業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1317 S.T.A.L.K.E.R.のMOD Omegaプレイ日記

2014/7/31 | 投稿者: hal

.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD Omega プレイ日記その13
--------------------------------------
東Pripyatのデパ地下で、目的のガウスライフルを発見した所からである。 これはZatonのCardanに届けるものである。

■東Pripyat デパ地下
いつの間にか「Find a map」というtaskが追加されている。 「地図を見つけてGarikと話せ」というものである。

これはタスク欄の説明がコード付きドアを見つけろと同じなので、同じ目的のものだろう。

ガウスライフルを取るとローグからのSMSが入る。 「本屋にいる。 助けてくれ!」というものである。

本屋はPripyat最南西部にあるが、Monolithが多いので要注意。

■本屋
Monolithを倒して広間に入ると、待ってました真打ち登場! Monolith様である。


クリックすると元のサイズで表示します


このMonolith様を見て、外見からバカにしてはいけない。 Monolith様は今や世界的権威なのだ。 ゾーンのみならず、ウェイストランドにまでその霊験は広がっている。

クリックすると元のサイズで表示します


---------------------------
Monolith様は偉大なのだ。 ひたすら信じて祈れば、大概のことはかなえて下さる。 例えば、S.T.A.L.K.E.R.でファストトラベルしたいとか、マップ移動無しのシームレスマップでプレイしたいとか、そんなことさえかなえて下さる。

・・・・・・・・・・・・・・・

かなえてくださるわけがないっ! いくらMonolith様でもそれは無理難題というもの。

大体Monolith様のご霊験のあるのは、ゾーンの中だけなのだ。 Monolith様から見れば、ウェイストランドは異教徒の地、不信心者ばかりのそんな所まで出張るわけにはいかないのだ。
---------------------------

と大分前のFallout 3 MOD詰め合わせプレイ日記で書いたが、やはりMonolithアクバル! その威令はゾーンでのファストトラベルやシームレスマップを実現して下さったのである。

そのおまじないは「Lost Alpha」というものである。 あぁら不思議あら不思議、「こんそぉ〜る!」とかいうおまじないの言葉に続いて、「jump_ナントカ〜」と称えると、行きたい所に即座に飛べる。 これなんファストトラベルというものである。

嗚呼! 偉大なるかなMonolith様!

2階に上がるとrougeがいた。 彼が救助依頼の本人らしい。

クリックすると元のサイズで表示します


彼はDegtyarevの隊にいたのだが、Monolithに捕らえられてしまった。 「Sauronは来るでしょう--Monolithとのコミュニケーションセッションのための一族のリーダーのひとりとわかりました」とのことである。

この「Sauron」は「Charon」ともいう。 無論「あの」Charonである。 つまりScarの前身というか真の姿ということになる。

こうしてRougeと行動を共にすることになった。 目的地はX-8のDegtyarevの所のようだ。

尚このRougeはwalkthroughでは「ビーチコーマー」と訳されている。

■ジュビリー
ここまでRougeを護衛してくると、タスク完了となる。 そしてイケメンDegtyarevとVano ザ 能天気も出迎えてくれた。

クリックすると元のサイズで表示します


こうしてDegtyarevを助けてMonolithと交戦することになる。 walkthroughには「すべて生き残る必要はありません。 1生きているのNPCには十分。 」と書かれている。 つまり生き残りの一人が、必要な情報を教えてくれる、というシステムらしい。

激戦の末Degtyarev達は死んだ。 

クリックすると元のサイズで表示します


カードについては、walkthroughによると「洗濯室に洗濯機の中に隠されている。 このフロントガラスには、裏庭の洗濯物である。」ということだ。

■コインランドリー
裏庭に放置されている壊れた洗濯機、そこにカードはあった。

クリックすると元のサイズで表示します


これをGarikに渡して話すと、西Pripyat(SOCのPripyat)への移動ポイントを教えられる。

「それで、西まで行ってください。 そこ、工事トレーラと意志の後ろの、切り換えになってください」

位置はここである。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


しかしそこへ行っても何事も起きない。 移動ポイントがないのだ。

それはないでしょ、お目蛾惨!

ここまで持って回ったタスクをこなし、あちこち駆けづり回って、揚げ句の果てにポータルがないというのは、余りにもLost Worldだぁ!

Pripyat移行の条件として、何か取り残していないか? Garikにカード、ガウスガン、Rougeを助ける、全てクリアしている。 

それともDegtyarevが生き残ることが条件か? そんなことはwalkthroughにも書いてないが、試して見るか。

やり直しプレイでもVanoは死んだが、walkthroughには生き残りは一人いればよいと書いてある。 なのに移動ポイントは出ない。

これはAMKの得意技スクリプトエラーか? ならばスクリプトの改変をしなければならないが、omega.xdb1があるだけに面倒である。 

或いは未だ何か足りない条件があるのか? いや、タスク欄を見ても、この東Pripyatではもう何もないはずなのだが。 


S.T.A.L.K.E.R. SOCのMOD Omega プレイ日記その14に続く。

0



2014/7/31  15:20

投稿者:hal

猫さん、こんにちは。

Vanoザ能天気はそれほど死にやすくはないんじゃないですか。

バニラでもSigerousでも、Pripyatトンネルで一番死んだのはZuluでしたね。 あ奴はとにかく突進あるのみ。 危険だろうが敵がいようが、おかまいなしに突っ込んでいっては討ち死にの連続。w

生かしたままPripyatにつれて行くのに苦労しました。 比較的死なないのは元Monolithでしたっけ。 さすがMonolith様のご利益かと。

このOmegaでは、DegtyarevもVanoもZuluもみんな死んでしまいました。 祈ご冥福。

2014/7/31  13:01

投稿者:猫

Vano氏、若しかして死にやすい?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ