仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2008/10/14

思いふけってみたりする  えいご先生の日常

気がついてみれば、17年…。
だって、長女が16歳でしょ。
だからプラス1で17年です。
結婚して17年が経ったことになるんです。
なんだかすごい数字だな…と思って^^;
昔、セブンティーンを読んでいたころは人生全部足して17年でしょ。
それをダブルにしたってまだまだ追いつかない年ですものね。^^;
年取るわなぁ〜。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

「そんな、わたしなんか○○年よ。」という声も聞こえてきそう^^;

一応、ステーキにワインでお祝いしましたけど、
結局オーバーカロリーで気持ち悪いわ^^;


この10年で自分が変わったな〜と思うのは、スピード。
年取ったといえばそれまでだけど、昔はもっと目が血走って
速度を緩めることが怖くてもう必死でもがいて、あがいて…。

こういう母親でなくちゃいけなくて、これもできてあれもできるんだから
次にはあれもやろう…って思っていて、体が悲鳴を上げるのも気づかず
楽しいんだか苦しいんだかが混在していた気がする。

あれはあれでよかったのよね。
今の自分の土台になっている気がする。

7年前、じんましんになってすべてががらりと変わった。
気にせず放っておけばなくなるものじゃなかったのよね。
明けても暮れても痒くて痒くて、夜も寝られない、顔が腫れて人相が変わる。
外へ出られなくて気が狂いそうになったのね。薬ももちろん効かないし。
いわば強制的に速度を落とさざるを得ない状況になって…。

あれを乗り越えたのはいろいろな意味で大きかったなぁ。
何もできないことを受け入れてからはとても楽になった気がする。

仕事を続けられたのは奇跡。
あの時、7年後の今の自分は到底想像できなかったもの。
不思議よね、気持ちが受け入れれば、薬が効くようになる。
徐々に痒さから解放されていくのよ。
それでも2〜3年は思うようには予定を組めなかったけど、
精神的に追い詰められるようなことはなくなって、
絵を描いたり、言葉を書きためたりするようになった。
それがPOEM(ほんとはPOEMとは違うけどね。)I know

ぐちゃぐちゃになっていたものが、毎日ひとつ書くことで
徐々に整理されていって気持ちよかったのね。
誰のためでもない、自分のために飽きっぽい自分が飽きずに
よくあれだけ続けられたと思う。100超えたもの。(^ー^* )フフ♪
もう最後にはすっかりデトックスされたのか、
な〜んにも出てこなくなった。

未だに薬を朝晩飲み続けてはいるけれど、ゆっくりが心地よくなって
小さなことであまり焦らなくなった。
ガツガツやらなくてもかえってそれがこの仕事に向いてるとさえ思えて…。
今は日々格闘している子供たちが、ここへきてホッとできればいいなと思う。
あ…もちろん英語の実力もあげなくちゃいけないんだけど^^;
それが至上命令のようには思っていない(すいません)。
でも、その方が結果も出たりするからほんと、人生って不思議だわ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ