(↑夏時間(DST)期間は欧米等の時間に1時間プラスしてください)
asktakaのTwitterブログはこちら

2005/6/30

ラ・ベットラ・ビス  グルメ

今日のランチは、「日本一予約の取れないイタリア料理店」ラ・ベットラ・ダ・オチアイ(銀座1丁目、京橋公園のそば)と決めて、予約なしで狙い目の午後1時半過ぎにお店に行きました。だが、タッチの差で満席でランチはお仕舞いということで、近所にある姉妹店、ラ・ベットラ・ビスに案内されました。2時半頃には空くということでしたが、近所を散歩しているとすぐ携帯に電話がかかってきて、2時過ぎにはテーブルに着くことができました。

ラ・ベットラ・ビスのビスは「おかわり」なので、ベットラ(=食堂)を「おかわり」という意味だそうだ。ランチ・メニューは1,000円のパスタのみと前菜とパスタで2,000円(いずれも消費税別)の二通りですが、後者をいただきました。前菜は私はローストポーク、ワイフは水ナスのサラダでしたが、水ナスが予想以上に美味でした。パスタは私は自家製ソーセージのトマトソースベースのスパゲッティ、ワイフはカラスミと小柱のスパゲッティでした。私の頼んだ方は、まぁ普通でそれほど感動しませんでしたが、カラスミのパスタは小柱との微妙なハーモニーを醸し出して私好みの味でした。ワイフが先にカラスミに決めたのでしょうがないですね。結論を言えば、コストパフォーマンスのよい店です。

夜はラ・ベットラ・ダ・オチアイもビスも4,000円弱で前菜、パスタ、メーンの3点を選択できます。何といっても、この値段で結構美味しいイタ飯がいただけるのが人気の秘密です。だが、席数が20席足らずで、本店の場合は通常のディナータイムの予約がとれない点がポイントだと思います。ラ・ベットラは予約が取れないという伝説が稀少性を生み、これが「この値段でこの味」という感動と相俟って人気の源泉になっているのです。

聞くところによると、落合シェフが今でも厨房の中でフライパンを握っているそうで、道理で味が維持できているはずです。幾多の例があるように有名シェフ(調理人)になると、多店舗展開やテレビ出演などで本業がおろそかになる人が多いですからね。

いずれにしても今度は本店のディナーに行きたいと思うのですが、何ヶ月も前から予約するのもちょっとね。午後9時過ぎの空きを狙うという手かな。

ビスの方はまだ予約しやすいようなので、関心のある方は先ずこちらをトライしてみてはいかがでしょうか。メニューも素材も大分共通しているようですから。
1



2007/1/31  10:48

投稿者:asktaka

orangeroseさん、はじめまして!なかなか楽しいブログですね。これからもよろしく!

2007/1/31  10:20

投稿者:orangerose

はじめまして。おいしそうですね。私も行ってみたくなりました。よろしく!

http://ameblo.jp/orangerose100jp/entry-10016065306.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ