another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saty
まいけるさん、コメントありがとうございます。

諸外国では、救急車が無料で呼べるところが少ないようですね。

Dr. Iさんのブログ、「健康、病気なし、医者いらず」に詳しくでています。

http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/blog-entry-332.html
投稿者:まいける
スイス勤務時代に、救急車を利用しました。 有料である事は聞いていましたが、連絡した際にも確認されました。 もっとも、加入していた医療保険で、救急車による搬送が必要だった事を了解してもらえたので、実質的な負担は生じませんでした。同様な工夫は可能に思えます。
投稿者:saty
救急車を呼ぶと、あのサイレン音のおかげで近所で大騒ぎになるので、呼ぶのをためらうという話を聞いたことがあります。

でもタクシー代わりに使う人は、そんなことお構いなしなんでしょうね。
投稿者:加藤
1月3日、母が足を骨折したとき、タクシーで病院に行こうと思ったんですが、痛みの強さに身動きが出来ず、一度きてもらったタクシーに帰ってもらって、救急車を利用しました。
幸い、変な利用者はいなかったようで、救急車にはすぐに対応してもらえました。

こういう記事を見ていると、やはり有料にして、申請性のタクシー券件、救急車券みたいにして、本当に必要な人が利用できるようにすべきですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ