業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その999 Fallout 3 変則バニラプレイ日記 3周目

2013/12/27 | 投稿者: hal

Fallout 3 変則バニラプレイ日記その30
---------------------------
ポイントルックアウトでのクエストを終わり、Megatonの自宅に戻ったところからである。

■Megaton
次は本篇終了後に起動するBroken Steelを除けば、最後のDLCとなるMothership Zetaである。

まず偵察シータ・ビーコンを受信する。 マーカーがグリーナー牧草廃棄場の西にでるので、グリーナー牧草廃棄場にFTする。

■グリーナー牧草廃棄場
発信地とおぼしきあたりには、妙な物体が鎮座している。 これはエイリアンの宇宙船ではないか? いよいよNot of This Worldの開始である。

クリックすると元のサイズで表示します


「ではないか?」などと疑問形で書いたが、エイリアンの宇宙船がここにあるのは、遙か昔からわかっていたのだ。 既に2回もプレイしているのだから・・・ 

なのに何故? なんとなればそのように書いた方が面白いそうだからだ。 ただそれだけ・・・

宇宙船に近づくと宙を泳ぐようにフラッシング、次は何かの実験台のような所に寝かされていて、エイリアンの松戸菜園試験どもが回りを取り囲んでいる。 奴らはなにやらおっかない器具でこちらの身体を・・・

と、目が醒めた。 あれは夢だったのか、それとも現実に起こったことなのか?

目の前には黒人の女性が居る。 彼女はソマーと名乗った。 そまーつな名前だ。 

クリックすると元のサイズで表示します


彼女の話では、やはりここはエイリアンの宇宙船の内部で、人間達も多数捕虜?になている。 目の前を金属の爪にぶら下げられた人間が通り過ぎて行く。



クリックすると元のサイズで表示します


エイリアンが人間達にどんなことをしているのかはわからないが、とっても楽しいというようなことでないことは確かである。

とにかくここを脱出しなければ、という話しになった。 ソマーは二人で喧嘩のまねをすれば、エイリアンがやってくるだろう。 そこで隙を狙ってエイリアンをやっつける。 名案だと思うわと言うのだ。

なにやらばからしい気もするが、他に方法もなさそうだ。 乗ってみることにした。

これが意外にもうまくいって、何事かと入ってきたエイリアンをぶちのめし、武器を奪うことが出来た。 船内には多数の人間が囚われているが、ドアにあたる部分はバリアがあって、中に入ることは出来ない。

船内を見回っていると、子供の声がする。 助けを求めているようだ。 なんとかしてバリアを解除しなければ・・・

正面の「制御」を押し、次に右左後にある「冷却コア」3つを操作すると、爆発が起こりバリアは消えた。

クリックすると元のサイズで表示します


これが本DLCのヒロインサリーちゃんである。 幼いにも関わらず、中々にしっかりした女の子なのである。

クリックすると元のサイズで表示します


このお嬢さんは、壁の穴に潜り込み、配線をいじってドアコントロールを制御し直してドアを開けてしまった。 一本取られたな、これは。

これからエンジンコアに行くことになった。 そして奪われた装備も取り戻さなければならない。

とある一室のコンテナに装備はあった。

クリックすると元のサイズで表示します


この部屋にあるスイッチを操作すると扉を開けられるようになる。 ドアコントロールである。

クリックすると元のサイズで表示します


蒸気機関のある部屋に入ると、向こうにエイリアン達がいる。 サリーにグレネードを渡しておとりになって貰うことにした。

船内には様々な装置がある。 これは治療モジュールだが、主人公が改造できるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


尚、エイリアンの食料は、ミミズとイカである。 餓死寸前の時でなければ、あまり食べたくはないしろものだ。 イカはともかくミミズはちょっとねえ・・・

又、赤い服のエイリアンは非戦闘員なので、殺すとカルマが下がる。 総じてエイリアンは攻撃力は低いが防御力は高く、いわゆる「堅い」という存在である。

そこここにタレットもある。


クリックすると元のサイズで表示します


あちこちを彷徨った挙げ句、エンジンルームへ辿りついた。 そしてサリーと再会した。 彼女はお宝を見せてくるというのだが、残念ながらそれはエイリアンによって封鎖されていた。

サリーはいい考えがあるわと言い、とある一室に連れて行ってくれた。 そこは冷凍睡眠室のようで、様々な人間が凍結されていた。 Among the Starsの始まりである。

サムライもいる。

クリックすると元のサイズで表示します


宇宙飛行士もいる。 

クリックすると元のサイズで表示します


彼女はその宇宙飛行士の宇宙服が必要だと言うのだ。 どうやら船外活動をしなければならないようである。

この制御ボタンを押し、更に凍結保存機の制御ボタンを押すと、冷凍睡眠機のドアが開き、中の人間が出て来る。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


カゴ・トシローは外見通り日本のサムライである。 音声は純粋の日本語、字幕は発音通りのローマ字である。

エリオット・ターコリエンは衛生兵で、主人公も参戦(シミュレーションで)したあのアラスカ作戦にも従事していたそうだ。

ポールソンはカウボーイで、家族も一緒にここにさらわれたそうだ。

ハーティガン大佐は死んでおり、宇宙服だけ取ることができる。


Fallout 3 変則バニラプレイ日記その31へ続く 次回は拙無盧愚1000回記念特別番組 (ハアリマセン)

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ