仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2008/10/27

太った?  えいご先生の日常

つい昨日まで英検の合格ラインの発表は試験後1週間と書いてあったのに、
この土壇場にきて10日後…と表示が変わってる
そりゃないっすよ…待っている子供がいるのに…


早いものでもう今週がハロウィーンかぁ〜
ホームページは遅まきながら秋の装いにしてみましたが、
気づけばもう10月も終わりなんですね
近頃は食べ物がおいしくておいしくて、生いくらをどかっと買い込んで
醤油漬けにして豪快に贅沢にイクラ丼!!!!

な〜んてやっていたら…太った(|||_|||)ガビーン
「あれ?なんか母さん太った?」とは夫の言葉。
えぇえぇ、太りましたともそれが何か?

あんなに苦労して痩せたんだから…あ、いやだ、そういう目で見ないで。
一歩下がって、下から上になで上げるように見ないで

もしかしたらさぁ、毎日飲んでるキレートレモンがいけないのかなぁ〜。
すっぱい分、お砂糖も多いよね〜
でもおいしくない?あれ!

近頃周りの住人がみんな痩せていくように思うのは気のせい?
も、も、もしかしてバナナダイエット?


クリックすると元のサイズで表示します
話は変わって、ハロウィーン用にお菓子をたくさん買い込んで1週間楽しく
お菓子屋さんしているんだけど、相当の荷物を両手に抱えて帰ってきたからか
右手の筋だか筋肉だか、骨だか腱だかが、痛いのよね〜〜。
普段は何でもないのにちょっとした動きで思い出したようにズキンと
痛みが走るわけよ。としだよね〜〜〜。
0

2008/10/21

英検後…  えいご先生の日常

今回の英検は5級5名(小4、小5)、4級4名(中1)、
3級5名(小6、中1)、準2級(中3)1名の計15名が受験しました。
もしかして、過去最多かなぁ…。
それぞれがインターネット上で答えを確認して一喜一憂の日々です。^^;
なんだかわが子を戦場に送りだすかのような心境で…(;^_^A アセアセ・・・
中学生ぐらいになると、強がるのと不安なのとが入り混じった顔をするので
こちらのハートも…o(;-_-;)oドキドキ♪

小学生と中学生とではとらえ方も違いますが、
余裕がある子は置いといて、ボーダーラインの子たちがプレッシャーと戦う様や
そのプレッシャーを乗り越えて結果を出したり、だめでも
くじけず次を目指す姿がとても美しい…。例えば1年前のその子を思うと
どれだけ成長したんだよ…と驚きます。

もちろん当人たちは「必死」の一言なんですが、このたかが英検、されど英検に
クラス一丸となって立ち向かううちに、横のつながりに絆が生まれると
思うのは私だけでしょうか?
知らず知らずのうちに自分のみならず隣の子の合格を心から願うようになる
のはごく自然でありながらとても美しいことです。
口ではま逆のことを言ったりしますが、それが本心でないことは
お互いが理解しています。

今、なかなかのれなかったり、あらゆるものに左右されて振りまわされる小学生が
やがて、成長してそんな絆を感じる中学生になるんだな〜と思うとまたこれも
感慨深いものです。
なんだかお手本のようなつまらない文章にも聞こえますが、
一年付き合えば一年だけ、2年付き合えば2年だけ…成長とともにがっちり四つに組んで
つきあっていける私は幸せ者だと思います。

みんなの報告を待ちわびるわたしです。(^ー^* )フフ♪
0

2008/10/16

読書の秋  えいご先生の日常


Lois Lowry
Amazonランキング:9779位
Amazonおすすめ度:



秋のなせる技なのか…久しぶりに洋書を読みました。
DVDはちょっと一休み…かな?^^;

The Giverで有名なLoisの作品でこれまたとっても有名みたい。
Nazisを前面に取り上げているので暗いのかと思いきや
切羽詰まった中の人々の温かさや強さ、家族愛、隣人愛が描かれている本です。
あとがきまで読むと、読後の余韻がまたいいんですね。(^ー^* )フフ♪

次は何にしようか…。(´−`) ンー
0

2008/10/14

思いふけってみたりする  えいご先生の日常

気がついてみれば、17年…。
だって、長女が16歳でしょ。
だからプラス1で17年です。
結婚して17年が経ったことになるんです。
なんだかすごい数字だな…と思って^^;
昔、セブンティーンを読んでいたころは人生全部足して17年でしょ。
それをダブルにしたってまだまだ追いつかない年ですものね。^^;
年取るわなぁ〜。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

「そんな、わたしなんか○○年よ。」という声も聞こえてきそう^^;

一応、ステーキにワインでお祝いしましたけど、
結局オーバーカロリーで気持ち悪いわ^^;


この10年で自分が変わったな〜と思うのは、スピード。
年取ったといえばそれまでだけど、昔はもっと目が血走って
速度を緩めることが怖くてもう必死でもがいて、あがいて…。

こういう母親でなくちゃいけなくて、これもできてあれもできるんだから
次にはあれもやろう…って思っていて、体が悲鳴を上げるのも気づかず
楽しいんだか苦しいんだかが混在していた気がする。

あれはあれでよかったのよね。
今の自分の土台になっている気がする。

7年前、じんましんになってすべてががらりと変わった。
気にせず放っておけばなくなるものじゃなかったのよね。
明けても暮れても痒くて痒くて、夜も寝られない、顔が腫れて人相が変わる。
外へ出られなくて気が狂いそうになったのね。薬ももちろん効かないし。
いわば強制的に速度を落とさざるを得ない状況になって…。

あれを乗り越えたのはいろいろな意味で大きかったなぁ。
何もできないことを受け入れてからはとても楽になった気がする。

仕事を続けられたのは奇跡。
あの時、7年後の今の自分は到底想像できなかったもの。
不思議よね、気持ちが受け入れれば、薬が効くようになる。
徐々に痒さから解放されていくのよ。
それでも2〜3年は思うようには予定を組めなかったけど、
精神的に追い詰められるようなことはなくなって、
絵を描いたり、言葉を書きためたりするようになった。
それがPOEM(ほんとはPOEMとは違うけどね。)I know

ぐちゃぐちゃになっていたものが、毎日ひとつ書くことで
徐々に整理されていって気持ちよかったのね。
誰のためでもない、自分のために飽きっぽい自分が飽きずに
よくあれだけ続けられたと思う。100超えたもの。(^ー^* )フフ♪
もう最後にはすっかりデトックスされたのか、
な〜んにも出てこなくなった。

未だに薬を朝晩飲み続けてはいるけれど、ゆっくりが心地よくなって
小さなことであまり焦らなくなった。
ガツガツやらなくてもかえってそれがこの仕事に向いてるとさえ思えて…。
今は日々格闘している子供たちが、ここへきてホッとできればいいなと思う。
あ…もちろん英語の実力もあげなくちゃいけないんだけど^^;
それが至上命令のようには思っていない(すいません)。
でも、その方が結果も出たりするからほんと、人生って不思議だわ。
0

2008/10/11

今年はどうしようか・・・  えいご先生の日常

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと控え目に飾ってみました。(^ー^* )フフ♪
子供たち(小学生)にとってはもっと派手にやってもらいたいんでしょうけどね。
行事や季節感を表現するのは結構大変です。^^;
この植物はアスパラガス。よ〜く見ると根元にひょろりと細いのが出ているんですよ。
さらにのぞくとまだこれから生えてくる模様…。
これって食べられるの?あ〜ん( ^o^)ρ (^0^ )

最近ダノンBIOの無糖タイプを毎日食べています。
ダノンのまわし者でも何でもないですが、これいいみたい。
他メーカーでも同じ効果なのかも…それはわからない。
とにかく毎日ヨーグルトでお腹すっきり!
あの14日間試してみて!のコマーシャルに頷いてみたりして・・・^^;
それに無糖の味がもともと好きなのね。
お試しあれ!d(^-^)ネ!


それはそうと、いよいよ3年生は気が抜けない時期に入りましたね。
去年を思い出すとともに、これからは毎年受験生を抱える日々なんだな〜と実感。
今年は(来春ですが)最後にみんなで思い出でも語りながら送り出してあげたいな〜
なんて簡単な卒業式を考えています。
どんな形で何をしたらいいでしょうかね〜。大したことはできないんですが、
どんどんアイデアメールください。よろしくぅ〜〜〜!

また、いつも開いているBBカード大会ですが、受験生の心境も察することにして
それぞれのレッスンの中で、12月あたりにミニBBパーティみたいなものを
やりたいと思います。子どもの数が年々増え(ありがとうございます)
全員でパーティをするというのが難しくなってきました。
わたしも年々年をとりますし・・・えぇえぇ(-"-;A
日々のレッスンがパーティみたいなものだものヾ(゜、゜*)ネェ
詳細は、オイオイゆっくり考えます"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!
0

2008/10/4

どうしていつもこうドタバタ?  えいご先生の日常

昨日はお疲れ様でした…って自分に言ってる。^^;

まずは久しぶりのトライアル、去年のトライアルは6年生だったから
今年は1-2年生でぐっと小さく感じました。(^ー^* )フフ♪
なんだかもうおばあさんになった気分。
ひとつひとつのしぐさや表情にいちいち胸キュン(ズキュンッ!)(*´ェ`*)ポッ
そのあとの保護者会はいつものごとく…^^;
5名中3名は既に兄弟姉妹が通っているので気も楽です。
楽しくべらべら(一方的に)しゃべりながらの説明会(?)
とっても楽しかったです。
そ、もちろんクラスは成立し、めでたく来週からレッスン開始となりました。

((o_(エ)_)oゴロン (o-(エ)-)oムク (* ̄(エ) ̄*)vイエーイ♪


…と、そこまでは快調快調!



ほどなく下の娘が帰ってきて、「目がおかしい…」と!
実はこの症状3回目で、視界がぼやけて、目をそらすと
ある一部分の映像が抜け落ちていたり、ぼやけたりするとか・・・。
そして、きまってそのあとにひどい頭痛が襲ってきます。
今回ばかりは娘も不安に思ったらしく、すぐに病院へ!
症状はすぐに収まってしまうので、その前に診てもらわないと!

…ところがですよ!

ないんです。

保険証が!

んなわけないでしょう!!!!!

でもない、どうしてもない!

すったもんだ記憶を掘り起こしながら気がついた!

長女だ!コンタクトのときに…!

とりあえず保険証なしで出発。なんとかなるさ!ウ・・ ウン(・_・)

ところが…これまたところがですよ!

「本日の診療受け付けは終了しました。」の看板が!

(|||_|||)ガビーン

も、もちろん、母、くじけず。頼み込む(腰低いです。)

しばらくして、「いいですよ、でも保険証はお持ちですよね。」

!Σ(▼□▼メ)そ、そ、それが…かくかくしかじか…。

「そうしますと、とりあえず2万円ほどかかります。」

もってません、ええ、ええ、そんな大金、入っていません。
取りに帰りますってば・・(。--)ノ ハーイ

次女が視力を測っている間、ダッシュ!((( 三( -_-)
そこでわたしがやったこと。
1.もう一度保険証を探そうと長女の部屋を捜索。(なかった)
2.洗濯物を取り込む。
3.お米をとぐ。
4.夜クラスのおうちに電話して、時間を遅らせてもらう。
5.保護者会のお母さんたちからメールが来ていたので、返す。
6.長女となんとか連絡をつけ、彼女が持っていることを確認!

そしてもちろんまたダッシュ!−=≡ヘ(* - -)ノ

視神経の写真を撮ってもらい、視界の検査やら何やら
時間外にしてはよくやってくれたと思う。
「不安だったよね。大丈夫よ。」と言ってもらってホッとしてました。
わたしもやっぱりC=(^◇^ ; ホッ!

はい、チン!18,000円です。/(´o`)\オーノー!!
来週取り戻しに行きます、"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!

そこからがまたどたばたよ。
レッスンを遅らせたといっても30分。
焦りながらも1品作り、お風呂を入れ、食べられないほど頭痛を訴える彼女に
リンゴをむき、傍らに薬を置き、滑り込みせ〜〜〜〜〜〜ふ!

レッスン後はさすがに、そしてひっさしぶりにビールを飲んだわ〜〜〜^^;

ご静聴ありがとうございました。<(_ _)>
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ