仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2011/9/29

体育祭…のち…体育祭  えいご先生の日常

先日の次女の高校の体育祭、仮装(黄色組)の演技がアップされていますので
ご紹介します。娘はコウモリ役の中にいます。
前の方だけど、見つけるのは難しいかな…(^▽^;)
まぁ、雰囲気だけでも…。

…と思ったら、知らないうちに削除されていました。(;^_^A アセアセ・・・
またそのうち忘れたころに正式に(?)出ると思います。

黄色組仮装は8色中第2位でした。
ストーリー構成、選曲、振付、衣装設計・製作、小道具、大道具、背面の絵(B.B.)
など、すべて生徒のみ、特に3年生全員で企画運営実行しています。
運動会とはいえ、競技の得点だけでなく、
ダンス、衣装、BBなどそれぞれに順位がつきます。


何故、体育祭にこれほどまで夢中になれるのか…。
傍から見ても伝わりにくい部分がありますね。
でも、こうして娘を通して一連の活動を見てみると、とっても納得してしまうんですよね。
見る人たちのためじゃなく、やっている子供たちの心身育成・自立の総合力強化とでも
言うべきかしら?

それにしても、先輩は偉大です。
後輩をやる気にさせて、練習に誘い、気持ちを一つにしていく姿を、娘はつぶさに観察し、
その一挙手一投足を吸収しているようでした。
最後は3年生みんな、涙涙なのだそうです。
先輩をこれほど尊敬できる関係って美しいです…。(^ー^* )フフ♪

娘は今2年生なので、この体育祭が終わった瞬間、つまり今から来年のために準備を
進めていきます。先日はその仮装の部(↑のダンスの部)の役員決めの選挙がありました。
会社のように総務部・仮装部・衣装部・競技部・小道具部・大道具部・
BB(背面の絵)などに分かれ、この時期に希望の職場に配属できるよう、
選挙演説をし投票で選ばれるんです。大人社会の縮図みたいな感じです。
ダンス好きの次女は当然仮装部を希望し、人気ゆえ、激戦でしたが、
なんとか当選することができました。C=(^◇^ ; ホッ!
でも、それと同時に、プレッシャーも襲ってくるわけで、、
これからの大変な1年を思うと、ちょっぴり受験が心配。(;^_^A アセアセ・・・

まぁそれはおいといて…

いかにチームとして後輩を引っ張りながら、企画運営実行できるかカギですね。
アイデアと実行力だと思う。
しかも来年からは9色対抗になります。
振付とダンス指導で頑張って優勝してほしいな〜。

※o(▽ ̄*)ノフレー※\(* ̄▽ ̄*)/※フレーヽ(* ̄▽)o※
0

2011/9/22

今から成人式・続き  えいご先生の日常

みなさん、ご無事でしたか?
いつもはこういう台風の時にはだいたいTVが大げさなので、
きっと今回も大したことはないのだろうと、
レッスンもギリギリまであきらめていなかった。

すごかったねf^_^;)

家がミシミシいって、揺れてた。

電車は綺麗に全部止まって、長女たち大学のメンバーは海老名で足止め。
「やばい、すごい」を電話で連発してた。
まあ、旅行先の箱根から脱出しておいてよかったね(^◇^;)
結局、相鉄再開でお友達を連れてご帰宅。
今まだ寝てるわ。




そうそう、成人式よ。

お店に入った途端、
店員「いらっしゃいませ。再来年成人されるお嬢様と、おとなりはどなた様ですか?」
娘 「母です」
店員「えーーー、まさかぁ…」

ええ、ええ、わかってます。
お上手な営業トーク。でも悪い気はしない。
靴を抜いで上がった時のフカフカのじゅうたんに4つの足の裏が喜ぶ。
ズラリと並んだ色とりどりのお着物はまるで女性のディズニーランド。

「あれ?自分、着物すきだった?」

全く興味のない親子じゃなかったっけ?
娘の目の色一瞬で変わってるしf^_^;)

でもね、譲れない一線ってあるじゃない?
大丈夫、まだ冷静だわ。

緑系でいくと決めていた長女、5つ程チョイスして、試着に入る。
着れば着る程目が肥える親子。
いいなーと思うと20万とかいう札がついてる。
仕立てるとなると諸々込みでプラス15万。

ははは(⌒-⌒; )

でも大丈夫。レンタルだから。

どうやら金糸が入るとお高い、そう学んだ私は「金糸は禁止」令を出す。
数々の褒め殺しから生還し、徐々に身の程をわきまえたあたりに落ち着く頃、

店員さんが一言、
「お嬢様、身長はどれぐらいですか?」
私 「169cm」
店員「あーそうなりますとレンタルでは少しキツくなるかと。」

(@ ̄ρ ̄@)

Excuse me?

店員「おそらくどこへ行かれましても、LLサイズのレンタルは少ないですし、
お値段もかなりお高くなるかと思います。」

Oh, no!!!!!!!!!!!Σ(゚д゚lll)

Lサイズを着てみたら、おはしょり1cm、ゆき、つんつるてん。
彼女はニッポン人として認められていないのか…

そんなオチですか?
文字通り落ちていきました。
あーれーーーーーーーーーーーーーーーー!どんっ

自分でたためもしない着物が送られてくる恐怖。
また一つ、責任が加わった。

ここからは自分たちを正当化させるいい聞かせ。

1・幸い我が家は娘ふたり。(好みが全く違うのはどうするの?)
2・2人して大学に行けば少なくとも2回は袴で卒業する。
3・もしも大学院へいけば、、、最大であと2回プラス。
4・お友達の結婚式に着る、、、かもしれない。(可能性低い)


ここで考えた。
値段は大きな要素。
でもこれだけ着てやっと得するお買い物なら、気に入らないとそんなに何度も着ないはず。
つまりは値段と気に入り度の狭間で悩めばいい。

その瞬間は意外にあっさりとやって来た。

緑は一通り着たけど、次女の好みじゃないかもしれない。
別の色を着てみよう…と何気なく手に取った茶のようなえんじのような、紫のような地に
ピンク系の大きめのお花が天の川のようにあしらってある着物。
着てみたら親子で一発で気に入っちゃった。
金糸は禁止を順守しつつ、ギリギリかな、お値段も。(⌒-⌒; )


ってな訳で、


背の高いお嬢さんをお持ちのみなさん、おきをつけあそばせ(^_−)−☆
0

2011/9/20

今から成人式かい!(`_´)ゞ  えいご先生の日常

柄にもなく外で過ごした3連休、楽しいながらも身体に堪えました。

土曜日:小学校の運動会

日曜日:次女の高校の運動会

月曜日:長女の成人式の着物選び

どれも一日がかりのビッグイベントです。

特に初体験なのが、着物選びよ。

今時の成人式のルール
<再来年の成人式を今のうちから準備するべし>

本当か?
半ば呆れながら電話セールスやDMを軽くいなしつつ4ヶ月は経っただろうか。
そんな先のことを考えるほど余裕ないし、18の娘も私も単純にまだその気になれない。
何をそんなに熱くなる?と思っていた。

いい加減たまったDMを見て、

「これどーする?」

「もう行かなくてもいいか」

「え?いかないの?」

「ないか。」

「早いとこ決めて安心しとく?」

「いいけど」

みたいなダラダラなのりでカタログをパラパラ。
だってどこへ行って良いやらもわからない。
でもそこは我が家の長女、
ほんの3分で、「ここへ行く、一番チャラクナイ」だって。
それはもしかして親の言うセリフ(^◇^;)
レンタル料もさほど高くないし、まぁ行ってみるかと出かけましたとさ。
ほんの軽い気持ちで、、、。

<続く>
0

2011/9/12

やっとスイッチが入った*台本作り  えいご先生の日常

ようやく昨日一日、お仕事に没頭できました。

毎年恒例の、英語劇の台本作りです。

少し集中力が戻ってきたのかな。

いえね、日曜の朝、Rogerが準決勝で激闘を演じ、私の血圧限界値。
5セットマッチ、しかも今年もマッチポイントを2回も握りながら
手にできなかった決勝戦の椅子。その気持ちを察するに、
早朝からどうにかなっちゃいそうでね。
おもむろにパソコンつけて、やり出したらこれが、集中できるじゃないの。
2時間後には結構立ち直っていたから驚き。

それにしても30歳のRoger、頑張っているな〜。
聞くところによると、Rogerの敗戦の翌日はスイスのお父さんたちは
働く気が失せるのだとか…。
とってもよくわかる、その気持ち。

試合後のRogerのコメント
“I will be extremely hungry going to Australia next year,” declared Federer. “It's clear and obvious, and I know if I keep on working hard now that I'm feeling so good right now it will all pay off. I know it. I haven't felt like this in a long time, so this is a good time.”

~(o>ェ<)UゝQOO〜♪しびれます。

さて、

そんなわけで、日曜日の早朝から、
ラフに出来上がっていた台本を形にしていく作業を黙々とこなしていました。

ところが、

8割がたできてきたかな〜と思っていたところで、あり得ないミス。
6名のシナリオを書いたつもりが、7名のキャラを登場させていたことに気がつきました。
(キ▼д▼;)トホホ・・

まぁ見方を変えれば、出す前に分かって良かったということか。^^;

すっきりしていたはずの午後の時間をまたフルに費やして、やりなおしです。
7名を6名にするというのは意外に大変でした。
ひとつ変えるとあちこちバランスが崩れて、結構な手術となりました。
読みなおせば、今でも間違いが見つかりそうでこわいわ。

今後はしばらく細かい直しをしていくつもりです。
配布したって、演じるうちに変更を繰り返すのは毎年のこと。
少し難しめに仕上がっているだけに、早めにスタートしたいですね。

そんなこんなで夕食は全く作れず、
母のお見舞い帰りの長女に買って来てもらいました。^^;
スーパーウーマンにはなれないわ〜。


そうそう、

今週末、18日は次女の体育祭です。
ご興味のある方、黄組のコウモリを探してね。(^ー^* )フフ♪
そのうちYou Tubeにのるのかな。
0

2011/9/3

最初のい〜〜〜っぽ!  えいご先生の日常

この夏の終わりというのはなかなか自分を保つのが大変です。
大人にとっても、子供にとっても…

本当は気力充実で立ち向かいたい山がいくつも立ちはだかっているのに
なかなか最初の一歩が踏み出せない。
もっと早めになだらかに登っておくべきだった…と後悔するも、
そもそもそんななだらかな坂道など目に入らなかったわけで…。(;゜(エ)゜)


きっとチームプレーにしたって同じこと。
気持ちをひとつにするのは容易なことではない。そういう季節なんだと思います。

子供の夏休みって結構たいへんなんですよね。
ちょっと前までいた自分の立ち位置が、結構かすんで上の方に見えたりします。
時間的に遠回りできず、切り立った崖を登るしかないんですよね。
だから、いいとこその場をしのぐ…という格好に陥りやすい。
年齢問わずそんな構図が見えてきます。

そういう自分もそろそろ英語劇のシナリオを考えないといけないんです。( -.-)

努力はしてみる…というよりモガク。

片っ端から書き出す、つまずく。

半分ほど行っての挫折は結構きつい。

またふと思いついて書き出す…そんな繰り返しです。

毎年ね。
またきたか、この感覚っていう感じ。

結構つらいな〜。

だからこの時期の休み明けにテストを控える子供たちだって、きついと思います。
それがうまいことスイッチになればという思いもあるけれど、3年生は特に
結果が求められるでしょう。

部活・夏期講習・夏の暑さ…とアジャストするだけでも大変な中、
レッスンの出席率も低下中。リズムをつかむのが一番大変な時期なんですね。
せめてわたしがいつも同じ自分でいて、月末にはサラリと台本配れる自分でいたい。

最初のい〜〜〜〜〜〜〜っぽ!



だるまさんがころんだ…みたいにはじめちゃおっか!d(^-^)ネ!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ