仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2007/6/5

テニスでも英語  えいご先生の日常

クリックすると元のサイズで表示します

全仏大会期間中は、日記更新がおっくう・・・でもがんばってます^^;

このところパソコンの前に座っている時間は長いのですが、
もっぱら大会ホームページで選手のインタビューやニュースなどを
かたっぱしからチェックしています。
夢中になるといつもそう・・・。
少なくとも私はこうして、好きなことに没頭しながら英語を学んできました。
ここ1週間のチェック量を多読に換算したらきっとすごい量に
なっているんだろうな〜と思う。
インタビューも公開されているものは全部聞いているから、
多聴ともいうよね・・・。(*^^)v

何でもすきこそ物の上手なれ、興味のない本を読み続けるより
ずっと実践が学べますよ。(^_-)-☆

テニスの話題は人気がないのだけれど、趣味を英語にかこつけてブログにすると、
テニス選手が良く使う形容詞にこんなものがあります。

decisive 決定的な・決め手となる
(It's not the decisive one.)
それは決め手とはならない。

crucial 決定的な・重大な
(I play better, especially on crucial points。)
決定的なポイントでは特に良いプレイが出来た。

tough たいへんな・骨の折れる
(I had a very tough match against him.)彼とは大変な試合になったよ。

solid 安定した・ゆるぎない
(It was rock solid.) 手堅かったよ。


ちなみに、各国いろいろな人の英語を耳にしますが、
フェデラーやシャラポワは英語が上手だと思います。
ヨーロッパの選手はボソボソと話すのでリスニングが鍛えられますよ。
特にフェデラーは語彙も豊富だなぁ〜といつも思います。

逆に英語力が低くても、物怖じせず、たじろがずにどんどん話していくところは
みんな国際人だなぁ〜とも思いますね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ