業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その1069 S.T.A.L.K.E.R.SOCのMOD NS-Joint Pak2周目プレイ日記

2014/2/21 | 投稿者: hal

Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その2
--------------------------------------
怪しげなマッドドクターの更に怪しげな薬を飲んだところからである。

■洞窟
気がつくと洞窟の中にいる。 目の前にはバックパックやアーティファクトがある。 このバックパックは必ず取らなければならない。 この中には洞窟のマップが入っているからである。

クリックすると元のサイズで表示します


バックパックには外骨格やミニガンまで入っているが、これらのアイテムはMinerと話す時に全て渡さなければならない。

洞窟のマップはピストルスロットに入れる。 そうするとこんな風にマップを見ながら歩くことが出来る。 

このマップはNS-Joint PakのものとDMXのものとでは、かなり異なる。 勿論道筋などが違うのではなく、DMXのマップはわざと汚してあるようで、NS-Joint Pakの方が鮮明である。

上がNS-Joint Pakのマップ、下がDMXのものである。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

マップ左下の広間が目的のMinerがいる所である。 そこへ到達するには以下のように歩く。 (以下上を北と仮定する)

出発点は東の中央あたり、そこから西へ移動、途中Uターン状態の中央あたりから、薄い色の線が西北へ延びているが、それを辿る。 西北からは真南に下る形になる。

突き当たりを西に移動、Agropromのトンネルに出る移動ポイントなどを通り過ぎる。 又南へ下るが、ここまで来ればMiner達のいる広間の明かりが見える。

この洞窟の歩き方だが、マップを広げた状態で、北を向いたまま(身体の向きを固定したまま)移動する。 曲がり角でもそちらに身体の向きを変えず、北を向いた状態で移動方向のみ変えるのである。 

但し、これが出来るのは、ある程度洞窟内のミュータントをやっつけた後でないと、戦闘が忙しくて不可能である。

なんでこのような歩き方をするかというと、通常の歩き方で進行方向に身体の向きを変えて進むと、マップは常に北が上部の状態で表示されるので、目に見える情景とマップが齟齬をきたし、混乱するからである。

始めのうちは、マップと左上のHUDの地形を比べて確認しつつ進むとよいだろう。

もっとも現在の私はほとんどマップも見ず、洞窟の状況だけ見てMinerでもLabryinthでも行くことができる。 そりゃそうでしょうよ、恐らく100回以上ここを通っているんだから・・・

尚、マップで濃い色の線で示されているのは、Labryinthへの道である。 これについては後に書く予定。

途中こんな所もある。

クリックすると元のサイズで表示します


やがてMinerの広間に到着する。

クリックすると元のサイズで表示します


これがMinerである。 見た目はおっかないが、実は誠実な善人なのである。 人を見た目で判断してはいけないという、よい見本ですな。

クリックすると元のサイズで表示します


彼と話すと薬をくれる。 この薬はCordonへ戻るための薬なのだが、この洞窟に限らず、ゾーンのどの位置にいてもCordonの廃屋へ戻してくれるという、素ん晴らしいテレポーターなのだ。 沢山欲しいでせう?

この薬を飲めば即Cordonに戻れるが、もう少し洞窟内を探検してみてもよい。 いずれこの洞窟は何度も訪れるので、今の内に道を覚えておいた方が良いかも知れない。

最初にこの洞窟に入った時は、ぶるいにぶるった。w なにせ薄気味悪い洞窟に只一人、どこに行ったらよいのか、どちらに進めばよいのか、皆目見当もつかない。 

しかもミュータントはやたら出て来るし、心細いことこの上ない。

「怖いよぉ〜 おかーさぁ〜ん・・・」

まあ、慣れてしまっても不気味なことには変わりはないが。

■Cordon
Sidorovichのバンカーのドアは、今は開けることが出来る。 彼と話すとNimbleを捜すためにwolfに会い、ATP討ち入りの助っ人をやることになる。 又、アーティファクトを採取するタスクも出る。

このあたりはバニラとほぼ同じである。 アーティファクトはナイトスターで、これは高架線近くの廃工場にある筈である。

Bandit共を一網打尽にしてNimbleと話す。 

クリックすると元のサイズで表示します


フラッシュドライブは無事取得、ついでにNimbleのスーツを探すことになった。 これは東のトンネル内にあるので、ひとっ走り行ってこよう。

スーツは簡単に見つかった。 このNimbleはCOPでは重要人物で大活躍するが、このAMK NSではあっさり死んでしまう場合が多い。 死んでも進行に特に差し支えはない。

その後陸橋下のトンネル付近でAndrewの死体を発見、「militaryのPDAを見つけろ」というタスクが出る。

クリックすると元のサイズで表示します



Sidorovichにフラッシュドライブを渡し、「何か特別な任務はないか」を選択すると、「高架線を越えろ」、「案内人に会え」、「Agropromで軍の資料を盗め」というタスクとなる。 これもバニラとほぼ同じである。

Night Starが見つからない。 廃工場から高架線、ATPの付近にある筈なのだが、前回取った場所を忘れてしもた。

廃工場は一通り見たのだが、ここにもない。 ATP近くの木の下にあったようなおぼろげな記憶があるのだが、それも確かではない。 

まあ、これはSidorovichのサブタスクだから、それ程拘る必要もあるまい。

高架線を越えて廃屋でfoxと会い、Garbageへ向かう。 検問所ではトレーダーのAkimが商売をしている。 彼は他のトレーダーとは一線を画した珍しい商品を扱っている。

珍しい商品とは早く言えばゲテモノである。 スタッシュにかける鍵だとか、人工アノマリーだとか、何の役に立つのかよ〜わからんものを売っているのだ。

Garbageでの目的は、まず車両基地でSeriyと会うことである。


Shadow of Chernobyl(SOC)のMOD「NS-Joint Pak」2周目プレイ日記 その3へ続く。

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ