another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saty
医師にとってはだんだんと厳しい感じになってきそうですね。
投稿者:もと依頼人
 適応外使用していなければ医師の責任は問われない(ただし、患者に対し適切に情報提供されていたかどうかが問題にはなるが)はずですが、この報告によって医師が処罰されるようになると、効能拡大の可能性が見込めなくなりますね。

 世界的には、適切なICの上、医師の裁量でトライすることは許容されており、その結果から本格的な市販後臨床試験が組まれることが多いのですが、このようなきっかけ、機会が失われそうです。

 もちろん、効能拡大によって、欧米では薬価を高く設定され、製薬企業の収益の増大が見込まれるが、患者にも役立つのではないでしょうか。
投稿者:加藤
副作用報告に対する企業からのモニタリングや書類作成に多忙な医師が対応しきれないと言うこともありますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ