2008/11/11

パリスタイル・エキシビジョン 写真  【お花の話】

六本木ヒルズで行われた「ベストフラワーアレンジメント・パリスタイルエキシビジョン」も盛況のうちに終了いたしました。
皆様、どうもありがとうございました!!

イベントに来られなかった方も、もう一度見たいと言う方にも、素敵な作品をご覧ください!
簡単に一言添えさせていただきました。



まずは、飾付け中の桃子です。笑顔が緊張しています。朝4時半に起きたので結構この時点でフラフラしています(><)
クリックすると元のサイズで表示します

全体像。このあと青木先生がまた少し配置などの手直しをしてくださいました。
クリックすると元のサイズで表示します


ふんわりと開花させたオレンジ色のバラ。マカロンの甘さも手伝って人気の作品でした。
クリックすると元のサイズで表示します


今回一番気になった作品?見る方がみんな触って行くのです!!そして、あ、プリザーブドだ!ってお顔をされます。ふふふ、結構いい気分。
クリックすると元のサイズで表示します


アモローサの「カブキ」を使ったヌードカラーのアレンジ。手染めリーフが柔らかさを出しています。
クリックすると元のサイズで表示します



ご自分で摘んできた花なども使った愛らしいブーケ。メインのバラは「イブ・クレール」
クリックすると元のサイズで表示します


これ、見えにくいのですが、ガラス花器の中にメリアが入っているのです。いつになく大人っぽい色合わせ。手染めのシルクの小花がかわいいです。
クリックすると元のサイズで表示します


ガーデニアと紫系のバラをメインに使ったアレンジメント。爽やかで、大人っぽい仕上がりです。
クリックすると元のサイズで表示します


白い菊は「アナスターシャ」あとで知ったのですが、この週は入荷がほとんど無かったのです。大田市場の中央花卉の社長さんが「良くありましたね?!」ってびっくり。それを聞いて私達もびっくり!!色合わせが爽やかなブーケです。
クリックすると元のサイズで表示します


ミストグリーンと白の組み合わせが個性的なブーケ。全てしっかり開花させています。
クリックすると元のサイズで表示します


今回支部で参加してくださった「里の花教室」の作品。エリック・ショヴァンがこのバラを気に入っていました!!
クリックすると元のサイズで表示します


「里の花教室」代表の作品。オールドローズに組直したこのバラ、思わず顔を近づけて匂いを嗅ぐお客様もいました!すごい素敵!
クリックすると元のサイズで表示します


落ち着いているのにゴージャス!スパークリング・ヘーゼルを選んだのは大正解!でしたね。
クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ