another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Dr
この事件はコメディカルが馬鹿じゃないと絶対に起こりえない。それなりのレベルの病院だということだ。
投稿者:yukki
同じ看護師として驚くばかりです....
いくら確認してDrがOK出したとしても
なぜこの患者にサクシン?という疑問を最後まで
確認しなかったのでしょうか。

とは言っても、明日は我が身....
投稿者:Dr.
「本当にサクシニルコリンでいいのですか?」とか「本当にアセチルコリンの拮抗剤のサクシニルコリンでいいのですか?」と聞いていれば、違ったかもしれない。
しかし、ほんとうは、アステラスが「はサクシンに名称がにており、商標権侵害である。使用差し止めを要求する」と訴えていれば良かったと思う。「サクシンは名前から作用機序までわかっていいなまえだったのに。
投稿者:サクシゾンとサクシン
変更理由
医薬品の取り違え防止対策の一環として薬効分類名と日局名称を目立たせました。

http://med2.astellas.jp/med/jp/basic/packaging/2004/Y776/776.pdf
投稿者:saty
「←同業者としてのギリギリのいたわり?って感」ってところに反応しました。

むやみにいろいろ好き勝手書けないんですよ〜
実名を出しているのと、結構皆さんが来ていただいている手前。

考えながら、こんな事書いていいのかなあと思いつつ、日々書いているところです。

確かに院内では先生に気を遣いながらでも連絡をとっていますが、調剤薬局の薬剤師さんにとって病院に問い合わせをするってことは高いハードルがあるのかもしれませんね。
投稿者:ずんこ
「ここでひょっとして間違いではないかと、ピンとくるかこないかは薬剤師としてのセンスの問題かなとも思われます」←同業者としてのギリギリのいたわり?って感。
院内処方って病名はすぐ分かりますか?院外処方箋では、病名はまったく分かりません。処方箋に記載されている薬剤から病気を判断し、患者サンに服薬指導するのです。おなじみさんなら、体調の変化までいろいろ分かります。でも、新患さん、一見さん(?)では、処方箋に記載されている薬剤が誤りであった場合、それを見抜くのは、それこそ、薬剤師のセンス!? 確かな病名を知りえず、投薬する街の保険薬剤師。病院薬剤師からみたら、こわくない? さらに、疑義照会でもDrの顔も見えず、直接話せることなんてまずありません。ましてや、処方医からの返答でなく、病院の薬剤部の判断の返答であったりしたこともあり、患者さんとのつじつまが合わず、えっ、何だって?ってこともあり… 広域で受け付ける処方箋は、マジこわいことがあります。
明日はわが身!

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ