2019/4/25 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその37

--------------------------------

インスティチュートとは敵対していないことに気がつき、インスティチュート内部からやり直している所からである。

■インスティチュート

これはもう、ファーザーを殺すしかないだろう。

しかし、殺すのは簡単だが、逃げ出すのは大変である。

コンソールにはrelation設定があったっけ?

あるならそちらの方が簡単だろう。

あったあった。

setenemy Minutemen インスティチュート ID 1 1

setenemy 00068043 0005e558 1 1

さて、これでプレストンの対応には変化があるだろうか?

変化なし・・・

では

SetStage 000ddfdb 50

SetStage 000bdb04 10

いずれも不可。

念のためインスティチュートに入って見ると、ちゃんと行ける。

住人も敵対しないのだ。

はてはて?

やはり保護責任者虐殺しかないのだろうか。

保護責任者と言うには、あまりにとうが立ち過ぎているが・・・

ところが、児童虐殺でも、ファーザーのクエストは残っているが、ファーザーの端末を調べると、「リアクターに入れ」のクエストが出た。

これはThe Nuclear Optionで、Minutemenのルートである。

しかしこれは、「Defend The Castle」クリアの後に出る筈なのだが、フラグは完全にメチャクチャである。

念のため、サンクチュアリとキャッスルにも行ってみたがなにも起こらない。

も一つおまけがあった。

STEAMのエラーで起動不可である。

踏んだり蹴ったりとはこのことだ。

再起動してようやくゲーム起動となった。

ここで、虹モヒカンさんからいただいた情報で、Project Valkyrieを進めてみることにした。

これはインスティチュートとも他のFactionとも敵対関係にならず、ファーザーからのタスクをある程度進めて、マス・フュージョンビルでの BoS との敵対選択直前まで進める、というものである。

その後、オバーランド駅付近のBOGバンカーを訪れれば、Project Valkyrie新クエストは始まる、ということらしい。

つまり、インスティチュートとは敵対関係になる必要はなく、必要どころかなってはいけないのだった。

ありがたや、ありがたや。

幸いインスティチュートでのセーブデータは残してあるので、そこからやり直そう。

■インスティチュート

4人の幹部と話し終えたが、その後のクエストが出ない。

ネットワーク・スキャナー・ホロテープを使えは、インスティチュートクエストで出てはいるが、果たして使ってもよいものかどうか?

これは使わないとファストトラベルができないので、やむなく使った。

それではオバーランド駅近くのBOGバンカーを訪れてみようか。

■オバーランド駅

しかし、ここでフリーズ。

ディスクにアクセスしっぱなしのまま、応答がない。

かなり長い時間待ってようやく復帰。

一旦終了して又再開。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその38へ続く。

0

2019/4/24 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその36

--------------------------------

「Human error」を進めている所からである。

■コベナント

そしてオフィスに入り、ターミナルはパスワードで起動し、「漁師の報告」を読んだ。

クエストは「コベナント・コンパウンドを見つける」となる。


■コベナント・コンパウンド

ここがコベナント・コンパウンドへの入口らしい。


クリックすると元のサイズで表示します



下水の中を進むと、コンパウンドの護衛兵と戦闘になる。

しかし数は多くないので問題ない。

トンネルの内部は、岩盤がむき出しの壁と普通の部屋が交互に現れ、しかも奥は相当深いようだ。

方位としては南に下る形になるが、複雑な分岐はないので、迷いやすくはない。

そしてマーカーの地点に着くと、そこには白衣姿の女性がいた。

クリックすると元のサイズで表示します



ドクターチェンバースというその女性は、ダイヤモンドシティで家族をSynthに皆殺しにされたそうだ。

それ以後、彼女はSynthを確実に判別する研究に取り組んだとのことである。

彼女との話では、ストックトンの娘アメリアはSynthらしい。

そして話の最後には、チェンバースに協力するか否かの選択となるが、どちらでもクエスト完了となる。

これで「Human Error」は完了である。

■オバーランド駅

入植者と話すと、「誘拐 オバーランド駅」が出る。

入植者の家族が誘拐されたので、「連邦食糧備蓄庫から救出」するのである。

連邦食糧備蓄庫にいるのはRaidersで、こやつらを倒して入植者を救出した。

■サマービルプレイス

入植者からは、「ジャマイカ・ブレインのワークショップを確保する」のタスクとなる。

これも処理してサマービルプレイスに戻り、ここも入植者が入った。

■サンクチュアリ

しかしプレストンからは話はない。

■インスティチュート

ここでインスティチュートに行ってみて気がついた。

インスティチュートとは敵対していないのだ。

はて? おかしい?

確かにネイムドNPCを殺して、早々に逃げ出したのだが、どうしてだろう?

得意技の思い違いか?

それとも早とちりか?

もひとつ物忘れか?

あまりにも得意技が多すぎて、思い出せないのだ。

こうなればファーザーを殺すしかないだろう。

息子を手にかけるのは嫌だが、これもゲームのため。

ショーンよ、安らかに往生してくれ。

ファーザー「往生できるわけないだろうが!」


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその37へ続く。

0

2019/4/21 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその34

--------------------------------

有事インスティチュート内部に入り、「Institutionalized」で各部門のチーフに会う所からである。

■インスティチュート

インスティチュート本部の各部分は、ガラスのトンネルで繋がっている。

クリックすると元のサイズで表示します

そして下へ降りると近代的な建物が建ち並び、瀟洒なオフィス街のような雰囲気である。

クリックすると元のサイズで表示します

アリーはエンジニアだそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

その後アドバンスroomでマジソン・リーに会った。

彼女はPipboyにコーサーの正式なコードをインストールしてくれた。

これでいつでもおおっぴらにインスティチュートに入れるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これまでFallout4のエンディングは、Minutemenで2.3回、RailroadやBoSもやっているが、インスティチュートエンディングはまだやっていなかったと思う。

現状では他のルートで進めるのは難しそうだし、この際インスティチュートルートをやってみるか。

残るはジャスティンとクレイトンである。

バイオサイエンス部門にはクレイトンがいた。

クリックすると元のサイズで表示します

ここには人造のゴリラまでいるのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

最後になったが、ジャスティンは保安部門のチーフらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

彼は主人公のことは今暫く監視させて貰うと言う。

そして彼らの主な任務は、逃げだした人造人間の回収であり、そのためにコーサーがいる。

なぜ人造人間が逃げ出すかについてはわからないそうだ。

これで一通りチーフたちとは会えた。

クエストは「ネットワーク・スキャナ・ホロテープを使え」となる。

これも「Institutionalized」の一環のクエストなので、やらないわけにはいかないだろう。

一旦最下層に降り、中央の円盤状の所に行くと赤いボタンがある。

これがエレベーターの呼出しボタンらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

これに乗って最上部に出て、そのまま進むと先程のトンネル経由で来たコンパネがある。

そこでネットワーク・スキャナ・ホロテープをロードすると、クエストクリアである。 

クエストは「ファーザーと話せ」だが、Minutemenルートなら「スタージェスにテープを渡せ」となる筈である。

インスティチュートとのワープも出来るようになったので、一旦サンクチュアリに行ってみようか。

■サンクチュアリ

スタージェスにネットワーク・スキャナ・ホロテープを渡すと、彼は大喜びだった。

これでインスティチュートのことが全てわかるが、まず解析をしないと、とのことだった。

それではインスティチュートに戻ろう。

■インスティチュート

しかし、ファーザーは「全ては無に帰した」という。

やはり、ホロテープはスタージェスに渡すと、インスティチュートルートからは外れてしまうようだ。

ホロテープを使う前からロードしてやり直し。

しかし、今度はファーザーと話せがでない。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその35へ続く。

0

2019/4/21 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその33

--------------------------------

スクリプトエラーと思われるエラーのため、Nuka-Worldを断念、コモンウェルズに戻った所からである。

■Far Harbor

Shipbreakerは、Pip-Boyでラジオの周波数を合わせ、シグナル強度が100%になる位置に向かって進む、というものである。

ここで又奇現象。

他のMODで何度か起こった、ポリゴンが上下にずれる現象が発生した。

クリックすると元のサイズで表示します



バックアップからesmとba2をリストアしてみたが、効果なし。

このShipbreakerも断念するしかなさそうだ。

そしてインスティチュート廃墟にファストトラベルするとフリーズ。

はぁ・・・

2度目はOKだった。

ホッ・・・

最近なにかため息ばかりついているような気がするな。

では川の底に潜ろうか。

おっと、バルキリを連れ出すのを忘れていた。

バルキリのアパートはダイヤモンドシティの北東にあった筈だ。

首尾良くバルキリをコマし誘惑して、又々冒険旅行に連れ出した。

■C.I.T.廃墟東

ところが、この川に潜る地点近くでは、前のテストプレーの時も同様だったが、極端に動作が遅くなり、フリーズ状態に近いような動作になる。

前回同様に、一旦FO4を終了してから立ち上げ直すと、この現象はなくなった。

川底のトンネルから公共事業メンテナンスエリアに入った。

■公共事業メンテナンスエリア

この赤い道具箱から解錠の手がかりが見つかる。

クリックすると元のサイズで表示します



ここはマーカーに従って進めば特に問題はない。

幾つかのセキュリティドアを開けて進む。

女性のコーサーと技術者が会話している部屋では、左手の土管に入り進む。

やがてマップ移動となり、「インサイドジョブ」となる。

右手のハッチを開けると、お馴染みのコントロールルームとなる。

インスティチュートに入ったのである。

■インスティチュート

ここでは通常のプレーなら、スタージェスから預かったホロを使うのだが、今の状態では、まずはショーンの部屋である。

無論ここにいるのは本物のショーンではなく、Synthである。

モノホンのショーンはもうすぐ出て来る。

主人公より年上の老人として・・・

SetStage 000229ec 40

これでファーザーが現れた。

クリックすると元のサイズで表示します

彼はインスティチュートの指導者として存在しているが、もう一つ大事なことがある。
ファーザー「私の名はショーン! あなたの息子だ!」

容易に信じることが出来ない主人公だが、やがて現実を認識する。

主人公が冷凍ポッドにいる間に、リアルタイムでは数十年の月日が経過していたのだ。

こうしてInstitutionalizedが開始する。

することは、各部署のチーフたちと会うことである。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその34へ続く。

0

2019/4/19 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその32

--------------------------------

A Magical Kingdomには入れたが、エレベーターが動作しない所からである。

これはどうやらシアターでポンプコントロールシステムがある部屋へ行ってオズワルドの会話を聞かないとだめなのかも知れない。

ここで間多眞多股珍現象。

キーボードに手をふれていないのに、カラスの勝手、いやキーボードの勝手でv文字が無限に連続出力。

それが、このサイトで3368回の日記をアップしている最中に起こったのだ。

出力確認用の窓はvで溢れるという状態になってしまった。

結局再起動でこの現象はなくなり、現在は全く異常ない。

前にも似たようなことがあったが、なぜそのような連続出力が行われるのか、根本的な原因は調べてもわからなかった。

パソコンとは、色々と珍現象が起こる機械ですな・・・

■ドライロックガルチシアター

シアターというのはドライロックガルチのシアターのことだろうと、やってきた。

しかし、このシアターは入口など全く無い。

又々得意技発令!

これはキッディ・キングダムのシアターだった。

もう一つ、得意技発令!

話を聞くのはシアターではなく、従業員用トンネルだったのだ。

得意技のダブルがけである。

恥ずかしや・・・

■キッディ・キングダム 従業員用トンネル

ポンプコントロールシステムがある部屋の端末で、切りの噴霧を止めた。

H:\ss\WS000729.JPG

しかし話し声は聞こえてこない。

しかもこれまでコーラ王の宮廷に出ていたマーカーが、いつの間にかなくなっている。
? ? ? 

さらにはSetStageもcompletequestもまるで効き目がない。

これはキーボードの異常か。

そうとも思えないが、これではNuka-Worldの続行は不可能である。

残念ではあるが、Nuka-Worldは断念してコモンウェルズに戻ることにした。

暫く前にはMOD日照りで、Fallout4が終わったらどうしようと心配していたのだが、この所Doppelganger764、Last day、anomalyと備蓄が増えたので、気が大きくなっている。

当分はMODの心配をしなくて良いというのは、実に気が楽なのだ。

■コモンウェルズ

さて、残りのクエストは、Far HarborのShipbreakerと、インスティチュートである。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその33へ

0

2019/4/19 | 投稿者: hal


anomalyで解凍時にエラーが出て、起動できない件がようやく解決した。

db9にエラー出るのだが、7zip最新版でも同様に出る。

手持ちの解凍ツールを総動員、7zfmの7-zip 922βでようやく解凍できた。

データをMODのフォルダにコピーし起動すると、すんなり起動。

日本語化もOK。

ライオンの人さん、有難うございます。

これで起動不可だったMODが、Doppelganger174、Last day、anomaly、OP-2.1と起動できるようになり、在庫が大分増えて来た。

これなら何時ゾーンに戻っても、当分は食いつなげる。

ありがたやありがたや・・・

このS.T.A.L.K.E.R.MODの大量起動不能は、OSの入れ直し以降に発生した。

その前は全てなんということもなく起動していたMODが、OSの入れ直し以降には、起動しないMODが続発したのである。

DirectXやVCランタイム、.netなどのインストール状態によるものかも知れないが、それらを逐次入れて行っても、やはり起動しないものが多かった。

未だにその原因は不明のままである。

Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその31

--------------------------------

ここで虹モヒカンさんから、重大情報をいただいた。

Project Valkyrieの進め方についての情報で、これでProject Valkyrieも進めることができそうである。

虹モヒカンさん、貴重な情報をいつも有難うございます。

キッディ・キングダムに来たものの、サブタスクが始まらないし、どうしたものやらと途方に暮れている所からである。

■キッディ・キングダム

びっくりハウスに行くと、「A Magical Kingdom」というクエストが出る筈なのだが、マップのどの地点に行けば、そのクエストが出るのかわからない。

これはどうもバグくさい。

ともあれ、攻略サイトの記事では、びっくりハウスを捜索して攻略するとある。

まずはびっくりハウスに入ってみるか。

いやいやその前にクエストを出さねば。

しかし、FO4editの A Magical Kingdom 0603684F では、コンソールではIDが違うという表示が出る。

はて、FO4editでは入れたDLCはちゃんと表示されていて、無論Nuka-Worldも入っている。

では、The Grand TourのIDではどうか?

SetStage 03000803 300 で、A Magical Kingdomのマーカーが出た。

ともあれ、これでA Magical Kingdomも進められそうである。

マーカーはコーラ王の宮廷に出ている。

Magical Kingdomの最深部である。

ここは本来の進行では、びっくりハウスなどを終えてから来る筈のマップなのだが、下手にコンソールをいじると又おかしくなりそうだから、このまま進めてみるか。

クリックすると元のサイズで表示します

■コーラ王の宮廷

中に入ると、部屋にはソビエトの新聞だのゲームだのが、多数おいてある。

壁にはキリル文字の写真なども飾られている。

? 間違えてSakhalinに入ってしまったのだろうか?

コーラ王とキリル文字は、どうにも似合わないと思うのだが?

クリックすると元のサイズで表示します



2階の部屋にはChernobylガスマスクまであった。

これはもう間違いない。

ここはSakhalinだ!

ここではエレベーターで屋上にいくらしいのだが、エレベーターは動いていない。

どこかで電源を探すのだろうか。

しかし、いくら探しても電源盤の類は見つからない。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその32へ続く。




0

2019/4/18 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその35

--------------------------------

インスティチュート内部で、インスティチュートルートを進めようと苦戦している所からである。

■インスティチュート

ではチーフたちにインスティチュートへ参加するとしてみよう。

参加を表明してすぐにファーザーと話したが、それでも同じ結果である。

つまりインスティチュートルートは進めないということらしい。

まあ、しょうがない。

Minutemenルートに行くとしよう。

インスティチュートと敵対するには、名前のあるNPCを攻撃すればよい。

その前に中央部のエレベーターをセットして、いつでも飛び乗れるようにしておかないと、敵が近くにいてファストトラベルできない。

■サンクチュアリ

さて、スタージェスにテープを渡して、inside jpbは完了。

この後はキャッスル襲撃になるのだが、その前に入植地が足りないようだ。

show MinutemenOwnedSettlementsで調べると、6.0である。

つまり後2つの入植地が必要ということである。

バルキリはパイパーと違い、口うるさい方ではないが、たまに妙な事を言う。

「今もどこそかのどこそがなんたらかんたら」などと言った。

これはProject Valkyrieのクエストの一部なのかも知れないが、セリフの内容は生憎忘れてしもた。

■グリーントップ菜園

まず後2つの入植地である。

ここではナショナルガード訓練場のグールを一掃してくれと頼まれた。

一掃して戻り入植者に報告した。

show MinutemenOwnedSettlementsで調べると、バリューは8.0である。

後1つだろう。

■ノードハーゲンビーチ

ここでもRadarをやっつけてくれと頼まれた。

Raidersを退治して戻ると、ここのワークショップを好きに使ってくれと感謝された。

このノードハーゲンビーチは、遙か彼方にプリドゥエンが浮かび、リバティプライムもその雄大な姿を遠望できるという、風光明媚な所である。

クリックすると元のサイズで表示します

これでshow MinutemenOwnedSettlementsは9.000となった。

一旦サンクチュアリに戻ってみようか。

■サンクチュアリ

しかし、プレストンからは何も話はない。

■コベナント

ではコベナントで「Human error」をやってみよう。

これはおそわれたキャラバンを調べることから始まる。

青いクーラーボックスには、聞いた事のない名前のレモネードが入っていた。

これがなにか意味があるのだろうか?

このコベナントの人々はなにか胡散臭い。

持って回ったというか、わざとらしいというか、Synthについても関心がないようなことを言う。

コベナントでは家々のドアは開け放たれているが、入ってすぐ左手にある家は、鍵がかかっている。

その家に入るとパスワードがある。

それを取って出ると、町中の人々が攻撃してきた。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその36へ続く。


0

2019/4/17 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその30

--------------------------------

サファリアドベンチャーでクエストクリア、最後に心優しきターザン、シートーを説得する所からである。

善良なシートーに銃を向けたり、サファリアドベンチャーから退去させるのは惨すぎる。

やはり説得だろうな。

■サファリアドベンチャー

なんとか説得して共存させたいものである。

無事説得に成功、シートーは共存に同意した。

しかし、この純朴なシートーと、Raidersが本当に共存出来るのか、という不安は残る。

さて、旗はどうするか。

ここ迄は、オペレーターズとパックスに一つずつ与えてきた。

ではディサイブルズにも一つ旗を揚げてやるか。

今気がついたのだが、これまで確保したギャラクティックゾーン、ドライロックガルチ、サファリアドベンチャーから、あがりを受け取れというタスクも出ている。

しかし、あがりを受け取るのは後回しで、残るキッディ・キングダムとヌカ・ワールドの瓶詰工場の確保を先にしよう。

■ヌカ・ワールドの瓶詰工場

到着すると直ちにクエスト「ヌカ・ワールドの瓶詰工場内外の敵を一掃する」となる。

まずは内部に入ってみたが、非常に広大で迷いやすい。

敵はアサルトロンなどが多いが、マイアラークなど生物の敵も出現する。

地下にはこんなSF的な構造物もある。

クリックすると元のサイズで表示します



一旦外に出て、外部の敵も探してみた。

ここで又インスティチュートのテストプレーである。

前回のテストでは、ファーザーの声は聞こえるが部屋から出て来ず、従ってその後のクエストも出現しなかった。

今回は、ショーンの部屋でショーンと会話し、その後

SetStage 000229ec 40

ではどうだろうか。

OK! ドアが開いてファーザーが現れ、正常な会話が出来た。

これでまっとうなInstitutionalizedが出来そうである。

これで本日のテストは終了、コモンウェルズに戻ることにした。

■ヌカ・ワールドの瓶詰工場

ここはNukaの瓶詰めを実際にやっていたそうだ。

それは良いのだが、説明役のおねいさんの声がキャピキャピとけたたましく、うるさいことこの上ない。

しかも「ヌカが青いのは、ヌカから放射線が出ているからです」などと恐ろしいことを言う。

既に何回も書いたが、このあたりのアメリカ人の感性は、全く理解できない。

日本人には放射線=おっかないものという印象がしみこんでいる。

しかし、アメリカ人は放射線も嗜好の対象らしいのだ。

ともあれ、内部の敵は撃滅した。

後は外部の敵である。

外部に出て、マーカーに従って進み、タラップを上って2匹の敵を倒すと、大掃除タスクはクリア、旗を揚げろとなった。

ここまで、オペレーターズとパックス、ディサイブルズに一つずつ与えてきた。

今回はオペレーターズにもう一票投じておこうか。

■キッディ・キングダム

ここはマーカーが出ないので、何処に行って何をすればよいのやら。

ここに入れば「A Magical Kingdom」が出る筈なのだが、全くなんのメッセージも表示されないままである。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその31へ続く。

0

2019/4/16 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその29

--------------------------------

虹モヒカンさんの情報により、トンネル経由でInstituteに入れるかをテストしている所からである。

■公共事業メンテナンスエリア

しかし排水溝は行き止まりとなった。 行く手には太い格子があり、とても壊すことはできないが、左手を見るとハッチがある。 

しかも開けられるようである。

クリックすると元のサイズで表示します

ここでクエストは、「インスティチュートの中継局を作動させる」となった。

こうして、排水口と部屋を幾つも通り抜け、ついにインスティチュート内部となった。 

しかもお馴染みのコントロールパネル前である。

クリックすると元のサイズで表示します

バンザイ! でありんす。

虹モヒカンさんにはただ感謝あるのみ<(_ _)>。

そして、念のため更に進めてみたが、やはり何かおかしい。

コンパネは本来はMinutemenのクエストで、ホロテープを入れるのだが、勿論今はそんなものはもっていない。

先へ進むと、ファーザーの声が聞こえてきた。

エレベーターに乗れと言っている。

エレベーターを乗り継いでショーンのいる部屋へ。

ここまではよい。

しかし・・・

ショーンと話した後に入ってくる筈のファーザーが入ってこない。

しかも、一旦ここに入ってしまうと、どこにも移動できないのだ。

詰みである。

虹モヒカンさんによると、

 しかし、私の環境ではまだインスティチュートに侵入を果たしていない状態からProject Valkyrie及び、Outcasts and Remnantsのクエストが出来ました。

(おかげでメインクエストのフラグ、インスティチュート内の人物やらフラグやらが色々と不具合出て、コンソールで人物召喚やクエスト進行やら、アイテム入手(インスティチュートオーバーライド用のホロテープ)やらしなきゃいけなくなりました。

が、それもProject ValkyrieとOutcasts and Remnantsのクエストをやるには不必要でした。(一応インスティチュートのクエストを派閥分岐前までやりたいというワガママで無理矢理進行させました)

とあるので、ファーザーを呼ぶか、それともホロテープを出すかしてみよう。

まずはホロテープである。

player.additem 0017e1bf 1

その後はエレベーターを乗り継ぎ、ショーンのいる部屋へ。

そしてショーンの部屋の反対側のドアから出ると、インスティチュートの回廊に出た。

これでとりあえずは、インスティチュートを歩き回れる。

もっともこの状況では、各クエストなどはしっちゃかめっちゃかな状態なので、その整合のためには、NPCの呼び寄せやクエストのつじつま合わせ、アイテムのspawnなど、コンソールのお世話になりそうである。

ともあれ、一応インスティチュートには入れたので、ここでテストプレイは終了である。

Nuka-Worldをクリアしたら、又ここへ来られるのだ。

おっと、その前にバルキリのアパートに行って、彼女を連れてこなければ。

わくわくわく・・・

■サファリアドベンチャー

残りのゲータークローを退治するのだが、後5匹位か。

全てのゲータークローを退治すると、「シートーとその家族に対処しろ」となる。

? 対処とはなにをするのか?

これはシートーとの会話での選択肢らしい。

動物園をレイダーと共有させる

銃を向ける

サファリアドベンチャーから去れ


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその30へ続く。


0

2019/4/15 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその28

--------------------------------

サファリアドベンチャーで、シートーというターザンと出会い、彼の家族(ゴリラである)を守るために、ゲータークローを撃滅する所からである。

■サファリアドベンチャー

大きな三角形の家は、サファリアドベンチャー受付センターらしい。

中に入り、従業員用ターミナルを起動すると、「アングリーアナコンダについて、シートーに聞け」となる。

先程シートーは一緒に行くと言っていたのだが、1人で行くを選んだのを後悔した。

どうやら博士は誘拐されて、そこに閉じ込められているらしい。

ともあれ霊長類ハウスに戻らなければならない。

シートーの話では、アングリーアナコンダとは動物ではなく、建物の名前だそうだ。

大きなヘビのような形をした建物だという。

■アングリーアナコンダ

大きなヘビのような形をした建物とは、コースターの線路だった。

クリックすると元のサイズで表示します



ここで博士のパスコードを探すことになった。

「AFADのカギ」はトレーラーの屋根にあるAFADのダッフルバッグの中に入っていた。

そして、パスコードはその下のトレーラー内にあった。

これでタスクは「クローン施設に入れ」となる。

クローン施設は、サファリアドベンチャー受付センターにあるらしい。

■クローン施設

従業員専用ターミナルにアクセスし、「ヌカ発生再現施設の扉を開錠」を選択してドアロックを解除すると、ドアが開き、「不調なクローン装置を停止させる」となる。

延々と階段を下って地下におり、クローン装置を見つけて不調なクローン装置を停止させると、「残りのゲータークローを退治しろ」となる。

しかし、残りのゲータークローは20匹もいる。

まず5匹退治、後15匹である。

残りのゲータークローはここではなく、霊長類ハウスやその近くにいるようだ。

■サファリアドベンチャー

ここで前のコモンウェルズのデータからロード、虹モヒカンさんの情報を試してみた。

---------------------------
 Public Works MaintenanceのMOD説明を見ましたが、ケロッグをもう始末されているとの事でしたら、

説明通りミニッツメン版のThe Nuclear Optionのクエストで通るエリア(CIT廃墟の東側にある

「公共事業用メンテナンスエリア」)からインスティチュートに入れる様になっているのではないでしょうか。

---------------------------

というものである。


グリーンテック遺伝子研究所のやや東にある橋の近くで、川に飛び込むと、やはりトンネルがあった。

クリックすると元のサイズで表示します

進むとマップ移動となり、水面上に出られた。 

マップ名は公共事業メンテナンスエリアとなっている。

クリックすると元のサイズで表示します

左手の端末を操作すると中には死体があり、キーボード用のコードを持っていた。

次ぎにキーボードを操作してから、左手の水中を進む。

クリックすると元のサイズで表示します

上から水が滝のように落ちている所を過ぎ、さらに排水溝を進む。

クリックすると元のサイズで表示します


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその29へ続く。

0

2019/4/13 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその27

--------------------------------

ようやく20個のスターコアを集めて、メインフレームに辿りついた所からである。

■スターポート・ヌカ

ところがここで珍事発生。

今使っているゲーム用でないマウスは、太古品なので具合が悪く、センターボタンが軽すぎてすぐロック状態になってしまう。

これがロックされると、カーソルを動かすと画面全体が動いてしまい、非常に使いづらいので、x mouse というフリーソフトを導入した。

これはマウスの各ボタンに動作を自由に設定できるのだが、使い勝手が悪く、センターボタンに「何もしない」を設定した(つもり)なのに、左ボタンが「何もしない」になってしまった。

これは非常にまずい。

つまり、マウスの動作で決定ができないのだ。

しかも、x mouseにはキーボードのショートカットがついていないので、キーボードで設定しなおすこともできなす。

さらには、このツールは全てのマウスを、同様に設定してしまうので、他のマウスでも解除ができない。

しかもこのx mouseはファイルにロックがかかっていて、設定ファイルの削除ができない。

結局、unlockerでファイルの動作を解除し、その後で削除となった。

現在は、ジュラ紀の遺物ロジクールmx300を引っ張り出し、G500、G700、X9とマウスごとに個別の設定にして解決した。

やれやれホッ・・・

この騒動で、朝の忙しい時間を大分無駄にしてしまった。

閑話休題、スターポート・ヌカでメインフレームに辿りついた所からである。

メインフレームとその周囲にある装置に、スターコアをはめ込むのだが、入れる位置はどこの装置でもよいらしい。

特にどの装置が何の機能を担当している、ということではないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します



そしてメインフレームを起動し、防衛モードを起動して、「ロボットの停止」を選択すると、ようやくこのスターポート・ヌカのクエストは完了し、ギャング共の旗を揚げることになった。

今回はパックスを選んだので、これでオペレーターズとパックスが一つずつの旗となった。

■サファリアドベンチャー

次はサファリアドベンチャーにしてみた。

到着と同時にゲータークローという、デスクローの弟分のようなミュータントに襲われるが、それを倒すと「ゲータークローがはびこる原因を調査する」というタスクになる。

サファリアドベンチャーの正面入口近くで、シートーという男に出会った。

彼は一種の原始人なのだろうか、上半身裸で槌のような武器を持っている。

そして「ゲータークローを倒してくれてありがとう」と、たどたどしい話方で礼を述べた。

ゲータークローは、彼と彼の家族を襲うので、困っていたそうだ。

そして彼の後についていくと、霊長類ハウスに入っていった。

そしてこれが家族だと言うのだ。

クリックすると元のサイズで表示します



これはシートーではなく、ターザンと言った方が正しいのではないか。

このジョークは真実だった。

シートーの言うことには、彼は子供の頃、彼と同じ人類の家族と生き別れになり、ゴリラに育てられたのだ。

その家族は彼を守ってくれ、水と食物をくれたのだ。

なるほど、これは家族である。

そして、ある日老人が現れた。

その老人は自分がゲータークローを作ったと言ってシートーに謝り、光るものをくれた。

それはゲータークローから身を守るもので、シートーはそれを主人公にくれた。

それは「Dr.マクダーモットの日誌」のホロテープだった。

それを聞くとシートーと話すことになり、老人は大きな三角形の家からきたという。

つまりそこがクローンの工場らしい。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその28へ続く。

0

2019/4/13 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその27

--------------------------------

ようやく20個のスターコアを集めて、メインフレームに辿りついた所からである。

■スターポート・ヌカ

ところがここで珍事発生。

今使っているゲーム用でないマウスは、太古品なので具合が悪く、センターボタンが軽すぎてすぐロック状態になってしまう。

これがロックされると、カーソルを動かすと画面全体が動いてしまい、非常に使いづらいので、x mouse というフリーソフトを導入した。

これはマウスの各ボタンに動作を自由に設定できるのだが、使い勝手が悪く、センターボタンに「何もしない」を設定した(つもり)なのに、左ボタンが「何もしない」になってしまった。

これは非常にまずい。

つまり、マウスの動作で決定ができないのだ。

しかも、x mouseにはキーボードのショートカットがついていないので、キーボードで設定しなおすこともできなす。

さらには、このツールは全てのマウスを、同様に設定してしまうので、他のマウスでも解除ができない。

しかもこのx mouseはファイルにロックがかかっていて、設定ファイルの削除ができない。

結局、unlockerでファイルの動作を解除し、その後で削除となった。

現在は、ジュラ紀の遺物ロジクールmx300を引っ張り出し、G500、G700、X9とマウスごとに個別の設定にして解決した。

やれやれホッ・・・

この騒動で、朝の忙しい時間を大分無駄にしてしまった。

閑話休題、スターポート・ヌカでメインフレームに辿りついた所からである。

メインフレームとその周囲にある装置に、スターコアをはめ込むのだが、入れる位置はどこの装置でもよいらしい。

特にどの装置が何の機能を担当している、ということではないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します



そしてメインフレームを起動し、防衛モードを起動して、「ロボットの停止」を選択すると、ようやくこのスターポート・ヌカのクエストは完了し、ギャング共の旗を揚げることになった。

今回はパックスを選んだので、これでオペレーターズとパックスが一つずつの旗となった。

■サファリアドベンチャー

次はサファリアドベンチャーにしてみた。

到着と同時にゲータークローという、デスクローの弟分のようなミュータントに襲われるが、それを倒すと「ゲータークローがはびこる原因を調査する」というタスクになる。

サファリアドベンチャーの正面入口近くで、シートーという男に出会った。

彼は一種の原始人なのだろうか、上半身裸で槌のような武器を持っている。

そして「ゲータークローを倒してくれてありがとう」と、たどたどしい話方で礼を述べた。

ゲータークローは、彼と彼の家族を襲うので、困っていたそうだ。

そして彼の後についていくと、霊長類ハウスに入っていった。

そしてこれが家族だと言うのだ。

クリックすると元のサイズで表示します



これはシートーではなく、ターザンと言った方が正しいのではないか。

このジョークは真実だった。

シートーの言うことには、彼は子供の頃、彼と同じ人類の家族と生き別れになり、ゴリラに育てられたのだ。

その家族は彼を守ってくれ、水と食物をくれたのだ。

なるほど、これは家族である。

そして、ある日老人が現れた。

その老人は自分がゲータークローを作ったと言ってシートーに謝り、光るものをくれた。

それはゲータークローから身を守るもので、シートーはそれを主人公にくれた。

それは「Dr.マクダーモットの日誌」のホロテープだった。

それを聞くとシートーと話すことになり、老人は大きな三角形の家からきたという。

つまりそこがクローンの工場らしい。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその28へ続く。

0

2019/4/13 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその27

--------------------------------

ようやく20個のスターコアを集めて、メインフレームに辿りついた所からである。

■スターポート・ヌカ

ところがここで珍事発生。

今使っているゲーム用でないマウスは、太古品なので具合が悪く、センターボタンが軽すぎてすぐロック状態になってしまう。

これがロックされると、カーソルを動かすと画面全体が動いてしまい、非常に使いづらいので、x mouse というフリーソフトを導入した。

これはマウスの各ボタンに動作を自由に設定できるのだが、使い勝手が悪く、センターボタンに「何もしない」を設定した(つもり)なのに、左ボタンが「何もしない」になってしまった。

これは非常にまずい。

つまり、マウスの動作で決定ができないのだ。

しかも、x mouseにはキーボードのショートカットがついていないので、キーボードで設定しなおすこともできなす。

さらには、このツールは全てのマウスを、同様に設定してしまうので、他のマウスでも解除ができない。

しかもこのx mouseはファイルにロックがかかっていて、設定ファイルの削除ができない。

結局、unlockerでファイルの動作を解除し、その後で削除となった。

現在は、ジュラ紀の遺物ロジクールmx300を引っ張り出し、G500、G700、X9とマウスごとに個別の設定にして解決した。

やれやれホッ・・・

この騒動で、朝の忙しい時間を大分無駄にしてしまった。

閑話休題、スターポート・ヌカでメインフレームに辿りついた所からである。

メインフレームとその周囲にある装置に、スターコアをはめ込むのだが、入れる位置はどこの装置でもよいらしい。

特にどの装置が何の機能を担当している、ということではないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します



そしてメインフレームを起動し、防衛モードを起動して、「ロボットの停止」を選択すると、ようやくこのスターポート・ヌカのクエストは完了し、ギャング共の旗を揚げることになった。

今回はパックスを選んだので、これでオペレーターズとパックスが一つずつの旗となった。

■サファリアドベンチャー

次はサファリアドベンチャーにしてみた。

到着と同時にゲータークローという、デスクローの弟分のようなミュータントに襲われるが、それを倒すと「ゲータークローがはびこる原因を調査する」というタスクになる。

サファリアドベンチャーの正面入口近くで、シートーという男に出会った。

彼は一種の原始人なのだろうか、上半身裸で槌のような武器を持っている。

そして「ゲータークローを倒してくれてありがとう」と、たどたどしい話方で礼を述べた。

ゲータークローは、彼と彼の家族を襲うので、困っていたそうだ。

そして彼の後についていくと、霊長類ハウスに入っていった。

そしてこれが家族だと言うのだ。

クリックすると元のサイズで表示します



これはシートーではなく、ターザンと言った方が正しいのではないか。

このジョークは真実だった。

シートーの言うことには、彼は子供の頃、彼と同じ人類の家族と生き別れになり、ゴリラに育てられたのだ。

その家族は彼を守ってくれ、水と食物をくれたのだ。

なるほど、これは家族である。

そして、ある日老人が現れた。

その老人は自分がゲータークローを作ったと言ってシートーに謝り、光るものをくれた。

それはゲータークローから身を守るもので、シートーはそれを主人公にくれた。

それは「Dr.マクダーモットの日誌」のホロテープだった。

それを聞くとシートーと話すことになり、老人は大きな三角形の家からきたという。

つまりそこがクローンの工場らしい。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその28へ続く。

0

2019/4/12 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその26

--------------------------------

ギャラクティックゾーンで、スターコアというものを20個集めろという、サドクエストに励んでいる所からである。

■スターライト・インターステラー劇場

ともあれ、スターライト・インターステラー劇場で2つ見つけたので、計3個。

後17個と思うと、深い深いため息が出る。

はぁ・・・・・・・

さらに2つ、計5個。

■Vault-Tec:アマング・ザ・スター

ここはVaultの宇宙版らしい。

宇宙服姿の人形があちこちに立っている。

そこのVaultへ入る通路脇で1つ、地下の居住区にある赤いソファの左の部屋で1つ、スターコアを入手した。

これで7つである。

前途遼遠・・・

さらにもう一つ、計8個。

ロックされたスライドドアを2つ抜けた部屋の端末に3つもあった。

これで11個である。

次はヌカ・ギャラクシーとしようか。

■ヌカ・ギャラクシー

ここは、ギャラクシーというだけに、宇宙空間をイメージしているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します


ロケット(といってもコースター)に乗る場所近くにまず1つ、その上のフロアでもう一つ、そこにある鍵をとり、その鍵で開けて入る部屋で1つ。

これで14個である。

さらに制御室で1つ、エイリアンがいる岩場の階段の踊り場でもう一つ、ようやく16個。

■ロブコ・バトルゾーン

中央コロシアムの中にある端末で2つ、2回の制御室で2つ。

ついに20個である。

■スターポート・ヌカ

息せき切って駆けつけるスターポート・ヌカ。

まずはセーブとセーブしようとすると、ここでフリーズ寸前、タスクマネージャを見ると、Fallout4は10GB以上のメモリを占有している。

そりゃ固まるだろうよ。

クロームその他メモリを食うアプリを全て終了し、暫く放置してようやくセーブできた。

やれやれ、ホッ・・・

今はサブマシンでのプレイである。

このマシンは12GBメモリなのだが、元々は8GBのところに、あり合わせの遅いメモリを突っ込んでいるので、動作はかなり重い。

ともあれ、なんとかメインフレームに辿りついた。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその27へ続く。

0

2019/4/11 | 投稿者: hal


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその25

--------------------------------

テーマパークのアトラクションの一つ、ドライロックガルチでパスワードで金庫を開けて鍵を取り、鉱山に入る所からである。

■ドライロックガルチ

ここは開拓時代の西部を模したテーマパークらしく、それで保安官などがいるのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します



■鉱山

鉱山の入口はトンネルではなく、普通のドアである。

中に入ると「ブラッドワームの発生源を駆除しろ」とクエストは変わるが、「駆除」とは生物そのものを退治することなので、「場所を駆除しろ」というのは、日本語として間違っている。

それを書くなら、「鉱山の発生源でブラッドワームを駆除しろ」だろう。

まあ、どうでもいいことだが・・・

右手の洞窟から進み、道なりに行くと多数のブラッドワームがいて、それを退治すると「保安官に報告しろ」とタスクは代わる。

■ドライロックガルチ

保安官に報告すると、「ミシシッピ川のこっちで随一の保安官補になったな。何時でも戻って来てくれ」と褒められた。

ここで気がついたのだが、このサブクエストはテーマパークでのアトラクションを模していたのだ。

こうして「ギャングを配置しろ」となる。

得られるPerkから見て、1にオペレーターズ、後はどうでもよいが、強いて言えばパックスか。

ここではオペレーターズにすることにした。

配置するには、この旗竿をFキー押しである。

それにしても、空中で4足を動かすとは、ドッグミートは器用な歩き方をするな。

クリックすると元のサイズで表示します



■ギャラクティックゾーン

次はギャラクティックゾーンである。

着くと同時に「star control 闘いの後を調べろ」というクエストが出た。

トレーダーとロボットの間で戦闘があったようだが、その痕跡を調べろ、というものである。

ティアナという女性を調べると日誌があり、それによると「star controlを調べるのが楽しみだ」とある。

スターコントロールとは、メインフレームらしいが、その内容は不詳である。

そしてクエストは、「スターコントロールを探せ」となる。

■スターポート・ヌカ

ここがそのスターコントロールのある所らしいが、やたら沢山のロボットが敵対してくる。

しかも、マーカー地点には下に降りなければならないのだが、その下り口が見つからない。

ようやく最下層まで降りると、「スターコントロールを探せ」は完了となり、「メインフレームを調査する」となる。

これがそのメインフレームらしい。

クリックすると元のサイズで表示します



起動すると「スターコアがない 起動には最低1つのスターコアが必要」というメッセージが出た。

そのスターコアは、すぐ近くで死んでいるケンダル・アルストンという男の傍に落ちていた。

メインフレームの横にあるスロットに、そのスターコアを装着し、再起動すると、「1個では機能しない」というメッセージが出る。

今度はスターコア探しである。

ギャラクティックの内外で、20個ほどスターコアを見つけなければならないらしい。

ところがこれがとんでもないクエストで、スターポート・ヌカ内は勿論、ギャラクティックだけでなく、Nuka-Worldのあちこちを飛び回って、集めねばならないというものである。

この手の物量タスクは大嫌いなのだが、しょうがない。

それにこのスターコアは、player.additemで出してもクエストはクリアにならないし、FO4editで調べても、そのIDではエラーになるという、困ったアイテムである。


Fallout4のDLC Nuka-Worldと新MOD詰め合わせプレーその26へ続く。


0




AutoPage最新お知らせ