another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saty
実は工学部志望だった私ですが、薬学部に補欠で入れてやると言われたので薬学部に入りました。
薬剤師になったら病院薬剤師のイメージしか持ってなかったので現在に至ります。
私の人生、行き当たりばったりです。
投稿者:加藤
ちょうど私が学生だった時に薬剤師の病棟業務が始まりました。
なんとなく、どこかでは始まったらしい…くらいの状況で、病院実習で薬剤師の仕事を見て、病院薬剤師なんて薬剤科の部屋にこもって薬の取り揃えをする仕事なんて学研のオバサンみたいなもんじゃない?これから広がるという服薬指導って仕事だったら病院勤めでも良いけどさぁ〜
なんて頬杖をついていたのを思い出しました。

その後、希望していた研究職の就職に挫折して、女なんて結婚したら仕事は続けられないし、子持ちのおばちゃんになったときに調剤が出来ると潰しがきくから…と何となく病院勤めはじめて今に至ります。

その仕事だったら…と頬杖をついていた私には「仕事をする自分」しかイメージ出来ていなかったような気がします。
病棟業務、がんなど専門や認定薬剤師を目指して医者崩れみたくなる若いヒトをみると複雑な気持ちになります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ