業界最高年齢社長Halのゲーム日記 その961 S.T.A.L.K.E.R. SOC Priboi Story+zod 2周目プレイ日記

2013/11/24 | 投稿者: hal

■ご注意! 既に何度か書いているが、このプレイ日記ではモロねたばれの書き方をしている。 自力で発見・解決したい方はご注意を!

S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC) Priboi Story+zod2周目のプレイ日記その8。
---------------------------
「消えたua-dz32部隊を探せ」というタスクの確認のため、CNPPに来た所からである。

■CNPP

その部隊はやはりここにいた。

クリックすると元のサイズで表示します


指揮官と話すと、「お前が救援にきたのか。 それはありがたいことだな。(ヒニク) ならば我々の撤退のために、石棺内で進路を確保してくれ。 CNPP2の外れでヘリが待っている。」という。

ちょっちょっと待っておくんなまし。 それはもうPriboi Story一巻の終りのタスクじゃないか。

まだまだゾーンでしたいことはたんとある。 そんなに簡単にヘリには乗れないのだよ。

というわけで、又Pripyatに逆戻り。 さらに赤森経由でArmy Warehouseへと、Priboiは赴く。

■Army Warehouse
入った途端にStrelokと遭遇。 しかしここで又もCTD。 今回はログは残っていないので、原因究明はまず無理だろう。 

感じからするとスタックオーバーフローのような気もするが、素人の私としてはなんとも言えない。

今度は無事起動した。 しかしStrelokは会った途端に流れ弾で射殺されてしまう。 これはCTDの前と同じである。 しかも彼はFreedomなので敵対するのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


S.T.A.L.K.E.R.の主役中の主役であるStrelokが、会った途端あっけなく死んでしまうのは、なんとも残念である。 

しかし、このPriboi Storyで重要なのはStrelok本人ではなく、彼が持っているDezik's Key であるので、それもやむを得ないのか。

ともあれDezik's Key は無事取得した。 後は沼地の狂人がフラッシュメモリを持っているらしい。

それとSidorovichの居場所を思い出した。 彼はArmy Warehouseのさっちゃん村の地下室で、あわれ死体となっているのである。

しかし、今の状態では彼を見つけることは危険すぎる。 やっかいなウイルスに感染するからである。 抗ウイルス剤を取得してからでなければ、あっという間に死んでしまう。

この抗ウイルス剤は、Sakharov教授やBarkeepが売っているはずである。 他にはDark ValleyのBandit基地にある 地下牢が有る建物の中庭の通気口の溝と、X18 の最下層の小部屋の冷蔵庫の中にもあるらしい。

今は沼の狂人(Siro)の方が先だろう。

Siroからフラッシュメモリを取得。 

クリックすると元のサイズで表示します


この時点でのタスクは、「Agroprom地下の全ての敵を排除しろ」と、「失われたUHSFの資料を取れ」の2つが主なものだ。

しかし、Agroprom地下はサブタスクなので、まずBarへ行って抗ウイルス剤が売っているかを確認、その後GarbageからDark Valleyへ行って、南部の廃農園の東にある廃屋でUHSF資料を取得。

更に、地下牢が有る建物の中庭の通気口の溝と、X-18の最深部の冷蔵庫から抗ウイルス剤を取得する。 この抗ウイルス剤は最低2つは必要である。

1つはSidorovich発見用、もう1つはどこだっけ? 石棺内ではなかったか、というおぼろげな記憶がある。

■Bar
残念ながらBarkeepは抗ウイルス剤は売っていなかった。 となると又Yantarへ行かなければならない。 面倒なのでYantarは後に回して、まずはメインタスクの待つDark Valleyへ行くことにした。

■Dark Valley
南東部にBandit達の家がある。 そのどれかにUHSFのミュータント文書がある筈である。

これがUHSFのミュータント文書と、それがある家である。 この家の位置は、ノーマルPriboi StoryとZoD付きでは異なるようだ。 或いはバージョン1.0と1.1の相違点なのかも知れない。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


これを取ると、失われたUHSF文書シリーズのタスクが、「KGB文書を捜せ」となる。 場所はArmy Warehouseのようだ。

さて、後はBandit基地とX-18で抗ウイルス剤捜しである。

まずはBandit基地である。 しかし1階の鉄柵のあるアイテム部屋にもないし、中庭の通気用溝にもない。

その代わりBorovの部屋では、UHSFのDead City文書1が落ちていた。 無論Borov本人はいない。

クリックすると元のサイズで表示します


どうやらBandit基地では抗ウイルス剤は諦めた方がよさそうだ。 その代わりGenetic Bookというのが、北側の3階にある。 

これにはRed Forestの渡り廊下のアクセスコードが記載されている。 5797812である。

この部屋には連結通路の屋上から、窓際の木箱に飛び移って窓から入るのだが、飛び移るタイミングが中々難しい。 但し、飛び移り損ねて木箱が落下してしまっても、窓から入ることは可能である。

勿論私は一発で木箱を落とした。 我が腕の冴えを見よ!

・・・・・・・・・・・・・・・

落としてはいけないものを落としてそれを誇るとは、なんという凄腕!

はるはあたらしいとくいわざ「きばこおとし」をしゅうとくした・・・

自慢することがコレ位しかないのだから、大目に見てよ。


S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl(SOC) Priboi Story+zod2周目その9へ続く
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ