仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2014/3/3

ぎりぎりです!(^_^;)  えいご先生の日常

気が付けば3月、

2月、3月の慌ただしさを一つの塊として考えると、ちょうど折り返し地点か。

この週末、一体いくつのメールを送ったのだろう。
ああ、また○○からか…と思われても仕方がないくらい…(^^ゞ
誰に何を送って、どの確認がとれて、どれが取れていなくて…
という私の一番苦手な部分にメスを入れ、なんとか一通り終了!
そのたびに、優しい言葉が返ってくる。言葉って素敵。うれしい。(/_;)

ふつう、会社なら同じ立場の同僚がたくさんいて、チームで動くでしょ。
それはそれでいろいろな軋轢があって大変なのだとは思う。

でも、私の場合、できることはすべて自分でやるのが基本。(当たり前)(^_^;)
そのうえで、手が回らないところを娘や卒業生、そして生徒の保護者に
助けてもらって、やっと成り立つお仕事なんです。

この1か月で終わったこと、
スケジュール調整、卒業パーティの声掛け、スタッフ召集、英語劇大道具依頼、
企画、各種メール連絡、英語劇のあれやこれを細かく拾いながらのメインの受験…
そして卒業スピーチの原稿書き。
こう書き出してみると、実質60%は進んだのかもしれない。

大学生スタッフの出し物はまだ企画途中だけれど、走り出したというのが大きい。

何が大変て、企画が大変。

長女の瞬発力にほぼ100%頼りながら、あれこれ
アイデアを並べていく。苦しいと思う。よくやってくれている。
一応写真は撮ったけど、またお面、やるのかなぁ?
いつも来てくれる卒業生も全面的に手足を動かして楽しみながら参加してくれる。
ありがたい。(T_T)

これから取り組むこと、
参加者の組み分けや全体ゲーム企画・会議・準備、景品準備、
しおり作成、自分用のノート作成を進めて行かないといけない。
卒業証書と卒業コメント集もまだこれから(^^ゞ
やっぱりまだまだあるなぁ。

でもスケジュールが決まったのは大きい。
最後はエイッと勢いでやりきった。(昨日のこと)(^^ゞ
長い付き合いの中学生への思い入れは強い、なるべく意向を反映させたかった。

人間のやることなので、あちこちで取りこぼしはあるのだろうけれど、
支えてくれる人たちがいることが何よりも心強い。
やっぱり人間、一人じゃ生きていけない。
つくづく思います。



そして4月からは…

卒業していくものがいれば、入会してくる子供たちがいます。
これもまたありがたいお話です。今はとてもとても手が回りそうにないけれど、
新規レッスンは卒業パーティ後にとりかかろう。
また新しい出会いが楽しみです。(^_-)

今月は11日に保護者スタッフのミーティング、
24日に英語劇のリハーサル、25日の本番と駆け抜けます。

なんだか、自分でハードル上げている気がするぅ〜(^^ゞ
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ