマシンで確認した所、サブマシンでも落ちるようになっていた。

ここで落ちる原因の切り分け開始。

日本語で落ちる死体から、英語版でアイテム全て取得、その後日本語版でそのアイテムを確認しても、ダメ文字CTDは起きない。 ということは、アイテムそのものではなく、取る時、つまり取得用インベントリを開くときに起きるようである。

そしてミュータントの取得用インベントリではCTDは起きない。 又トレードインベントリでも起きない。 つまりNPCの死体からの取得インベントリのみである。 

死体から取得するものは、アイテム・スタッシュ情報・そしてお金! これだ!

探し当てたlootmoney.script、これが死体からお金を得るスクリプトだった。 これを日本語化して起動。 OK! 問題なく取得インベントリが開き、アイテムとお金を取得できた。

今までこのCTDが起こらなかったのは、死体からお金を得る機会がなかったからである。 それにしてもscriptsにキリル文字で書くのは、勘弁してくれよお!

また久しぶりにやれやれホッ・・・ ここまで何時間かかったか・・・


S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その5に続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ