仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2004/9/8

やや老体に鞭打って・・・  えいご先生の日常

覚悟はしていたものの、ハロウィンのことと
新しいクラスのことで、余裕がないよ。ヾ(´ε`;)ゝ
わたしの脳みそのなかは上下左右のマージンなしに、
端からぎっちり無秩序に書き込まれていて、
あれもこれもと考えるうち、心臓がドキドキしてきちゃう。
見かけによらず、のみの心臓なんだよね、これが。

それにしても久しぶりの幼稚園生の授業・・・。
新鮮だったなぁ。高学年クラスのようには行かない。
幼稚園の先生になった気分で、楽しかったなぁ。
自分の固まった脳みそまでもしっとりやわらかく若返った気分でした。
とにかくひとつひとつ丁寧に、ゆっくり話す事を
肝に銘じて取り組みました。
すぐ上のクラスの子達だってほんの2〜3年前は
こんなに小さかったのよね。
大きく成長したよ。心も体も。(T-T )( T-T)
逆に言えば、今のこのときだけなのよ、
このなんともいえないかわいらしさは・・・。
え?大きい子はもうかわいげがないって?
イエイエ((~∇~ )( ~∇~))イエイエ
そ・そ・そんなことは・・・
ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ

こうしてみんなにエネルギーをもらえることはとってもうれしいこと。
だからどこまでもついて行きたくなっちゃうけど、
やっぱり体力にも限界があるのが現実。
ついつい夢中で動き回って、なんとか無事に終わって
部屋にひとり取り残されたその瞬間、プチッて小さな音がして
スイッチが切れるの。わかるのよね、その瞬間が。はっきりと。
もうそれからはしばらくは放心状態。
そこから、すっくと立ち上がって、
夕飯作らなきゃいけない現実が受け入れられないの。
「あ〜、あたしこんなに疲れてたんだぁ。」って思ったら
結び目を解いた風船のようにシューッて体中の力が抜けていくの。
新しいクラスのペースを生徒も先生もお互いがつかめてくれば
いい波に乗れると思うんだ。
それまで、ハロウィンとともに大きな失敗や事故なく実施できるよう
やや老体に鞭打ってがんばります。p(・∩・)q 
(小さなミスは許してね。)

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ