another side of ”d-inf”

病院薬剤師による医薬品情報の個人的見解です
d-inf.orgサイトに載らない速報的なものや、まとめかけのものを掲載していきます

 
※ このブログは、速報的なものや、まとめかけの情報を扱っていますので、未確認、不確実な情報が含まれています。その点ご了解ください。
なお、薬のご質問にはお答えできません。

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

現在の閲覧者数

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:加藤
加藤です。

私の伝えたかったメッセージ、わかりにくかったですね。
(v_v)

まず、私は先入観を持つことは悪いことだと思っていないんですね。
普通のことだし、自然のことだし、むしろ必要なことだと思っています。

ただ、その先入観にしばられていたり、こだわっていると、見えるはずのモノも見えなくなると思っています。
縛られない、こだわらない、柔軟性が大事なんじゃないかという感想を持ちました。

佐藤さんのブログで、佐藤さんのメモ?にレスをつけているので、当然佐藤さんあてのメッセージでもあるんですが、インターネットとして外に向けたメディアでレスしているので、読んだ誰かに自分はどう思う?って、メッセージを投げているつもりになってます。

特定の誰か・何かに対する…っていうのは考えていませんでした。
投稿者:saty
あの人は苦手だなあ、あまり好きじゃないなあ、と思っても、それはあくまで自分の主観であって、他の人から見ると、素晴らしい一面があるんじゃないかと。

・・・誰か特定の人を差しているわけではありません。
投稿者:加藤
私は先入観というか、「予備知識」としてなるべく情報を収集しようと思う方です。

物事を滞りなく進めるために情報を集め、集まった情報の範囲で物事を評価するということは先入観を持っているとも言えると思います。

先入観を持って色メガネをかけてみてしまうので、時に第三者の意見を聞き(他の人を巻き込む)、自分の評価・結論に固執しないように心掛けています。

問題は「先入観」っていうより、「柔軟性」?
…生意気ですいません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ