業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1086 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS-Joint Pak2周目プレイ日記

2014/3/4 | 投稿者: hal

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その19
--------------------------------------
何度かやり直して街のBanditボスを出現させ、メッセンジャーもクリア、後はurtを取るだけとなった所からである。

■ATP
URTだがBanditの街の北西よりやや南にある。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


これで今回のATP遠征の目的は全て果たした。 今回の報告先はReconnoitered EarthのCross、AgropromのAdrenaline、SwampsのDanと、えらいバラバラである。

■Yantar
まずはYantarでSakharovにボアの蹄を渡した。


次はBarでPetrenkoを訪れた。 場所はBarの北東の端で、こんな奥まった所にいる。

クリックすると元のサイズで表示します


彼はDutyのトレーダーで、iglomatはここで売っているからだ。 このライフルは英国で制式となったニードルガンである。 又弾のニードルは100radで売っている。

Petrenkoはガウスピストルを、Dark Valleyの南にある農園で見つけてくれと頼む。

Petrenkoは無くしたフラスコ(というよりフラスク)を探してくれと頼む。 この情報は100radのメカニックlankyが持っているらしい。

ということなので早速100radのlankyを訪れた。 このアホメカニックは、いつもふっかけるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


「フラスクの情報はロハじゃだめよぉーん! だって貴重な情報なんだもんね。 そうね、コントローラーの頭皮と5万ルーブルなら、教えてあげてもいいわよ。」

「どうでもいいけどおネエ言葉はやめてくれ。 お前の顔を見ながら聞いていると、余計気持ちが悪い。 と・・・ おネエ言葉でふっかけるな。 ええかげんにせんとホントに怒るど!」

lankyはたちまち値下げした。

「なら電子回路部品と1万ルーブルでいいわよぉーん。」

これは確かCordonの軍検問所にあった筈だ。 Swampsへ行く時によってみよう。 それではCrossの所に行こう。

■Reconnoitered Earth
Crossにurtを渡して無事完了。 新しいタスクは出なかったが、暫くしてから待て来てみよう。

■Agroprom
ここではAdrenalineにディスクを渡すのと、軍基地南にArhara賛がいるか確認の2つが主な目的である。

まずAdrenalineを訪ね、ディスクを渡した。 次のタスクはLabryinthで金庫の探索である。 これはかなり難しいクエストである。

さてさて、Arhara賛はどうかな。 未だご臨席いただけないようだ。 それではCordon経由でSwampsに行こうか。

■Swamps
Danにbm16を渡すと、「遠路遙々これを持ってくるのは、さぞ大変だっただろう。」と深く感謝された。 旅慣れたStrelokにとっては、それほどのこととも思えないのだが、Danの好意は受け取れた。

TiranのPDAについて聞くと、それはここにあるとのことで、あっさり取得できた。 このPDAは100radのsnitchが依頼主だったな。

そしてDanは「奇妙なパッケージを回収してくれ。」という依頼もする。 それについてはArharaに聞けということである。 これで今度こそArhara賛に会えそうだな。
■Agroprom
有り難いことに、SwampsからはAgropromへ直行の移動ポイントがある。 そこからは軍基地は間近である。

今度はいました! 燦然と光り輝く御大、特に人体の最高部が御稜威いや増し輝いている。 これなん、このMODの制作者Arhara賛であります。

クリックすると元のサイズで表示します


Arhara賛にscientistsのコンピューターについて聞くと、「持ってはいたがDutyに売ってしまった。 今はX-18にあるだろうよ。」との仰せである。 

これで又々X-18に入れる。 嬉し・・・ くもないな、特には。 いかにX-18が素晴らしいといっても、これだけ何度も入るとありがたみが失せてくる。

Danの普通でないパッケージについて聞くと、「待っていたよ。 軍基地内の男が持っているから、受取りたまえ。」とのことである。 

受け取ると行っても「クロネコ賛、いつもご苦労様」と受け取るわけではなかった。 なんのことはないただの敵であり、いきなり攻撃してきたので、殺して奪うことになった。

クリックすると元のサイズで表示します


その「普通でないもの」とは・・・ 未調整の対psiヘルメットである。 スコーチャーやX-16では重要なアイテムであるが、これは後にもう一つ、Sakharovからも受け取ることになる。

さて、これでSwampsに戻らなければならないのだが、生憎SwampsからAgropromへの「Secret Path」は開いていても、その逆のAgroprom-Swampsは今の所は開いていない。 一旦Cordonに出なければならないようだ。

■Swamps
Danに未調整の対psiヘルメットを渡してタスク完了。 その他の新しい動きはなかった。 それではCordonに戻ってフラスク用のアイテムを探そう。

■Cordon
軍の検問所でアイテム捜し。 確か2階にあったような気がするが、どうせ又militaryと戦争になるのだろうな。

ところが検問所には部品はなく、ルーキーキャンプに戻ると、militaryに襲われてストーカー達は全滅状態、Fanatic迄殺されてしまった。

これは非常にまずい。 ロードして又々やり直し。


本日メモリを16GBに増設。 特に速くなったという印象はないが、カクカクが少なくなったという感はある。 元々速度向上よりもCTD防止に役立つのではないかという目論見なので、これからどうなるか、期待半分怖いの半分というところである。


Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その20へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ