another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:加藤
悩んでいる患者さんや患者さんの家族に対して、街の薬剤師が出来ることが広がったと、好意的に解釈することも出来そうです。

一方で、街の薬剤師さんが良かれと思って?患者さんに勧めた健康食品に対してコメントを求められて、参ったなぁと思うことも少なくなくて…

患者さんの希望のモノで、薬剤師の営利目的で利用されるモノなければ、良いと思います。
投稿者:saty
日薬の幹部の事情がどうであるのかよくわかりませんが、開局薬剤師さんとしては実施してもいいとお考えになっているのですね。

この訂正のコメントが後ろ向きな発言としてとらえられているということは、実施することについてやぶさかではないと考えられているということでしょうか。

もしもそうだとしても、会員全員の総意になるかどうかが問題かと思います。
投稿者:アポネット
準備不足といえばそれまでですが、介護保険に「介護予防事業」が導入されてから、青森県などで試行事業が行われており、一定の活動成果も上がっているはずです。

WEBをみると、一部の自治体でも取り組み事例として紹介されたり、議会でも質問されていて、この事業に対しては期待が高いと考えるべきです。ですから、私は日薬会長のこの後ろ向きのコメントには疑問を感じざるを得ません。

むしろ、こういった記事が出た以上、取り組みの意義を全国の会員に訴えて、私はむしろ地域を挙げて全国的に積極的に取り組むべきではないかと思います。そうしてこそ初めて、職能団体としての「薬剤師会」の存在意義が示されるのではないでしょうか。とても残念でなりません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ