建築商売!?

家作りは難解だ!困難だ!でも楽しい!
設計者かく語りき。。

家作り、そして住まいにまつわるエトセトラを設計者の立場から綴ります。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

自己紹介など

はじめまして、ismasaです。 設計者(一級建築士)です。 ここでは建築・家作りについて設計者の立場で率直に書いていきたいと思っています。 ブログタイトルは敬愛する作家、故・池波正太郎さんの著作よりお借りしました。 記事内容で不明な点、一般的な質問などありましたらお気軽にお書き込みください。 もちろん直接メールいただいても結構です。 ishigemasanobu@hotmail.com

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ismasa
こんにちは。
ストックホルムは是非行ってみたい都市のひとつです。
建築が自分たちの文化であると自覚しているのですね、素晴らしい。

コペンハーゲンに行ったとき、ボーダムのお店ではじめて「Give up bad design for good!」というキャッチコピーを見つけました。
素敵な生活のためにはカッコ悪いのはごめんだわ!というフレーズを見たときは、ちょっと感動しました。
北欧デザインが素晴らしいのは、無理はしないのだろうけれど、皆が努力しているからなんだ、と。

もちろんコピーは商業的なものですが。

http://hello.ap.teacup.com/architecture/
投稿者:C.C
アスプルンドのストックホルム図書館なら一度行ったことがあります。
緩やかな階段をのぼりエジプトの神殿みたいなエントランスからロタンダになっている円形のホールまでのアプローチは実にスリリングなものでした。
ミュージアムショップみたいな売店に図書館の簡単なガイド本を見つけました。
20数ページの薄い本ですが、アスプロンドのドローイング(平面図と断面図)と家具備品の写真も豊富で記念にはちょうど良い本なので1冊買うつもりでしたが、なんと、これが無料のパンフレットでした。
さすが福祉の国、やることが一味違います!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ