仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2011/6/23

歳を取るのはアドバンテージ!  えいご先生の日常

昨夜の伊達公子との死闘を制してのビーナスウイりアムズの言葉、

"In terms of feeling age, I definitely feel the experience of it all,
and I think that's huge for me. The experience is very important on the court,
because that's what really gets you to the win
besides the skill and everything else.
If anything, that's definitely an advantage."

「歳を感じるかと言えば、断然経験の方を感じるわ。
それが自分にとって大きいの。
経験はコート上でとても重要なこと。だって技術や他の何より
勝つのに経験がものを言うから。
なんといっても、経験が絶対的に有利よ。」


ビーナスウイリアムズ、芝の女王と言われたお方。
フルセットにもつれ込んだ最終セット、6−6まで息の詰まる展開で、
最後はビーナスの勝負勘と経験が伊達を上回り、ビーナス側に勝利をもたらした。
31歳のビーナスと40歳の伊達、無駄なポイントが一つもない、
熟練した経験がぶつかる高いレベルの試合となった。

ちなみに40歳の伊達さんはこんなことを言っている。
"Maybe I have more stamina than before compared to when I was young.
I did the marathon in 2004. I finished in under 3:27 in London 2004.
So I think I have more stamina now. But I need more sprint. For example,
200 metres, 300 metres, 400 metres. Always after [the] point,
quickly [the] heart rate must go down and then play again.
So it is very difficult. So I do interval training when I have time."

「たぶん若いころよりスタミナがついたんだと思う。
2004年にはロンドンでマラソンに出て3時間27分でフィニッシュした。
だから今の方がスタミナがあるの。でももっとスピードが欲しい。
200m、300m、400mなんかのね。
プレーとプレーの間で心拍数を瞬時に下げられるようにできれば
またプレーできるようになる。だから今はそこが難しい。
時間があるときにはそういう合間のトレーニングをしているの。」


やっぱり40になった今をとても前向きに分析している。
若いころよりスタミナがあるって…w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))wワオッ!!

つまりは歳はアドバンテージだというのよね。
同世代(ほぼ^^;)の我々の心のノートに書き留めておきたい。d(^-^)ネ!
2



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ