2013/12/5

人気者になれないマイナー怪獣よ……ここ(ソフビ売り場)に集まれェッ!  【シリーズ】バンダイ定番ソフビ


ウルトラ怪獣500 キングクラブ
ウルトラ怪獣500 ジャシュライン
ウルトラ怪獣500 ハンザギラン
ウルトラ怪獣500 ゾアムルチ
ウルトラ怪獣500 ミラクル星人
ウルトラ怪獣500 ドラコ

(バンダイ)  各\525
ウルトラ怪獣DX スーパーグランドキング(SD)
(同上)  \1575



すっかりお久しぶりになりましたが、「今欲しいものリスト」上位を占めていた怪獣ソフビをとりあえず7体買って参りました。流行に完全に出遅れております。

実は返り咲き組、キングクラブ!(返り咲き=何年何十年の時を経てソフビ売り場に戻って来た怪獣のことを勝手にそう呼んでおります)

劇場SPに登場したタイラントの尻尾さん。両腕に加えて口(?)の鋏も回転。





ジャージャジャッジャージャッジャー!!シュラシュラ!!イン!!

放映当時の不遇を晴らさんと、今ソフビ売り場を凱旋するメビウス怪獣たちの勇姿!!ジャシュライン、塗装箇所の少なさで損をしてますが造形はイイですよ!


この、「どう見てもどっかの古代遺跡の奥深くに祀られている神様風の出で立ちに全然関係なく付加された宇宙ストリートファイトのファイター設定のチグハグ感」がいかにもウルトラワールドらしくて良いんだな。



ハンザギラン。

ほんとに味わい深い姿ですね。

乱暴に遊んでも大丈夫にと言う配慮が為されたやわらか〜い造形。堂々ソフビ化のハンザギランでガンガン遊んでやりましょう、全国の超獣ファンの皆さん!



ゾアムルチ。


登場回放映に併せて、敢えてのゾアムルチ。多分普通のムルチの方が多くの人にウェルカムされたかもしれません、が、わたしはゾアムルチの初立体物がこうして世に出た事が嬉しくってならないですよ。



ミラクル星人。これぞミラクル!


ウルフェスにて当時の着ぐるみが良好なコンディションで保存されているのが確認出来たこの人!ソフビとの相性が相当いいデザインだったようで、その魅力を再発見。これは新定番として良いですね!



ドラコ。

返り咲き組に見せかけて実はソフビ化初!なドラコ。数十年前バンダイが発売したのが再生ドラコだった時と同様、やはり背中の羽の再現がネックだった様で、折り畳まれた状態で造形されています。


カッコイイ!既存のベムスター&サラマンドラと併せ、銀河伝説の光の国襲撃トリオが勢揃い。



そして、ギンガのクライマックスを飾るスーパーグランドキング!

【ハイパーゼットンギガント】
に続くデカブツですが、恒例の箱入りではなく裸にタグ打ち付けで値段も下がり、どちらかと言うと昔のムービーモンスターシリーズっぽい雰囲気。


¥500ソフビ3個分の値段でこのボリューム!素晴らしいです。


身長は¥800時代の平均と言った感じですが、尻尾まで含めた全長が破格。


重厚な銅色のボディが高級感を醸し出しております。大きさ、ディテールの緻密さも相まって大迫力のソフビ!

左腕は肘も可動します。


大きい怪獣は触っててすご〜く幸せになれます!タイラント、アースゴモラも楽しみ♪






強化前は意外と流麗なデザインだった事に気付きます。本編での活躍ぶり(テレ東は来週!)が楽しみですね!







2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ