業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1126 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS-Joint Pak2周目プレイ日記

2014/3/24 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その59
--------------------------------------
X-16での脳の撮影に始めて成功した所からである。

■X-16
Strelok「うぅむ、こうも簡単にタスククリアするとは。 前から自分でもわかってはいたが、俺ってやはり天災天才なんだなぁ・・・ この俺ならPantherちゃんもFlyもちゃんも、ライラ賛だって落とせるかも。」

プレーヤー「少なくともライラ賛は絶対に無理です。 だって別のMODだもん。」

Strelok「うるへい! チーターのお前に言われたくはないやい!」

プレーヤー「Streloッ君がライラ賛に会ったのは、随分昔の若い頃でしょ? ライラ賛も今はもうBBAになってるよ。」

Strelok「黙れだまれダマレ! 俺の夢を壊すな! 若い頃には年上のヒトに憧れるんだ!」

ちなみに、私は中学生の頃から今に至るまで、年上趣味はありません。 ずっと炉を通しております。 それでもライラ賛はやはりチャーミングだと思いますよ〜 SP2是非プレイしてね。 ゾーン最高の美女ですぞ。

さてさてゲームに戻って、脳の撮影には成功したから、コントローラーの撮影はパス、面倒なスクリプト書き換えもパス。 まずは痴情地上に戻ろう。

■Varlab
やはりMapleは嫌み一色だった。

Maple「うぅ〜ん。 又だめだったんだね。 写真は2枚と言った筈なんだが・・・  まあいい、君の報酬は失敗分として、私が回収しておこう。 安心したまえ、君がコントローラーの撮影に成功したら、ちゃんと私の懐に入れておくから。」

Strelok「誰がッ! コントローラーの撮影などやるか! 出現しないものを撮れというのは、空の米びつを目の前に置いて、飯喰ってけというようなもんだいッ!」

■Yantar
前々回のプレイでは、X-16工場前で善良な?ゾンビに会い、その中の「Chernomor」というゾンビと会話すると、彼を正門前のストーカーキャンプ迄護衛することになる。 ここでエラー大爆発。 何もしないでも1分もすると落ちるのだ。

こんなトラブルがあった。 前回プレイではそのようなこともなく、スムーズに完了できた。 

今回はというと、「Chernomor」とようやく遭遇したところである。 

クリックすると元のサイズで表示します

彼は元々はゾンビではなかったが、何かの拍子にゾンビ化してしまったらしい。 彼にアンチゾンビ薬を渡すと大分楽になったようだ。

これから正門前のストーカーキャンプ迄、Chernomorを護衛して送り届けることになる。 この時点から友好的だったゾンビは全て敵対するので、予め排除しておく。

又、Chernomorの行動は極めて緩慢なので、中々先へ進めない。 スタックが長い場合は少し前のデータからやりなおすのもよいだろう。

このChernomorタスクは、一見只のサブタスクに見えるが、実は結構重要なタスクなのだ。 これをクリアしておかないと、この後のCNPPバンカーでLightningと話が出来ないのである。

■CNPPバンカー
いつもあでやかなLightningさん。

クリックすると元のサイズで表示します

異種同形体アーティファクトを横のアノマリーに入れろとのことなので、放り込むとテレポーターやアーティファクトに変わる。

それを取ったら例のo-concioussnessのホログラムの所へ行くことになる。

明るい円の中に立つと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

出た所はGarbageの車庫である。 ここでPantherからSMSが入る。 彼女は父親と共に2ヶ月ほど休暇を取るそうだ。 今はCordonのルーキーキャンプにいるという。 早速行ってみよう。

その前についでなので、北の検問所でmaxにドクターの犬のことを聞いて見た。

彼の話しでは、「その犬ならBarの方からやってきた。 俺が餌をやったけどな。」とのことである。 後でドクターに報告しに行かなければならない。

それではまずはCordonに向かおう。

Cordonへの移動ポイント近くで、男が手を振っている。 Hogという男で、話しを聞くと、Fleshが彼のアイテムを食べてしまったので、Fleshをやっつけてそれを回収してきてくれないか、とのことである。

尚、HogといってもBanditの親玉とは関係なく、単なるLonerである。

このあたりでFleshの多い所はどこだろう? 前回は北の検問所と操車場の間あたりで見つけたと思うが、そこへいってみるか。

やはり同じ場所でFleshを仕留めると、hogの手紙や銃などアイテムを持っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

とって返してHogにアイテムを渡すと、感謝の印としてスタッシュの場所を教えてくれた。

■Cordon
この後いよいよPanther受難のCordonとなる。

ルーキーキャンプでPantherパパと話すと、彼はStrelokの先に立って歩き始めた。 向かう方角はルーキーキャンプの南西である。

クリックすると元のサイズで表示します

そして閃光がひらめき、爆発音がStrelokの耳に届いた・・・


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その60へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ