業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1342 S.T.A.L.K.E.R.のMOD BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記

2014/8/18 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その3
--------------------------------------
出発点のWaiting roomで、「Cordonに届けるエクスプローラー」というタスクが出たが、Cordonに行く前に 一回り村を聞き込みに回っている所からである。

■Waiting room
西部の三叉路にあるバーには誰もいないし、この村では情報はなさそうである。 ならば軍基地に行ってみよう。

途中夥しい数のローデントと犬に囲まれる。 AMKの連中はこの二種類のミュータントが大好きらしい。 すぐ前にやっていたOmegaでも、この二種には悩まされたものである。 相手にするのもばからしいので高みの見物。

クリックすると元のサイズで表示します


このBACK STREETS OF TRUTHの軍基地は、ウクライナ軍ではなく平和維持軍により管理されているようだが、話しは特にない。

■平和維持軍基地
F.O.T.O.G.R.A.Fと同様扉が2枚重ねのドア。 どういう目的で作られたのか、それとも単なる作業ミスなのか。 完全に用途不明のドアである。

クリックすると元のサイズで表示します


F.O.T.O.G.R.A.Fで主人公が目覚める部屋だが、ここでも話しはない。

総じてF.O.T.O.G.R.A.Fにある建物は、このBACK STREETS OF TRUTHにもあるが、NPCとの会話がないのは大いに異なる。 これは早いとこCordonへ行けということなのだろう。

北西のCordonへの検問所に来ると、ヘリの攻撃がある。 この敵は何者なのか?

クリックすると元のサイズで表示します


■Cordon
出た所は、Cordon最南部のmilitary検問所の更に南である。 しかしマーカーのついているmaharovとは話が出来ない。 「またな」しか言わないのだ。 どうやらスタートからミスっていたらしい。

■Waiting room
最初にWaiting roomで目覚めた後、ガイドについて行かなければならなかったのだ。 ガイドは途中で探知機など取り出し、アノマリーについてガイダンスなどしてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します


そして移動ポイント近くの検問所につくと、ヘリの襲撃があり、ガイドはいなくなる。 走れ!というメッセージが出るので、北の移動ポイントまで全力で走る。

しかし、Cordonの検問所のmaharovは、やはり「またな」しか言わないのだ。 おまけにダメ文字CTDが頻発する。

これは恐らくはnewsかSMSのキリル文字のためだろう。 これをまず殺さないと全く進むことが出来ない。 プレイは一時中断、ダメ文字対策をすることにした。 

ダメ文字対策一応終了。 まだあるかと思われるが、とりあえずこれで進めてみることにした。

ダメ文字CTDは一応止まったが、今度はゲームが進行しない。 Cordonの検問所のmaharovは、やはり「またな」しか言わないし、Waiting roomに戻って見ようとしたが、移動ポイントは無くなっている。 しかもGarbageへの移動ポイントも開いていない。

はて・・・? 最序盤でこんなに進まないMODも珍しい。 一体なにをすればmaharovから話しが聞き出せるのか?

検問所近くの死体をサーチすると落ちる。 これまたダメ文字らしい。 しかしこのinv_nameやdescのあるファイルを特定出来ない。 miscは全て探したし、scriptsも探したが、該当するキリル文字は見つからなかった。 

はて? アイテムの名称がgameplayにあるとは思えないし、他に思い当たるフォルダもない。 weight*=*0.2 cost*=*100でgrepすると、どうもガンオイルくさい。 絵もそんな感じである。 しかしこれは既に日本語(ガンオイル)に訳してあるのだ。 なのになぜダメ文字になる?

しかもこのアイテムを取ってからmaharovと話しても、先へは進めない。 ???

ここで動画発見。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&prev=/search%3Fq%3DS.T.A.L.K.E.R.%25E3%2580%2580BACK%2BSTREETS%2BOF%2BTRUTH%2Bguide%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP471JP506&rurl=translate.google.co.jp&sl=en&u=https://www.youtube.com/watch%

これによると、ガイドと共にWaiting room北の検問所に行くが、暫く待ってガイドを先に行かせると、ヘリは現れずガイドは死なない。 そして検問所でガイドと会話となっている。 

どうやらこれらしい。 というわけで又も股も叉もやり直し。

■Waiting Room
検問所前で「止まれ」というメッセージが出たら、その場で待機する。 そして「1.2のニュースを・・・ 来ることが出来るか」で進む。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし検問所の塀前でガイドに近寄るとCTD。 2回目もCTD、3回目でようやくガイドと会話出来た。 会話の内容は・・・ 怪奇としか言いようがない・・・

クリックすると元のサイズで表示します


とにかくこのBACK STREETS OF TRUTHには、進行関係の情報が全く無い。 完全に手探りの状態でプレイを進めているので、どうしても無駄ややり直しが増える。 辛い所ではある。

■Cordon
こうしてよれよれになりながら(プレーヤーが!)辿りついたCordon。 検問所ではmaharovと無事に会話、無事ではなく金をむしり取られた。

しかしこれで「地元のトレーダー(無論Sidorovich)から仕事を貰え」のタスクが出る。

相も変わらぬシドのおっさん。 はて? Waiting roomにいたのに、いつの間にCordonに引っ越してきたのか。

クリックすると元のサイズで表示します


狸シドと話すと、「軍の基地から箱をかっぱらえ」というタスクになる。 おなじみのタスクである。 しかし、そのお馴染みの使い古して手垢のついたタスクを得るために、これだけの苦労をしなければならないとは!

このBACK STREETS OF TRUTH、始まったばかりでこれでは、先が思いやられる。 動画を見つけなければ、恐らくは放棄していただろう。

しかし動画のwalkthroughは、目的の箇所まで行き着くのにえらい時間がかかる。 なので動画は嫌いである。 特にロスキーの連中の動画は、編集もせずにただ垂れ流しにプレイを撮っただけなので、アイテム画面やタスク画面を開いて考え込んだり、やたら進行が遅くいらいらしてくる。

とはいえ、動画しかなければやむを得ない。 どうかしてもそれを見るしかないのである。

かくして、いつもの検問所殴り込み。 又ズダボロになるのだろうなぁ・・・

と思ったのだが、案に相違してmilitaryたちは敵対しない。 おかげでゆっくり探索できた。 しかしどこを探しても箱は見つからない。

クリックすると元のサイズで表示します


長屋にある天井の穴、これに入ってもなにもない。


S.T.A.L.K.E.R. SOC BACK STREETS OF TRUTHプレイ日記その4に続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ