another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:もと依頼人
 やっぱり教育の不十分さによる認識不足でしょうかね。

 微生物の教授から次のような話を聞いたことを思い出します。「臨床医から、『病原微生物を研究していて危険ではないか』と言われたが、こちらは『何を扱っているか』承知しているため、危険とは思わない(当然、万が一の感染に備えた対策も念頭にある)。

 むしろ『どのような感染症の患者か』診断がつくまで不明な患者に対面している臨床医の方が危険性が高い」と。

 普段このような状況にあるわけだが、「新型インフルエンザの流行」と相手が確定しているなら、未知の場合に比べ準備なり、対応できる可能性が高いとは考えられないのだろうか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ