2018/12/14 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その26

---------------------

ついに第三サイト内でアクセストンネルを発見した所からである。

■アクセストンネル

池の中を進むと、奇妙な人間?がいる。

彼の名前は『DCM』である・・・

クリックすると元のサイズで表示します



dcmさんは奇怪語+英語で話すので、益々mって帆立貝にわからん。

しかし、最後の方の選択肢で「bring it」を選ぶと戦闘になるが、この人?は不死属性らしく、いくら攻撃してもまるでヒットポイントが減らない。

やり直し。

今度は「カルマを下げても会話」を選んで見た。

それでも同じく戦闘となる。

となれば、逃げ回りながら脱出口を探すしかない。

それでも何とかこのdcmを倒すと、殺すか生かしてやるかの選択肢となる。

クリックすると元のサイズで表示します



そしてあのSoulキーパーがここにもあり、そこに飛び込むと・・・

クリックすると元のサイズで表示します



こうしてExperiment DCM: Shadowはクリアとなった。

このMODは拾いものだった。

前作のExperiment DCMはまずまず程度のできだったが、こちらはかなり高評価を与えられる面白さだった。

ただ、マーカーが殆ど出ないので、目的地がどこなのか判然としない。

しかも強力な的がやたら沢山出て来て、そのため、難易度はかなり高い。

それに地底のマップは無闇に広いので、余計難易度は高いのである。

次のプレイだが、「突然の目覚め」というクエストがある。

はて、これはなんだっけと前の日記を見てみたら、これはAmerica Risingだった。

America Risingを最初にプレイした時には、バグのため進めなくなったりしたが、その後バージョンアップ版では完全にfixされていて、おもしろ楽しくクリアできた。

良く出来たMODである。

他に出ているクエストはDLCのFar Harbor、マクスウェル・ワールド、アメリカライジング、Railroadのクエスト(Railroad加盟)、Operation Manhattan、プレストンとの会話(Minutemen加盟)、ケンブリッジ警察署でダンスを踊る、ではなくてダンスと話す(BoS加盟)などである。

■サンクチュアリ

プレストンと話すこと自体は全く嫌ではないのだが、その後のスタージェスとの会話では、やたらアレを作れ、コレが欲しいとおねだりが激しいのが面倒なのだ。

もっともそれをやらないと、転送装置を作ってインスティチュートに行けないので、Project Valkyrieでインスティチュートがどう変わるかも確認できないので、やらざるを得ない。

ともあれ、一応話だけはしておこうか。

プレストンと話すと、人々の支持を集めるために、どことかで入植者を助けてこいとのことである。

スタージェスからはベッドを作ってくれと頼まれる。

ところがいくらベッドを置いても一向にクリアにならないのだ。

作ったベッドをよく見ると、エクゼティブベッドだった・・・

即やり直し。

これだからワークショップクエストはいやなんだ。

パイパー「トラブルになりそうなことを、わざわざ見つけたのね」

ごもっともで・・・

普通のベッドで作り直し、3つ4つでOK。

ホッ・・・

ワークショップクエストは始めたばかりなのに、もう嫌気がさしてきた。

人には向き向きというものがある。

Halさんとワークショップは相性が最悪らしい。

ではどうしようか?


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その27へ続く


0

2018/12/14 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その25

---------------------

アクセストンネルを求めて、彷徨っている所からである。

■Experiment DCM: Shadow

そして扉を開けると、こんな奇妙な部屋に出た。

クリックすると元のサイズで表示します



突き当たりのドアを開けると・・・

先ほど入って来たExperiment DCM: Shadowへの扉に戻ってしまった。

これはアクセストンネルではないようだ。

ついに一旦Experiment DCM: Shadowは中断してコモンウェルズに戻った。

■コモンウェルズ

外で待っていたパイパーは

「あれ? Hal、パンツはどうしたの?」

などと失礼なことを言う。

多少汚れてシミがついているけど、ちゃんとパンツははいとるわい!

カボットが遺物について話したいとのことなので、パーソンズ州立病院に赴いた。

■パーソンズ州立病院

カボットと話すと、ロレンゾ・アーティファクトガンという、けったい極まりないものを見せられた。

クリックすると元のサイズで表示します



これでなにをするかはカボットもわからないようだが、まあなにかの役に立つかもと無責任なことを言う。

話が終わって気がついた。

Halさんはこ〜ゆ〜恰好をしていたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します



これはパイパーならずとも、一言言いたくなるだろうな。

パイパー「だからそー言ってるでしょうが!」

なんでこんな質素で節約した服装をしていたのか、自分でもわからない。

ユーレカ! そうか、わかったぞ!

物事に感化されやすいHalさんは、バルキリのトビキリのドレス(ブラパンのみの方)に感化されて、自分もバルキリのようになりたいと思ったに違いない。

それはともかく、カボットからは期待していた「エジプトでエイリアンの遺跡を調べろ」というクエストはでなかった。

こんなゲテモノを貰うために来たのではない筈なのだが、まあ、出ないものはしょうがない。

チェストナット・ヒロックタンクでは、バルキリのアイテムを取り、バルキリと話して「ビーンタウン醸造所にいるタワー・トムを始末しろ」とのクエストになる。

Project Valkyrieのサブタスクは簡単過ぎて全く面白く無いので、ここらで打ち止めにしようか。

■Experiment DCM: Shadow

また戻って来てしまった。

今回は正体不明の致死性の不思議なミュータントがいる回廊を通り過ぎたあたりを、探索することにした。

しかしここも不発で次第に妙な所に迷い込んでしまった。

ついに発見!

第三サイトの内部だったのだ。

まさかサイト内部とは思わず、えらい遠回りをしてしまった。

第三サイトに入ってすぐ右手に進むと、「瓦礫を通してアクセストンネルを進め」というメッセージが出た。

クリックすると元のサイズで表示します



瓦礫を「通して」とはまた妙な日本語だが、まあ先に進めたからよしとしておこう。

? これは自分で訳したのだったな・・・

この所はGoogleではなくエキサイト翻訳を使っているが、これも大分おかしな表現が随所に出てくる。

とはいえ、Googleに比べれば格段にましである。

その先には妙な池?がある。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その26へ続く


0

2018/12/12 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その24

---------------------

第二サイトもクリアして、最後の第三サイトにチャレンジする所からである。

■洞窟

残るのは最後の第二サイトだけである。

洞窟へ戻り、あのファンタスティックなポータルに飛び込んでみた。

このポータル風のものがSoulキーパーらしい。


クリックすると元のサイズで表示します

なにやら長々とメッセージが表示されるが、消えるのが速くてわからん。

消えるのが遅くてもわからんが・・・

さて、第二サイトはどちらにあるのだろう?

第三サイトはこのH:\ss\Fallout4 2018-12-07 18-05-21-772.jpgの南に、第一サイトは西にあった。

となると、後は北と東だが、北は断崖で行き止まりになるので、やはり東か。

あたりだった。

ここは前にも来ていたのだが、キャビネットが邪魔をしていて中に入れないのだ。

ところが、キャピネット前でFキーを押してみると、Perksによる選択肢となり、運を選ぶと内部に入れるようになった。

クリックすると元のサイズで表示します


ここは左に階段、前には開かれた扉があるので、前に進んでみた。

と・・・ 開いていた扉が閉ざされ、暫くは動くことができない。

一瞬ぎょっとしたが、数秒で動けるようになり、扉も開けることができた。

ホッ・・・

このExperiment DCM: Shadowでは、この手の脅かしが随所にあり、最初は戸惑ったが、今ではその際のギョッとした感触を楽しめるようになってしまった。

このExperiment DCM: Shadowでは、会話が全くと言ってよい程ない。

会話はあの五月蠅い美女二人組とだけなのだ。

しかもこの二人は衣装が対照的で、かたや深紅の皮のドレス、こなたブラパンのみの殆ど裸(後にピチピチの水着風アーマー)という、際だったものである。

Halさんの好みとしては、初期のバルキリドレス(ブラとパンだけがドレスと言えるなら)の方が、非常に非常に非常に好ましい。

できれば、パイパーさんにもこのドレスを着用して頂きたいのだが、だめかね?

パイパー「氏ね!」

ドバドバドバと拳銃乱射の音・・・

という、無益な脳内会話を終えて、探索に戻った。

ここに第二サイトがあることは、ほぼ間違いない。

左手の階段から進み、一旦外に出てから回り込んで瓦礫の中を進むと、第二サイトがあった。

ここの解法は

   1b 1c
2a
3a
4b 4c

となる。

これで3つともクリアとなり、「アクセストンネルはあなたのために開いている」というメッセージが出る。

しかしこのアクセストンネルというのはどこにあるのか?

北を中心に探し回ったが、アクセストンネルなどどこにも見つからない。

ヤケクソでtclを使いまくり、あちこちをほっつき回っていたら、妙な所に出た。

前方に丸い穴が開いていて、後方にはExperiment DCM: Shadowへの扉がある。

クリックすると元のサイズで表示します



この穴がアクセストンネルなのか?

まずはセーブしてから入ってみよう。

穴の底にはこんなパネルが続いている。

H:\ss\Fallout4 2018-12-05 22-14-20-262.jpg


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その25へ続く

0

2018/12/10 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その22

---------------------

Experiment DCM: Shadowが中々よい雰囲気なので、一人ほくそ笑んでいる所からである。

■洞窟

現在のクエストは、「第一サイト第二サイト第三サイトでコントロールパネルを見つけろ」である。

残念なのは、マーカーが全くでないので、難易度が高すぎる点である。


青白い光に惹かれて近づくと、妙な選択肢がでる。

これは選択によってこちらのカルマが変化するらしいが、よーわからん・・・

適当に選ぶと何かのメッセージが出て、半透明の女性が歩き去ってゆく。

すかさずSSを撮ったのだが、女性は映っていない。

やはり幻の女だったのだろう。

もう一つ赤い灯火もあり、そこでも選択肢が出るが、これもわからん。

わからんことばかりでわからん。

近くにこんなファンタスティックなポータル?らしきものがある。

クリックすると元のサイズで表示します


Halさんはこういった謎めいた幻想的な雰囲気が大好きなのである。

思い切ってこのリングに飛び込んで見ると、なにやら問いかけと解説が表示されるが、わからん。

クエストには、追加の項目が出るが、これがまたわからん。

クリックすると元のサイズで表示します


いきなり、失われた魂だのSoulキーパーだの言われても、わかる筈がないのだ。

そうだ! このブログのタイトルを変更しよう。

「S.T.A.L.K.E.R.最わからんプレーヤーHalのわからん日記」!

なんと美しく良い響きなんだろう!

パイパー、バルキリの美女二人組は、Experiment DCM: Shadowが始まると姿を消してしまった。

Halさんのあまりのわからんぶりに、愛想を尽かしたのに違いない。

でなければ、「パイパーだか○イパンだかわからん」とか、「バルキリだかヤリキ○だかわからん」などと言われそうなので、身の危険を感じてトンズラしたのだろう。

おっと、駄言を労している暇はない。

失われた魂と、失われた美女二人のために、Halさんは老骨にむち打たなければならないのだ。

もう一度リングに飛び込んで見ると、魂の浄化のために何を差し出すか、という怖いことを言われる。

なにも出すつもりはない、舌以外は・・・

この見るからに妖しげな扉は、ポータルらしい。

クリックすると元のサイズで表示します


入ると、いきなり超強力な敵に襲われる。

クリックすると元のサイズで表示します


これはポータルといっても地理的に移動するのではなく、強力な敵に遭遇したりするという、ゲーム難度のポータルらしい。

歩き回っている内に開けられる扉があったので入ってみたが、無数のミュータントと戦闘となった。

しかも、この敵はガトリングレーザーでは効かず、先ほど取ったガンマ線銃しか効かないのだ。

そして更に血の海のような所を進むと又扉があり、洞窟から地下ラボ風の室内となった。

ここで、第一サイト発見となり、マーカーが出た。

サイト1のコントロールパネルである。

どれを活性化するかというメッセージが出る。


クリックすると元のサイズで表示します


そんなもん、ヒントもないのにわかるわけないだろうが!

順にクリックしていくと、コンパネのリールが回り始めた。

全て活性化したが何も変化は起きない。

マーカーはすぐ裏のコンパネにも出ているが、そちらはアクセスできないのだ。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その23へ続く

0

2018/12/9 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その21

---------------------

Experiment DCMは終了間際でまともに進まず、やむを得ず続篇のExperiment DCM: Shadowに乗換えた所からである。

■コモンウェルズ

コモンウェルズに出ると、「もしあなたが前のExperiment DCMをクリアしているなら、第一部をスキップすることができます。 

スキップしますか?」

というメッセージがでる。

これはありがたい。

また延々とExperiment DCMをやるのはいやである。

■地下ラボ

入ると「これから先はあんたには辛すぎるかも知れないよ。

戻るなら今の内だよ」

というご親切なメッセージが表示される。

てやんでえ!

グールが怖くてグルメになれるか!

ゾンビが怖くてゾンビンなプレイができるか!

しかし、これはタスクの一環で先へ進めば、新しいマーカーが表示される。

ここで又も得意技発動。

泥縄である。

Experiment DCM: Shadowはまだ日本語訳がない。

とりあえずespの長めの文だけでもと、翻訳したが、2.3ワード程度のものは全てすっ飛ばしたので、翻訳率は全体の10%から20%程度か。

それでもないよりはましか?

■洞窟

ともあれ、マーカーに従って進むと、地下ラボから洞窟地帯に入ったが、そこの台にはノーマルのExperiment DCMにはなかった奇妙な明かりがついている。

クリックすると元のサイズで表示します


これは何の明かりだろうと周囲を調べると、ボタンがあった。

そのボタンを押すとしずしずとエレベーターが上がってきた。

これはエレベーターのプラットフォームだったのだ。

ところがそのエレベーターで下に降りても、先に進む道はない。

周囲は断崖絶壁で、とても登れそうな道などないのだ。

一旦地下ラボに戻ったが、マップを見ると洞窟への入口にはExperiment DCM: Shadowという名称が表示されている。

となるとやはりあのエレベーターから降りた地点に、どこかに通じる道があるのか?

また洞窟にもどった。

そしてエレベーターシャフトの底を見ると、なんと床にドアが!

クリックすると元のサイズで表示します


ドアから入って進むと、前方に何かの人影らしきものが動いているが、こちらは身動きができない。

フリーズかと思ったが、暫くすると前方の人影が近づいて来て、こちらの脇をすり抜けて行った。

と、身動きができるようになったのだ。

これは中々の演出であるが、こちらはフリーズかと思い、ロードし直したりしたのである。

その先の部屋にはガンマ線銃があり、ありがたく頂戴しておいた。

その又先には端末があり、操作すると「第一サイト第二サイト第三サイトでコントロールパネルを見つけろ」となる。

この道で正解だったようだ。

それにしても、このExperiment DCM: Shadowは、先代と比べて出だしはほぼ同じだったが、このあたりになるとグラフィックも進行もまるで違うようになった。

洞窟の不気味さは先代より遙かに上だし、洞窟の壁には発光キノコなど生えていて、雰囲気も実によい。

Experiment DCM: Shadowを入れて翻訳したのは、正解だった。

ホクホク・・・


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その22へ続く


0

2018/12/9 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その20

---------------------

paperTrailのノート探しを中断し、一旦コモンウェルズに戻ってから、再度地下ラボに入った所からである。

■地下ラボ

今の段階ではノート10の内、丁度半分の5つを見つけているが、3つめあたりからはマーカーも出なくなって往生していたのだ。

とりあえず、同じExperiment DCMのメインと思われるこのExperiment DCMクエストに切り換え、随時ノートも探そうというわけである。

なにせこの地下ラボと地下洞窟の広いこと広いこと、これまでプレイしたFallout4のMODの中でも、ダントツの第1位の広さなのである。

■地下ラボ

しかし、クエストExperiment DCMでは、最初のマーカーでのセイフティオーバーライドの起動はできない。

これはやはり、先にpaperTrailのノート探しをやらなければならないらしい。

又クエストをpaperTrailに切り換えた。

地下ではこんな神秘的な情景も見られる。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、見たいのは神秘的な情景よりもノートなのだが、それはいっかな見つからない。

5つのまま、ノートは増えないのだ。

と嘆いていたら、見つかった。 

これで6つ、後4つである。

隣の部屋でもう一つ、後3つである。

不思議なもので、見つからない時は1時間かけても見つからないのに、2.3分で立て続けに2つも見つかる時もある。

又1つ、残りは2つだけである。

更にもう一つ、後はノート3の1つだけだ。

これも見つけて、ついにpaperTrailのノート探しは完了である。

Experiment DCMで残っているのは、Experiment DCM本体だけであるが、これはマーカーが出ている。

しかし、前と同じで反応はない。

メッセージは「オーバーライドを『探して』挿入する」とあるので、そのオーバーライドなるものを探さなければならないらしい。

しかし、オーバーライドについては全く何の説明もない。

無論マーカーもないし、どこにあってどのようなものかという説明もない。

これは無理難題というものである。

Experiment DCMのようなマイナーなMODには、Guideもwalkthroughもないし、さてどうしたらよいのか。

fo4editで調べると、overrideはCDMとあるので、どうならKeyらしい。

このExperiment DCMのマーカーは、paperTrailのノート探しをクリアする前にはなかったので、そのノートが関係していることはありそうだ。

ならばノートをxmlで読めば、何かのヒントがあるかも知れない。

しかし生憎xmlにはノートの内容は書いてない。

やむなくゲーム内で確認したが、デスクロウがどうしたこうしたという程度しかメッセージはない。

しょうがない、ここはコンソールでcheatと行こう。

キーを挿入して起動し、cdmと3箇所のオーバーライドを起動すると、「DCM計画を有効かする」となる。

クリックすると元のサイズで表示します


そのマーカーは目の前に出ているのに、なんの動作もできないのだ。

しかもオーバーライドを起動しろというマーカーは、出たままである。

はて?

これはだめだ。

Experiment DCMを終了扱いにして、急遽続篇であるExperiment DCM Shadowを導入、Plugin.txtなどを書き換えた。

日本語訳はないので全て英語になるが、幸いExperiment DCMではほとんど(全く?)会話はない。

なので、Halさんのjc1年生クラスの容姿と英語力でもなんとかなるだろう。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その21へ続く

0

2018/12/8 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その19

---------------------

Project Valkyrieのメインクエストを終え、サブクエストの「モールデン・センターで核融合チャージを探す」をやっている所からである。

■モールデン・センター

エレベーターに気がつく迄はかなりあちこちをうろつき回った。

エレベーターに乗れば目的地はすぐで、核融合チャージを取得したが、核融合チャージなんて物騒なものをバルキリは何に使うのだろう?

次はカレッジスクエアである。

これは新しい場所クエストだが、敵は全て排除の筈なのに、マーカーのグールを倒せばそれで終わりである。

■ウィルソン・アトマトイズ工場

ここでは貴重なカメラを探すことになる。

こちらがやりたいのは、インスティチュートやBoSの新進路である。

インスティテュートの指導者としてシンスを解放し、悪者を追い出し、新しいタイプのミッションを行い、新しい外観を与え、行商人を追加し、連邦との取引の場を開く。

マクソンにBoSの支配権を譲り、Liberty Primeをフォロワーに連れて、連邦全体に殺人と民主主義を広める。

デズデモーナを説得。あなたは今インスティテュートの指導者です。シンスを解放することができます。ケンブリッジをクレーターに変える必要はありません。

これらをやりたいのだが、それにはサブクエストをクリアすることが条件なのかも知れないということで、あまり面白くも無いサブクエストを延々とやっているのである。

ここでも貴重なカメラは簡単に見つかり、次はブレイクハート・バンクスでスーパーミュータントの賞金首が目的である。

■ブレイクハート・バンクス

これまたあっけなく終了。

はぁ・・・

もういいんじゃないかい?

あと一つだけナントカでカントカを取るのをやったら、バルキリクエストはひとまずお休みにしようか。

ここで前の日記を調べてみて、またも得意技早とちりと勘違いの合わせ技を発動していたことに気がついた。

Experiment DCMは既にやっていたとばかり思っていたのだが、これを最初にプレイしようとした時には、Far Harborが必要ということで、プレイしていなかったのだ。

無論今はFar Harborも入っているので、プレイ可能である。

つまり新しいMODが一つ増えたようなものだ。

もうけっ!WWw

勇躍ロックスバリー駅のラボ入口へ!

クリックすると元のサイズで表示します

■地下ラボ

入るとやたら沢山のゾンビだの拒否された被験者などが出てくる。

今回は犬ではなく美女二人がついてきているので、カッコエエ所を見せようと撃ちまくった。

パイパー「いくら撃ちまくっても、ちいともカッコエクないんだけどね」

ドッグミート「おとーさんはカッコエエど! おまの目は節穴か!」

パイパー「フフッ・・・ やっぱ女より犬にもてるのね。 お似合いよね」

床に空いた大きな穴に飛び込み、水中を進むとドクターのノート1を発見、更に進むとノート10も発見。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、このノート10には、「この洞窟は崩落するぞ、早く脱出しろ」などと怖いことが書いてある。

少し戻った地点でノート2を取得、デスクロウについて書かれている。

しかし、この地下は無茶苦茶広い。

その上灌木が生い茂っているので視界が悪く、見通しがきかないのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


今どこにいるのか、現在位置さえ確認できない。

これは一旦元の地下ラボ入口に戻った方か良さそうである。

しかし、戻りたくてもどちらにラボ入口があるのかさえわからない。

しょうがない、tclでひたすら地下ラボ探索のマーカー目指して進み、ついにコモンウェルズに出られた。

■コモンウェルズ

さて、ここでクエストをpaper TrailからExperiment DCMに切替えて、オーバーライドとかいうものを探すことにした。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その20へ続く

0

2018/12/7 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その23

---------------------

闇雲に歩き回っている内にたどりついた第一サイト。

しかし、コンパネの操作方法がわからず、苦戦している所からである。

■地下ラボ

これは全てのリールを活性化するのではなく、どれか単独のリールを回して、裏のコンパネの赤いボタンを押すという手順のようだ。

全部で12もあるリールを一つずつ回して、その都度裏に回って赤ボタンを押すのかと思うと、げんなりしてくる。

しかし全てを1つずつ試しても不可。

12もあるリールの組合せなど、ノーヒントでできるわけがない。

一時断念しあたりを探した。

このストアドドキュメントという紙の箱は、取ると何かのご利益があるらしい。

そしてkinetic fieldという、一種のシールドでは、善悪のカルマを幾つか消費する(カルマが減るのだろう)と、消去することができる。

その先に進むと、別のポータルがあった。

さて、それに入って見るか、もう少しここを探すか?

入って見たがはじき出されてしまった。

ここに入るのは早すぎるということだろうか。

ここでインベントリのmiscを見ると、なんとヒントが入っていた。

そう言えば、ストアドドキュメントを幾つか取ると、何かのメッセージが出ていたが、消えるのが速すぎて、Halさんの英語力では最初のワードを見るのが精一杯だった。

dcm Site One crue、つまり手かがりである。

そう言えば、ここにくる途中でもストアドドキュメントは幾つかあったが、どうせ不要なものだろうと思って、取らない場合も多かったのだ。

これはSite2と3もある。

Site1は 1a 1b 3aとある。

しかし、これでもだめで、未だ他に取っていないストアドドキュメントがあるようだ。

ドキュメントを揃えてやっとわかった。

このコンパネにはリールが縦4段(1-4)横3列(abc)ある。

クリックすると元のサイズで表示します



1aとはマーカーの地点をクリックするのではなく、 1段目のa列、つまり左のリールのある場所をクリックしなければならないのだ。

これがわかれば後は簡単である。

起動すると多数の敵が襲って来るが、それを退治してホッと一息。

このあたりは、マニュアルとかに書いておいて欲しいものだ。

これでSite1はクリアした。

次は先ほどははじかれたあのポータルではないか。

しかし、そのポータルは今はもう入れない。

となれば、一旦洞窟に戻るしかなさそうだ。

■洞窟

ここでまた、別のエリアに入ることができた。

kinetic fieldがあったが、内部には取り立てていうほどのものはなかった。

少し戻ってタラップを上がると、第三サイト発見のメッセージが出た。

クリックすると元のサイズで表示します



ストアドドキュメントでは

1a 1c
2a 2c
3a 3b 3c
4a 4b 4c

となっている。

それはよいのだが、もう一つの起動用コンバネはどこにあるのだろう?

なんのことはない、すぐ隣にあった。WW

これも無事起動して第三サイトもクリアした。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その24へ続く

0

2018/12/6 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その18

---------------------

NH&M運送でヴァネッサの手紙を発見し、lost in transitはクリアとなった所からである。

そして更に彼女と話し、仕事はないかと聞くと、略奪品の回収や新しい場所の探索などがあるそうだ。

新しい場所の探索を選ぶと、「バルキリと共に新しい場所を調べる ショー・ハイスクールを調べ、全ての敵を排除する」というクエストが出た。

ショー・ハイスクールはこの倉庫のほぼ真南にある。

まずはそこに行ってみよう。

それにヴァネッサの手紙にはニックのことも書いてあるので、後でニックにも会っておこうか。

■ショー・ハイスクール

ここも廃墟である。

中にはスーパーミュータントやミュータントドッグが、うようよといる。

スーパーミュータントブッチャーを倒すと、クエスト完了。

次は「リビアビーチ駅を調査して、敵を排除する」である。

■リビアビーチ駅

ここでは敵はRaidersで、親玉格を倒すとクエスト完了。

うぅむ・・・

この新しい場所クエストは、あまりにも簡単過ぎて面白く無い。

次は略奪品の奪回をやってみよう。

「loot recovery for Valkyrie ウイルソン・アトマイズでアサルトロンの回路基板を探す」である。

■ウイルソン・アトマイズ

ここにいるのはスーパーミュータントである。

上階の片隅でアサルトロンの回路基板を発見。


クリックすると元のサイズで表示します


うぅむ、これまた簡単過ぎて面白く無い。

まあ、もう一つだけやってみよう。

次は「ファロン・デパートでバイオメトリック・スキャナを見つけろ」である。

■ファロン・デパート

これも簡単で広い階段を3階ほど上がり、小部屋にあるバイオメトリック・スキャナを取れば終わりとなる。

次は商品稼ぎをやってみるか。

「バルキリとバウンティハンティング ダンウイッチボーラーにいるベドラムを始末する」である。

■ダンウイッチボーラー

ここは採掘場らしい。

深い谷間にタラップが連続している。


クリックすると元のサイズで表示します



このタラップを回り回って最深部につくと、岩の間に更に下へ降りる道がある。

その道を地の底に達するのではないかと想うほど、降りに降って、賞金首のベドラムを倒せば、クエストは完了となる。

次は、「ファニエル・ホールにいる、スーパーミュータントのプルートを始末する」となる。

帰り道は、ショートカットとまではいかないが、何回かのワープがあり、意外に速く外に出られた。

このあたりがFallout4の良い所で、S.T.A.L.K.E.R.で帰り道のショートカットが用意されている例はほとんどない。

既にメインの仕事を終えて、後は外に出るだけなのに、延々とメイズを彷徨うのは、あまり嬉しくない。

■ファニエル・ホール

ここではスーパーミュータントがメインである。

延々とタラップを上がり下りし、最上階でプルートを倒した。

賞金首タスクもあまり面白くはないが、戦闘が多い分ややましではある。

次は「モールデン・センターで核融合チャージを探す」となる。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その19へ続く

0

2018/12/5 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その17

---------------------

Project Valkyrieの、lost in transitのNH&M運送の倉庫でヴァネッサの情報を調べるタスクのために、延々とホッビの「big dig」(大穴掘りというような意味か)をやっている所からである。

■グッドネイバー トンネル

さて、いよいよ本格的な穴掘りである。

メル制作のソーニャというロボットが、壁を掘り抜いてくれるので、こちらはついていくだけである。

クリックすると元のサイズで表示します



壁のもろそうな所を見つけて、「調べる」すれば、ソーニャが飛んで来て突撃!

壁は崩れ落ちる、というものである。

クリックすると元のサイズで表示します



やがて地下鉄の線路となった。

大分目的地に近づいたようである。

そして最後の壁前でメルと会話すると、ソーニャが突撃、壁は崩れた。

そこは大金庫の真下である。

ホッビと話して天井を爆破、しかしソーニャは力尽きて倒れる。

「金庫室へ入れば、もっとよいロボットが幾らでも買えるさ」というホッビの非情な言葉に、釈然としない様子のメル・・・

そしてついに金庫室に突入した。

■金庫室

しかし、そこは金庫室ではあるが、金庫室ではなかった。

金目のものなどどこにもない。

ホッビを問い詰めると、ついに白状した。

「金が目当てではなく、ハンコックに一泡ふかせたかっただけ」

とのことで、当然このような欺瞞の対価は支払って貰わなければならない。

クリックすると元のサイズで表示します



そしてファーレンハイト(銀英伝とは関係ない)という女性士官と話すと、「あなたは正しいことをした。 ハンコックと話しなさい」とのことである。

これにてbih digはクリアである。

このクエストはバグが多く、進行不能になることもあるそうだが、今のFO4のバージョンではかなりfixされているようで、進行不能状態には一度もならなかった。

帰り道にはショートカットが用意されているのはFallout 4のよいところで、ほんの僅かでコモンウェルズに出られた。

このあたりはS.T.A.L.K.E.R.も見習って欲しいものである。

しかも今度は間違いなくマップにはNH&M運送が表示されている。

よしよし・・・

■グッドネイバー

議事堂でハンコックと話すと、よい判断だったと賞賛され、コンパニオンにもなるとのことだ。

ありがたいお話だが、こちらは美女二人をもてあましているので、謝絶した。

ハンコック「ハンサムなグールに守って欲しかったら、いつでも言ってきてくれ」

始めてグッドネイバーに入った時と同様、気っぷの良い男である。

腕っ節も強いし、戦闘用なら役に立つから、猛美女はもう、となった時には頼もうか。

では本来のProject Valkyrieに戻り、ヴァネッサ探索のNH&M運送に行こうか。

と思ったが、クエスト欄を見ると、「パブリックオカレンシスの最新号を入手」というものがある。

パイパー姐さん関連なら行かないわけにはいかない。

■ダイヤモンドシティ

新聞売りのナットからパブリックオカレンシスの最新号を入手した。

■NH&M運送

big digをやっておいたのは正解だった。

前回とは大分様子が違うのだ。

そしてキャットウォークの上にある箱で、ヴァネッサの手紙を見つけた。

クリックすると元のサイズで表示します



それをバルキリに渡すと、それでlost in transitはクリアとなった。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その18へ続く


0

2018/12/4 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その16

---------------------

Project Valkyrie最終ステージの、カボットとの会話の所からである。

■パーソンズ州立病院

どうやらここがProject Valkyrieの最終ステージらしい。

カボットとは父のロレンゾの話が中心になった。

ロレンゾは古代文明とエイリアンの関わりに関心があり、アフリカでその証拠がある地下の遺跡を発見した。

それによりロレンゾはあの狂的な実験を開始したらしい。

カボットは1週間程したら、又カボット邸に来てくれと言って話を締めくくった。

こうして、Project Valkyrieは完了となった。

このProject Valkyrieは今回のMODの中では最も面白かったが、話が飛躍しすぎて理解ができない所が多すぎる。

なんでエイリアンと古代文明との関わりが、終盤になっていきなり出てくるのか、ヴァネッサとは誰なのか、バルキリとの関わりはどんなものなのか、その他諸々?の大安売りである。

このMODの売りとしては、

「20種類のクエストを追加します。

これによってバニラを新しい方法で仕上げます。
プレストンを投獄し、インスティチュートとBoS間の和平調停をしつつ、デズデモーナを処刑したい?皆殺しをお望み? それとも4つの主要派閥が共存?できます。」

というものがあるが、ここまでプレイした印象では、そのようなバニラ改変は全く無い。

このような言葉があったので、硬派MODかと思っていたのだ。

もっとも、こちらの進行状況は、BoSにもMinutemenにも未だ加入していないから、その相違部分が現れるのは、もっと先なのかもしれない。


それはともかくも、バルキリはコンパニオンとして、このままついてくるつもりらしい。

さて、この後はどうするか?

人も羨む美女二人を引き連れて、コモンウェルズを旅するのも悪くはないが、

ここでUSAF衛星基地からやり直し。

ヴァネッサの出荷証明書を取り忘れていたのだ。

それを読むとlost in transitが開始した。

この後はバルキリと話すと、lost in transitのNH&M運送の倉庫でヴァネッサの情報を調べることとなった。

しかし、マップにはNH&M運送が表示されていない。

クエスト説明を読むと、NH&M運送へのアクセスに問題がある時は、グッドネイバーでホッビと話し、「big dig」クエストをクリアすればよい、と書いてあった。

しかし、それよりも速いのは、マップで間近な地点のマスパイクトンネル東から、南南東に進むと倉庫があった。

これがNH&M運送である。

■NH&M運送

ところがアイテムのマーカーが表示されない。

これはまずい。

しょうがない、グッドネイバーでホビと会う所からやってみよう。

一通り終わればグッドネイバーで市長のハンコックと会うことになる筈だ。

■グッドネイバー

ホッビの居場所はかなりわかりにくい。

裏道の奥深く、ひそやかにドアがあり、そこでホッビと話した。

男だと思っていたので、グールとはいえ女だったのは意外だった。

クリックすると元のサイズで表示します


しかし、この女はしたたかで、穴掘りの手伝いやら脱獄の手助けやらをやらされることになった。

■ダイヤモンドシティ

ここでは警備室しからメルという仲間になる奴を脱獄させることになる。

中の警備員と話して釈放するよう説得すると、意外に簡単にOKしてくれた。

こんな時のために、カリスマとラックを重点的に強化しているのである。w

そしてメルを今回の金庫室略奪に参加するよう説得すると、グッドネイバーのトンネルで会うことになった。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その17へ続く


0

2018/12/2 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その14

---------------------

ケロッグの記憶再生から輝きの海でバージルと話し、インスティチュートへのテレポートに必要なチップを取得した所からである。

ここで広域マップを見ると、バルキリのアパートという地点がある。

? まさかこれがProject Valkyrieの開始地点とも思えないが、とりあえず行ってみた。

■バルキリのアパート

中はとても大型MODの開始点とは思えない、普通の室内である。

一つだけ特異なのか遊歩道への出口というドアがあることだけである。

その遊歩道に出てみると、海にそって遊歩道が続く、瀟洒な一郭である。

あのポロアパートの住民風情が出入りできる場所ではなさそうだ。

右手に少し進み、ドアから入ると・・・

これは! fusionCityと同じグラフィックである。

となると、Project Valkyrieは既に立ち上がっているのか?

ここで一旦戻ってカボット邸に行ってみた。

■カボット邸

中に入ると豪勢な邸宅であり、主人のカボットに出迎えられた。

クリックすると元のサイズで表示します


まず右手の階段から2階に上がり、左手のドアを入る。

そして右手の扉から入ると、研究室風の部屋となるが、そこの端末を調べると、どうやら危険な人体実験をしていたようだ。

そしてクエスト「暗い部屋の中 パーソンズ州立病院に向い、バルキリを探せ」となる。

これだ!

これでProject Valkyrieは確かに動いているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


■パーソンズ州立病院

パーソンズ州立病院は、前にはさぞ清潔で豪華な病院だったのだろうが、今は荒廃し尽くしている。

中にはRaidersがいるが、それを排除しつつ下へ下へと下ると、出ましたバルキリさん。

なんとも素晴らしい豪華華麗な衣装に目が・・・

クリックすると元のサイズで表示します


彼女はあのカボットにより、この病院に幽閉されて恐ろしい実験の材料にされていたというのだ。

それはよいのだが(良くない良くない!)、なぜ刺激的豪華絢爛衣装を着ているのか、見ているプレーヤーにはそれが一番気にかかる。

バルキリ「それは勿論プレイヤーへのサービスのためよ。

MODDERさんの好意というわけね。」

Halさん(MODDER賛、有難うごぜぇます!)

こうしてこの牢からバルキリを解放することになったが、それには端末を操作するらしい。

奥の端末を操作して、壁のボタンを押すと無事解放。

ふむふむ、やはり格子がない方がよいな。

クリックすると元のサイズで表示します


しかもこのバルキリは実験の結果不死になったらしい。

次はこの病院からの脱出である。

ここからはバルキリもコンパニオンになるようで、エレベーターにも乗ってくる。

パイパーさんがこちらをにらむ目つきが、なにがしか怖い・・・

クリックすると元のサイズで表示します


エレベーターから脱出できそうなのだが、動力がきていないようだ。

近くのコンソールでは「手動リセットが必要」などと表示される。

さて、その手動コントロールはどこにあるのか?

これはロレンゾ・カボットのいるコントロールルームにある、3箇所ほどのレバーを上げることで、手動リセットとなった。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その15へ続く

0

2018/12/1 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その13

---------------------

Sakhalinのプレイ要件を調べてがっくりしている所からである。

ヌカワールドはあまり面白く無さそうなので入れてなかったのだ。

しかもヌカワールド以外のDLCは、Fallout4のほぼ全てのDLCが必要らしい。

上を全部STEAMで買うと5千円近くかかる。

しかも、私にとってはSakhalin以外にはほとんど使い道がないものばかりである。

Fallout4本体は、今STEAMでは1300円で売っている。

本体より高いMODは、私には贅沢すぎる。

これは残念ながらSakhalinは削除しなければならないだろう。

■メモリーデン

ここではドクターアマリと話すことと、ケント・コノリーという男と会うことである。

ドクターアマリと話して、ケロッグの記憶を再生することとなった。

その前にケントと話しておこうか。

クリックすると元のサイズで表示します


彼はシルバー・シュラウドというラジオドラマの大ファンで、そのドラマに出てくるマシンガン迄作ってしまったのだ。

でも一つ足りないものがある。

それはシルバー・シュラウドの衣装だ。

それをパブリック・コミックで取ってきて欲しいというのである。

これでケントのクエストがわかったので、それではケロッグの記憶再生に戻ろうか。

まず最初はケロッグの少年時代の記憶である。

ニックの電子化された脳にケロッグの脳の海馬を接続し、主人公はケロッグの記憶を辿ることになる。

ケロッグは横暴な父親の元で、不幸な少年時代を送っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

進行はこのような光るクモの糸のような道を辿るのだが、足を踏み外しても落っこちるというようなことはない。

クリックすると元のサイズで表示します

その後、ケロッグは殺し屋となり、子供も生まれたが、家族はケロッグに敵対する勢力に皆殺しにされてしまう。

その後彼はインスティチュートに雇われ、主人公の妻の殺害とショーンの誘拐、つまりFallout4の最初のシーンに戻ってきたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

そして最後の記憶の再生は、ケロッグとショーンのものだが、その際にケロッグは輝きの海でインスティチュートから離脱した科学者の抹消を命じられる。

これで記憶の再生は終わりである。

■輝きの海

アトムクレーターで、イゾルデというアトムの子らのリーダーに、バージルのことを聞くと、南西のロッキー洞窟にいると教えてくれた。

輝きの海は、その名とは正反対に常に薄暗く、灰黄色の靄が立ちこめ、高度の放射線が充ち満ちている。

クリックすると元のサイズで表示します

ロッキー洞窟に入ると鳴子などの警報装置があるが、わきをすり抜けて進むとバージルがいた。

クリックすると元のサイズで表示します

彼はスーパーミュータントのscientistsだったのだ。

バージルに、インスティチュートに息子を誘拐されたことを話すと、彼は深く同情し、インスティチュートの入り方を教えてくれるという。

但し、条件が一つあり、それはバージルには研究していた血清が必要なので、それわインスティチュートの彼のオフィスで見つけ、持ってきてくれとのことである。

そして、インスティチュートにテレポートするには、コーサーが持つチップが必要なのである。

コーサーを見つけるには、まずC.I.T.廃墟に行き、そこでコーサーの無線に耳を澄ますことだそうだ。

■C.I.T.廃墟

ここでラジオにコーサーシグナルという項目があり、それを聞くと、ポッポッという断続音が聞こえる。

このシグナルが最大になる地点に、コーサーがいるのだろうが、そこはグリーンテック遺伝子研究所だった。

このグリーンテック遺伝子研究所は非常に複雑で迷いやすい。

それでもようよう最上階へたどり着いて、コーサーと交戦し、チップを取得した。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その14へ続く

0

2018/11/30 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その12

---------------------

Project Phoenixで、大詰め近くのテレポーターに入ろうとする所からである。

■Sector V

尚、このテレポート台に乗る時に、「アーマーを忘れてきたので」を選択すると、もう台に乗ってもテレポートはできない。

これはアーマーを取って来ないと動作しないのかも知れない。

2度目は素直に「忘れ物はないよ」を選択して、有事セクターVの居住区に入れた。

こうしてProject Phoenix 第3幕となる。

最初のクエストは、「セキュリティシステムを停止する」である。

この入った地点のグラフィックは、バニラでインスティチュートにテレポートした時のもののアレンジらしい。

クエストはセキュリティサービスを停止せよとなる。

更に進むとセキュリティシステムがあり、その端末でセキュリティサービスを停止した。

■Sector Vの居住地施設

やがて居住区に入った。

受付には美人のサーバントがいるが、会話は挨拶のみである。

クリックすると元のサイズで表示します


その受付で登録しないと奥のドアは開けないらしい。

奥のドアから進むと、ドネスカスを探せとクエストの段階は変わる。

幾つかのドアを経由して、ようやくドネスカスと出会えた。

クリックすると元のサイズで表示します


彼がこのセクターVの黒幕らしいが、それにしては貫禄がない。

ドネスカスは1000キャップというはした金で買収しようとするが、100無量大数でもゴメンだ。

こ奴を倒すとキーを持っていて、クエストは脱出せよとなる。

マーカーに従ってぐるりぐるりと回っていくと、一見ドアとは思えぬ所が秘密ドアだった。

クリックすると元のサイズで表示します


奥にはエレベーターがあり、それに乗るとProject Phoenixは完了となる。

このProject Phoenixは拾いもので、単純ではあるがそこそこ楽しめた。

これで残ったMODは、Project Valkyrieと英語のままのSakhalinだけとなった。

■コモンウェルズ

さて、この後はどうするか?

Sakhalinをやりたいのだが、開始場所がわからない。

Project Valkyrieも開始場所がわからない。

というよりもこちらはバニラの改変なので、バニラのメインクエストを進めなければならないようだ。

ここでloadorder pluginsなどを改変、使わないMODを整理した。

Falloutでは複数のMODを並行して入れられるので、ついつい不要なMODまで入れてしまうが、これはやはり不安定さなどの点で、あまり好ましくない。

わかってはいるのだが、つい無精をして・・・

Sakhalinは連邦の南東に追加されるSoviet Portから行けるとのことだが、そのSoviet Portは今はマップにはない。

となると、Far Harborに入らなければならないのか、それとも他に開始条件があるのか。

ここでNexusの作者のページを見ると、要件として

オートマトン
Contraptions Workshop
ファーハーバー
高解像度テクスチャパック
ヌカワールド
Vault-Tecワークショップ
ワーストランドワークショップ

があり、がっくり・・・


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その13へ続く

0

2018/11/30 | 投稿者: hal


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その11

---------------------

Project PhoenixでセクターVの基地を探す所からである。

■セクターV前哨基地

このProject Phoenixは、レベルは20以上が推奨だそうだが、20では大分苦戦するのではないか。

基地の中の端末を調べると、次は前哨基地ブラボーとなる。

ブラボーでもアルファと同様に端末を調べると、いよいよセクターVの本拠地に乗り込むこととなった。

■セクターV

エレベーターで下に降りると、かなり広い基地のようだ。

パイパーはどこでハイエナしたのか、えらくごつい銃を構えている。

これはセクターVのライフルのようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


そして進んでドアを開けるとマップ移動、「チーフを殺し、IDカードを入手する」となる。

ここにはパイパーは来られないようである。

奥に進むと巨大な広間となり、中央には制御塔のようなものが聳え、その周囲に回廊が半円形に広がっている。

そこでチーフ出現、しかし、声の様子から見ると女性らしい。

倒すと自動的にIDカードを入手し、「Project Phoenix 第3幕」となる。

クエストは「テレポーターを使え」と「メンテナンスモードを解除」である。

? テレポーターなど取った覚えはないのだが?

戻って先ほどの制御塔に行くと、ターミナルがあり、ここでテレポーターの制御などしているらしい。

しかし、使い方がわからいのだ。

テレポーター何番という所をクリックしても反応はないし、テレポーターリセットでも不可。

はて? ここでは何をすれば良いのか?

戻って一層下に降りると、書棚がありロックされている。

クリックすると元のサイズで表示します


書棚にロック?

ここらしい。

開けると中に端末があり、そこでメンテナンスモードを解除できた。

これで先ほどの制御塔の端末に戻った。

クエストは「ゲットダウン」である。

下へ降りろということか?

あちこちを駆け回って最下層に降りると、セクターVundergroundの上げ蓋があった。

ここらしい。

■セクターVunderground

一旦壁の割れ目から下に降り、タラップを上がるとメンテナンスターミナルがあり、そこで「テレポーターの詳細情報を入手する」となる。

クリックすると元のサイズで表示します


これは又セクターVに上がらなければならない。

■セクターV

チーフターミナルにマーカーは出ている。

通常のターミナルでは、最下部の1つだけ見ればOKというケースが多いが、このターミナルでは全ての項目を見ないとクリアにはならない。

全て読むと「テレポーターファイルを入手する」となる。

その場所は少し上がった所にある観測ターミナルである。

ここでファイルを読むといよいよテレポートである。

その場所は最下層である。

クリックすると元のサイズで表示します


テレポーターの台に乗ると、ご親切にも「忘れ物はないかい? もう二度とここには戻れないよ」というメッセージが出る。

忘れ物は・・・

パイパーを口説けなかったことかな。


Fallout4新MOD詰め合わせ プレイ日記その12へ続く

0




AutoPage最新お知らせ