another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:saty
もと依頼人さん、その件に関してコメント頂けると思っていました。
ありがとうございます。

あくまで治験のなかのことは治験審査委員会で審議ですね。

また倫理審査委員会と治験審査委員会をひとつに、とのご提案ですが、広く臨床研究のなかの治験ということを考えなさいということだと受け止めました。

ひとつにするか、ふたつ別々に持つかはその施設ごとの考え方によって変わってくるのではないかと思われます。
投稿者:もと依頼人
 訂正
 :の後の「治験審査委員会」が「治験示唆委員会」とまちがっていました。訂正します。
投稿者:もと依頼人
 「治験審査委員会の審議だけでいいのか」:治験示唆委員会(当然GCP遵守でなければ依頼者は依頼しない)の本質的な役割は治験が科学的・倫理的に計画・実施されているかを審査する場ですから、本来の業務と言えるでしょう。

 歴史的経緯があるからかも知れませんが、施設の「倫理委員会」と「治験審査委員会」は別個にあるようですが、本来は一つの組織としてあるべきものではないでしょうか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ