another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saty
加藤さん、ご無沙汰です。

確かに、誰かが調剤業務をしないと病棟に行けないです。
昔は考えられなかったことですが、最近では一番偉い人が留守番をしてくれる施設が増えているらしいです。

加藤さんに留守番させるのは、なんだかもったいないですね。
投稿者:加藤
ご無沙汰しています、東埼玉の加藤です。

偉くない私ですが、病棟での薬の説明をしなくなってから、なんのかんので10年近くたっています。

一つ目の病院から転勤するときに患者さん、病棟の婦長さん(当時)、看護婦さん(当時)、医師(せんせい)方から「よく頑張ったね。いなくなるのは残念だけど、たくさん勉強して偉くなって帰ってきて♪」と送り出されたのに、一体何をしているのだか…です。

患者さんから、「加藤さんがいてくれて良かった」と言われたのを心の支えにしてきましたが、病院に戻ってからも薬局から出れない毎日にくじけそうになります。(T_T)

誰かが病棟に出て仕事をする間、ほか誰かが従来からのルーチンをして薬局を守らなくてはなりません。

時代は変わって来ているのかと思ったのに私はまだ後方支援の留守番部隊です。

(T_T)(T_T)(T_T)

患者さんと話がしたいです。
他のコメディカルと顔を合わせて仕事したいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ