業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1125 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS-Joint Pak2周目プレイ日記

2014/3/23 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その58
--------------------------------------
Red Forestのフォレスターの依頼で、塔のキャットウォークに登り、スナイパーを倒すところからである。

キャットウォークでの位置は、南西よりの手すりに切れ目があるあたりである。

武器はスナイパーかスコープ付きのアサルトライフルのいずれかだろう。 距離的に中途半端なので、スナイパーでは大きすぎ、アサルトライフルでは小さすぎて、いずれも扱いにくい。

敵の位置確認が難しい場合は、おおよそ位置まで駆け足で急行、現地で倒すという方法もある。

敵発見!

クリックすると元のサイズで表示します


撃破!

クリックすると元のサイズで表示します


前々回のAMK NSプレイの時は、ここでエミッションが発生し、敵NPCが出現しないは落ちるはスタックするはで大変だった。 結局エミッションを一時的に無効にする書換で対処したという記憶がある。

このNS-Joint Pakは、AMK NSのトラブルについてはかなりの部分をfixしてあるので、エラー発生は比較的少ない。 今回も前回(NS-Joint Pak1周目)と同様実にスムーズに進行した。

この後はForesterと話して机の上の銃を取る。 フォトピストルというゲテモノ中のゲテモノである。 既にカメラガンがあるのになんでこんなものが必要なのか、どうにもわからんぜよ。

クリックすると元のサイズで表示します


道を間違えて橋(CSで激戦のある可動橋)に出てしまった。 

そこでshadowmanという男から援助を依頼された。 橋を渡りたいのだが、mercenaryがいて渡れないらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


mercenaryを排除してタスク完了。 shadowmanに報告すると「キャンプ地の塔近くで、ストーカー達を助けろ」となる。 

これはマップ北部のキャンプ地(フォレスターの塔の近く)で、ミュータントを排除することらしい。 shadowmanの後についてキャンプ地に行く。 Forestersの塔の二階でショットガンを取ると、それが戦闘開始の合図になる。

この後はフォレスターと話すと、洞窟にいるハンターグループを助けることになる。 位置はRed Forest南東部らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ハンターグループはそのキャンプを通り抜けた先のくぼみにいる。 助けるといっても既に死んでいるのだが。

クリックすると元のサイズで表示します

死体からアイテムを取るとSMSが入る。 どうやらVarlabのMaplesに見せに行かなければならないようだ。

■Varlab
Mapleと話すと、あのゲテピストルで写真を撮れとのことだ。 場所はX-16の最上部である。 出る前にこれを取っておかなければならない。 必要品だそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

南西の移動ポイントから直接X-16内部へ行くことができる。

■X-16
ここでのタスクは、カメラピストルで撮影することだが、大きな疑問点がある。 それはタスク欄の説明とガイドの記述が食い違う点である。

以下前々回の文。
---------------------------
タスク欄
メープルズは異種同形体をくれました。そして、それがзомбированнымиとの関係にどうにか、影響するとわかりました。

サハロフ掩蔽壕の後で、свободовцевからの誰かが変なзомбированногоとどんな面白い主題でも見た沼で、それをこの他、暗示しました。
しかし、前に−基礎はタスクです ― そして、フォトピストルの製造2写真に、х16で以下を得る(Varlabaからそこの天の恵み移行は知られています)ために:

最初はどんなフラスコの中にでもドームの下に研究室を掛ける脳です、そして、パネルで最高のレベルにあって、絵をやることはよりよいです−そこの目的に関する正しいнаводкеについて、カメラ・ディスプレイと ― Yantarの上で研究室から通じるトンネルで、コントローラがмутирующийを申し出たと私が思ったように ―

第2のまた、それが必要であるというメッセージは写真 ― ちょうど科学者のための用語(あおられるそれの脳) ― への歴史のためのそれです。

フォトカートリッジのみの三つ ― 手段一旦それが逃すのが可能であるならば。
ついに−写真Klyonovuを運ぶために、彼はまだ彼らのために何かを与えると約束しました。
---------------------------
害怒
17。ラボYantarののX-16に移動して、脳の写真を撮る。あなたの双眼鏡を取り出して、目に見えない負傷者NPCを探して、X-16脳室の最上階に到達したとき
赤い四角形(その同じ石棺のように)として表示するために、次にcamerapistolで彼を撮影し、成功した場合は、メッセージと写真を取得します、あなたに表示されます---------------------------

つまり、タスク欄では、取るべき写真はX-16の脳部分とトンネルのコントローラーである。  こなた害怒ではNPCを撮らなければならない。

それに、害怒に従いNPCを撮ろうとしても、そのNPCが出現しない。 毎度のこととはいいながら、この種のトラブルにはうんざりする。

石棺でのカメラガンと同じ要領で、双眼鏡で敵確認・ロックオン・カメラピストルに持ち替え・撮影という手順なのだが、手順も何も肝腎の敵が出現しないのではどうしようもない。

今回もNPC撮影については完敗のようだ。

と思っていたら、STEAMのフォーラムにはこんな記事があった。

---------------------------
私はいつもそのつを得ることができた。 制御室の出入り口から最も遠いコンソールの最後に移動します。 普段はどこに立っているのです。

赤いボックスは、単に '脳'の上に示しています。 双眼鏡(あなたがそれにしているときに赤でいくつかの画面上のテキストがあるはずです)を通って点を修正し、その後photopistolに移動します。 スコープを使用する前に単に 'カーソルが'赤でいることを確認してください。

空のライフルスロット - あなたが装備し、他の武器を持っていないことを確認してください。

私は2番目の写真のためのコントローラを見つけましたが、シュートを得るために管理したことがありません。
---------------------------
既にメインスロットは空にしてある。

ここの場所に陣取る。

クリックすると元のサイズで表示します


そして双眼鏡。

クリックすると元のサイズで表示します


カメラピストル。

クリックすると元のサイズで表示します


撮影成功!

クリックすると元のサイズで表示します


AMK NSシリーズ通算3周目で、今回始めてこの脳の撮影に成功した。 しかし、双眼鏡は赤枠ではなく黄枠だったし、NPCも出現しなかったが、それでも成功だった。

これで松戸菜園試験Maplesめに嫌みを言われなくて済む。 前回は「君はこんな簡単な仕事もできないのかい? それでよくゾーンで生きていけるね」とか、「なんだ、君は今回もダメかい。 ほぉんとぉに使い道のない男だねえ。 『Strelokちゃん、ごはんここにおいとくからね』、末は自室警備員かjoin dutyしかできないんだろうねえ」などといびられたのだ。


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その59へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ