2009/7/26

ブルースディッキンソン(ソロ)  

で昨日コニャックさんのかけてたブルースのソロ

ブルースがメイデンに復帰してからの2005年に出したソロアルバム『TYRANNY OF SOULS』からの"Abduction"って曲が素晴らしく

Abduction/BRUCE DICKINSON

http://www.youtube.com/watch?v=4A3jM3W6mCc&feature=PlayList&p=2C63B97D5A2C957D&playnext=1&playnext_from=PL&index=14

いいすねー 『ACCIDENT OF BIRTH』に入ってる"ROAD TO HELL"的はメイデンちっくなこの楽曲

も一曲

Soul Intruders/BRUCE DICKINSON

http://www.youtube.com/watch?v=_-3ikynST6c&feature=PlayList&p=A43C108628A336BA&playnext=1&playnext_from=PL&index=47

これも『ACCIDENT OF BIRTH』『CHEMICAL WEDDING』の二枚のソロアルバムを聞き込んでる人なら『そうそうこれがメイデンとは違うソロらしさなんよねぇ』とうなずいてしまう良曲なんですよね(この二枚に似たような曲が入ってる)

ブルースのソロはもともとメイデン時代の『Tattooed Millionaire』が最初(ヤニックガーズもいた)でちょっと前の映画のサントラで"Bring Your Daughter to the Slaughter"を提供したりしてたんですよね(後にメイデンのアルバムにも入ってPVも作るんよね)

で脱退して初のソロ『Balls to Picasso』これはあのロイZがかかわってるだけあって若干ヘヴィな感じ 楽曲が弱いのもありますが基本素晴らしいです キラーチューンがバラード的なものってのが弱い原因なんかな

でスカンクワークス時代は割愛して(おい)

で『ACCIDENT OF BIRTH』『CHEMICAL WEDDING』
この二作にはメイデンに戻りたいんだよ俺は!ってのを感じさせつつソロでしかできない現代ヘヴィネス的な音とエイドリアンスミスのメロディセンスも含ませつつみたいなとにかくメイデンをも超える素晴らしい作品なんで是非聴いてみてくださいといいたかったわけです 結局

『ACCIDENT OF BIRTH』んときのツアーも見にいきましたが素晴らしいライブでした(エイドリアンがカイハンセンにしか見えんかった)

ブートも持ってるんで貸して欲しい人いってね
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ