業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その989 Fallout 3 変則バニラプレイ日記 3周目

2013/12/20 | 投稿者: hal

Fallout 3 変則バニラプレイ日記その20
---------------------------
アウトキャスト前哨基地で、リーダーのマクグロウにコンピューターシミュレーションをやってくれと依頼された所からである。 但し、通常のバーチャルリアリティとは違い、このシミュレーションの中での死は、現実でも死を意味するのである。

■アウトキャスト前哨基地
案内者について行き、シミュレーション担当のオーリンという小生意気な女性からレクチュアを受けた。 このシミュレーションはアラスカを中国軍から解放するというものである。

トランキルそっくりのポッドがあるが、これに入るためにはオーリンから渡された神経インターフェイススーツを着なければならない。

クリックすると元のサイズで表示します


スーツを着用してポッドに入る。

着いた所はアラスカである。 今までの所持品は全てなくなり、サイレンサー付きの10ミリピストルとナイフしか武器はない。

クリックすると元のサイズで表示します


■The Guns of Anchorage
モンゴメリ軍曹から作戦の概略を教えられ、要塞砲を破壊するクエストとなる。

尚、このDLCではアイテムや探索などの設定が本篇とは大幅に異なる。

まず、スティムパックなどは存在しない。 体力やAMMOの補充は、途中にある補給サイトによる。 赤く光るタンクはヘルスディスペンサーで、体力が全回復する。 弾薬ディスペンサーでは弾薬も同様に補充される。 

又調べられるアイテムも限定されていて、赤く光るものだけである。 ファストトラベルもできない。

武器はガウスライフルなど初登場のものもあるが、基本的には拾うことになる。 死体は消えてしまうので、ハイエナはできない。 又、武器などは次のクエストに持ち越すことが出来ない。

その他本篇とはかなり設定が異なるので、慣れる迄はかなりやりにくいと感じるだろう。

ここは軍曹について行くのだが、軍曹はするすると断崖をよじ登って行く。 断崖をよじ登るのは主人公には不可能なので、迂回して道を探しながら前進することになる。 Pipboyはあるのでマーカーに従えば迷うことは無いだろう。

敵出現、しかしこの段階では弱い。 あたりは一面の銀世界である。

クリックすると元のサイズで表示します


モンゴメリ軍曹と合流すると、クエストは「3つある要塞砲を全て破壊せよ」に変わる。 要塞砲の位置は、全てPipboyにマーカーが出る。

クリックすると元のサイズで表示します


途中の野外集積場には機密情報がある。 このあたりでも中国兵が散発的に出現する。

中国軍砲兵隊前哨基地に到達すると、第1の目的地は近い。

クリックすると元のサイズで表示します


このあたりでは不可視の中国兵が出没する。 数は多くはないが、見えないというのはおはり脅威である。 クリムゾン・ドラグーンとかいうらしい。

第1の砲台が見えた。 

クリックすると元のサイズで表示します


これを爆破するにはこのコントローラーに爆薬をセットするのだ。 爆発に巻き込まれないよう、十二分に距離を取る。

クリックすると元のサイズで表示します


爆発炎上する砲台。

クリックすると元のサイズで表示します


第2第3の砲台も同様にして爆破すると、クエスト終了基地に戻れとなる。 基地でチェイス司令官に報告して、このクエストの完了である。

■Paving the Way
司令官からは続いて次のクエストが出る。 パタースン司令官が戦死したため、主人公はその後任となったのだ。

第1はキメラ補給所の撃滅、第2は情報施設の制圧、第3はパルスフィールド(要はバリアである)の消滅、この3つである。

ここで情報担当のモーガン中尉に話すと、部隊編成と装備が設定できる。 メンバーは人数ではなく消費するポイントで決定する。 歩兵・狙撃兵・擲弾兵・ロケラン兵など、最大3人+2ロボットである。

設定画面はかなりわかりづらい。

クリックすると元のサイズで表示します


又、装備設定は本人のものだけのようで、他のメンバーは職種によってデフォルトで配備されているようである。 又、その装備を受け取るには、この補給担当将校と話さなければならない。

クリックすると元のサイズで表示します


今回は歩兵・擲弾兵・ミサイルランチャーのセットにしてみた。

モーガンの説明によると、キメラ補給所での目標は、2つの燃料タンクである。 情報施設には多数の兵士が居るし、クリムゾン・ドラグーンもいる。 

パルスフィールドを破壊するには、バンカーにあるコントロール設備をオーバーロードさせて破壊すればよい。 そこにはロボットは連れていかないこと、などなどだ。
テントの外に出てモンゴメリ軍曹と話す。 彼もこの部隊に配属になったのだ。 旧知の戦友がいるのは心強い。


Fallout 3 変則バニラプレイ日記その21へ続く

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ