仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2010/3/29

ただいまぁパー  えいご先生の日常

先程、箱根から帰って参りました。o(^-^)o
桜の季節とはいえ、肌を切るような冷たい風が吹く箱根は未だ真冬、命懸けで遊んできましたバニー
方々のおされな食べ物屋が、スイーツコレクションに参加していて、甘いものを堪能してきました。大涌谷の温泉卵、久しぶりにおいしかったわ。
ここは中国中国かよ?っちゅうぐらい中国語が飛び交っていましたが・・・汗
そして極寒の中のテニスも意外に楽しく、そのあと宿でも四人ではしゃぎっぱなし。
温泉三昧、食べっぱなしの三日間でした。頑張った後は堂々と遊べるのね♪
あっちにもこっちにも感謝です。

卒業パーティのことはまた今度ゆっくりと・・・風呂

0

2010/3/22

パソコンが命綱  えいご先生の日常

・・・っど〜〜〜〜〜〜〜なるかと思ったけど、
(金曜の朝にパソコンが壊れた)

今こうしてブログを打ち込む自分を眺めていたりする。
何とか乗り越えた・・・と思う。

イベント前に壊れたあのパソコンは、私に何が伝えたかったのか・・・。
「僕がいて当たり前・・・」の身勝手な同僚を懲らしめたかったのかもしれない。
彼は今でも壊れたまま、修理する暇もなく、置き去りにされ、
動かなくなってしまえばあれだけの人気者に誰も寄り付きゃしない。

この私も夫のパソコン(人の同僚)で乗り切ろうとしている。
でも、ワードのバージョンが古いからディスクにあるファイルは開けないし、
ファイル変換を試みてやっとできるようになったけど、
手元にあるファイルは数えるほどで・・・。
あとはコピーしたり、作り直したり・・・気が遠くなる作業だった。

今は落ち込む暇もないけど、今日あたり少し先が見えてきて
気が抜けるといろいろ考えはじめてしまう・・・。
同僚が瀕死の今、わたしはとても無力だ。
消えては困るデータばかり・・・どうなってしまうんだろう?orz

風の強い土曜の晩、家に一人で夜中の2時まで作業をしてた。
(夫と子供は帰省中・・・私、そんなこんなで帰れず・・・orz)
結構、孤独と戦ったわ〜〜〜〜。夫の部屋にテレビがないので
CDデッキを持ち込んでラジオをつけた。
世の中は何も変わらず回っているらしい・・・。
ただ・・・
薄っぺらなはずの家の内と外との隔たりがとてつもなく遠い気がした。





こうなったら木曜日まで、駆け抜けるしかない!
0

2010/3/12

幸せだな〜卒業式  えいご先生の日常

朝8:40に家を出るということは、
それまでにお化粧して、朝ごはん食べて、片付けて、洗濯して
いつもは着ない正装に身を包み、バッグ、アクセサリー、ストッキング、
靴、カメラ、スリッパ、ちょっと外へ出て寒さチェック、
コートを着るか着ないか・・・そういういろいろなことを考えつつ、
そして子供を送り出しつつ・・・そういうこと^^;

でも今日はドジをしなかった。
ちゃんとできた。
満点!(^ー^* )フフ♪

体育館の前の方で6組、200人ぐらい(?)の子供たちが整列している。
どれが自分の子だかわからない^^;
でも、小学校のときから9年間見てきている子供たち。
知っている顔がたくさんあった。
最後にはたくさんの子達が泣いてた。
指揮者の生徒も泣いてた。

そんな中、次女はケロリとしていたし、わたしも長女のときと同様
それほどハンカチに頼ることはない・・・と思った・・・が
生徒が全員退場して、保護者だけになり、
そこへ学年主任の有名先生が泣きながら語ってくれた。

泣けた。

こんなにすばらしい学年はない。
こんなもんだろうと思っているかもしれないけど、
本当にこんなにすばらしい学年はこれからももうない。
だからわたしはもう2度と学年主任をやらない。
この学年を最後の学年主任にする。
今そう決めました・・・と声に詰まる。

幸せだな〜。
そう思った。
そんな風に思われて、3年間叱咤激励されて来た子供たち、
幸せだな〜。

先週のお別れ会でのダンス発表が最後を締めくくるいい思い出になった。
今日も会う先生、会う先生に「こいつがここまでやるとは思わなかった。」
「勉強だけじゃなくて、こういうこともできるんだね。」「すごかった。」
というお褒めの言葉をたくさんいただいた。

幸せだな〜。

最後は娘の背中を追いかけながら、たくさん写真を撮った。
突然、「写真一緒に撮らせてください。」
と、わたしと写真を撮りたい・・・というかわいらしい申し出が・・・。
(^ー^* )フフ♪
うれしい。

先生の気持ちがわかる。

本当にみんな明るい。
毎日過ごしたら思い出であふれるだろう。

おめでとう!
1

2010/3/11

twitterってやつは・・・  えいご先生の日常

twitterがやたら世間に浸透している・・・らしい。
twitterってなんなのか、今更聞けない人も結構いると思う・・・それぐらい浸透してる。

(twitterとは・・・はこちらを読んで)

日記ほどきちんと書く意識がなく、その日のその瞬間のつぶやきを短く吐き出すシステム。

普段からあまりつぶやかないものだから、体に溜め込んで、あちこち体に支障をきたす。
だから、不特定多数へつぶやいてみるか・・・。
何かが変わるのか、変わらないのか、面倒なのか、お気楽なのか、
やってみなくちゃわからない。
確かに記事を書くよりお気楽だから、一日1Tweet(つぶやき)を目標に
やってみようと思う。

フォローするとかされるとか、テニスねたに限っては楽しみだけど
あとは、何も考えず、自由につぶやいてみる。

← 読者には興味いだろうと思いつつ・・・一応ブログで
  閲覧できるようにしてみた。(メニューバーのグリーンのところ)

本当にどうということはない。
そのうちやめるかもしれない。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
0

2010/3/8

すごい!ヤングアメリカンズ  えいご先生の日常

先週の金曜日からの3日間、次女が2回目のヤンアメ・ワークショップに参加してきました。

うん

やっぱりすごい。

圧巻です。

幕が上がると同時に1年生から高3までの数百人の子供たちが一斉に
歓声をあげます。参加者の中にはリピーターが多く、
その子供たちのノリのよさが初参加者たちをリードしているのでしょうね。
その歓声たるや、普段の学校行事などの比ではありません。

前半のヤンアメショーはまさに圧巻で、
特にその歌声はスーザンボイル級だと思います。それが40名強いるのです。
やさしい歌声から、激しいビートまで休むことなく1時間たっぷりと
魅せてくれます。体で表現することってこんなに楽しいんだと
その人生の違いに恨めしさすら感じるほどです。
感動のあまり涙が出て仕方がありませんでした。
人間てすごいな〜〜。

私はこのショーを見るのは3回目なのですが、何度見てもやっぱり
度肝を抜かれるな〜と思います。
前回の2回目は席が端っこというのもあって、音響が偏っていたんだと思います。
少し耳にきつい感じがしましたが、今回は川崎で会場が狭いのが幸いし
とても調和の取れたすばらしいハーモニーと迫力でした。

そして、後半は子供たちとヤンアメメンバーとのコラボショー。
たった3日ですよ。たったの15時間でこの1時間のパワフルな
いわば自己表現ショーを見られるとは・・・。

普段、学校で周りを気にしながら生きている子供たち。
学校という集団の中で生きていくのは大変なことです。
だから、自然と自分を抑える、周りを見る・・・という訓練がされてきた
ような気がします。だから最初はショックすらうけるでしょうね。
これほどまでに積極的で、恥ずかしがらず、自己表現できる子供たちが
どこに潜んでいたのでしょう?

子供たち数百人とヤンアメ40名全員を目の前にして
いきなりひとりで歌えますか?誰も躊躇しないんです。
「私が歌う!」と手を挙げないことのほうが目立つんです。
うちの子も1回目よりは2回目のほうが最初からそのモードになれたようで
韓国語の歌を歌い、それがきっかけで友達ができました。
そしてショーの中でちょい役をもらい、頑張りましたよ。(^ー^* )フフ♪
本当に一瞬の瞬間芸でしたが、親ばかな私は感心しきり。

やっぱりヤンアメっていいな〜〜〜

改めて実感した夜でした。

(次回参加したいというご家庭は是非お声をかけてくださいね。d(^-^)ネ!)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ