another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:加藤
病院の薬剤師の加藤です。

患者=客(お客様)つながりの発想からの「患者さま」。
私も「患者さま」には違和感を感じています。
初めて会う人には「○○様ですか?」と自然に言えるんですが、何回も話していて、親しくなった患者さんに「○○様」とはよう言えないです。
一期一会の窓口でのお薬の手渡しだったら、親しい患者さんに対しても、「はいっ、○○様」って言えますが、ふざけた感じになりそうです。

お金をもらってサービスを提供しているわけですが、患者さんを顧客としては見えないんですね。
「○○様」で対応する仕事の部分と、「○○さん」の軽口を叩く仕事外の部分が混在してくる。

客商売と考えると、何度も顔を合わせている患者さんは大切な「お得意様」なのですが、「大切なおとの○○様」と言う呼称にはならない。
やはり「公」的、建て前としては「患者様」だろうと思います。
ただ、それに縛られるモノではないと思います。
投稿者:クニ坊
応対に一貫性があればどっちでもいいと思います。

「様」を使うとギャップが大きく感じるだけです。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ