建築商売!?

家作りは難解だ!困難だ!でも楽しい!
設計者かく語りき。。

家作り、そして住まいにまつわるエトセトラを設計者の立場から綴ります。

 

カレンダー

2021年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

自己紹介など

はじめまして、ismasaです。 設計者(一級建築士)です。 ここでは建築・家作りについて設計者の立場で率直に書いていきたいと思っています。 ブログタイトルは敬愛する作家、故・池波正太郎さんの著作よりお借りしました。 記事内容で不明な点、一般的な質問などありましたらお気軽にお書き込みください。 もちろん直接メールいただいても結構です。 ishigemasanobu@hotmail.com

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

RSS取り込み1

RSS取り込み2

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:設計者 ismasa
工事向き(?)の季節と言うのは難しいですね。
現実的には1年中工事は行なわれていますから。

それよりもC.Cさんおっしゃるように「台風シーズンの前に外装を仕上る」といったその季節ごとの対処法で乗り切っていると思います。
雨の多い季節は天気図とニラメッコしつつコンクリート工事の日程を決めたり。
基本的には外壁、屋根までできてしまえば内装は安心して工事できますね。

家作りドキュメントの上棟のページで書きましたが、上棟後も職人たちは急かされるように屋根下地工事を続けていました。
やはり外回りは早く形を作ってしまいたいという思いだったのだと思います。

蛇足ですが、上棟の翌日に通り雨に降られたことがあります。その時は和室が多い家だったので化粧柱が気になって現場へ行くと大工さんが一生懸命濡れた柱をタオルで拭いていました。
化粧柱に雨の後が残らないようにするためですね。
僕も大工さんと並んで一緒に柱を拭き続けたのはいい思い出です(笑)。
投稿者:C.C
外装工事が進むと完成が近いという感じですが、まだまだ工事はつづくのですね。
ところで住宅を建てるのは一年のうちでいつごろが良いという時期があるのですか?
冬は寒くて乾きが悪いとか、台風シーズンにかからないうちに外装は仕上てしまうとか。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ