建築商売!?

家作りは難解だ!困難だ!でも楽しい!
設計者かく語りき。。

家作り、そして住まいにまつわるエトセトラを設計者の立場から綴ります。

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

自己紹介など

はじめまして、ismasaです。 設計者(一級建築士)です。 ここでは建築・家作りについて設計者の立場で率直に書いていきたいと思っています。 ブログタイトルは敬愛する作家、故・池波正太郎さんの著作よりお借りしました。 記事内容で不明な点、一般的な質問などありましたらお気軽にお書き込みください。 もちろん直接メールいただいても結構です。 ishigemasanobu@hotmail.com

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:設計者 ismasa
地方の、新たに開発された住宅地ですし、周辺環境にも恵まれていますので、塀を廻さなくても成立していると思います。
但し、隣地に境界塀が立てられたときにどう変化するのか興味があるとともに、不安にも思うところです。

一応、将来的な外構計画のスケッチもお渡ししています。
投稿者:C.C
垣根なしと言うのはカッコいいですね。
フツー日本人は自分の場所を囲いたがるのですがこれはアメリカ郊外の住宅みたいです。
投稿者:設計者 ismasa
お褒めいただきましてありがとうございます。

建築主とは不思議なくらい僕と好みが合うことが多かったように思います。
敷地境界の位置がはっきりしているので、つまり所有の境界を改めて示す必要はないので無粋な囲いはやめましょう、と先ずは僕が提案しました。
建築主もよくあるコンクリートブロックは嫌だったらしくとりあえずは何もない状態で暮らしてみようと言うことになりました。
投稿者:C.C
青空と芝のせいか、まるで北欧のおうちみたいな雰囲気ですね。
白と木とブルーグリーン?のコントラストが簡素な中に機能美を感じさせます。
垣根が無いのもおしゃれですがこれは注文主さんの好みでしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ