仕事が忙しいのは幸せなこと・・・家事が削られるのは・・・?^^;

2005/1/23

真冬に夏の香り・・・  えいご先生の日常

夏の香りがいよいよクライマックスに入ります。
火曜深夜の最終回へ向けて、ボルテージは急上昇。
なんとなく胸が苦しくて、どよ〜んとしています。
頭の中では韓国語がこだましているし、2人を早く楽にしてあげたいと
願うあたり、虚構と現実の境がわからなくなっているのかも。
それにしてもどうしてこう韓国の男性は優しいのでしょう???
ありえないと思うのですが・・・。

明日は平日にもかかわらず学校がお休みです。
子供がいるというだけで、仕事のリズムが崩れてしまう。
これは大問題です。準備に要する時間は実質2時間ほどだと思うのですが、
そこに神経を集中させたり、自分の勉強をする日常を考えると、
リズムが崩れるのは大きな痛手となります。
子供に手がかかるわけでもないのだけれど、ひとりになるということが
仕事の上でとても重要なことであったりします。
家事をして、きれいすっきり片付けた後で、コーヒーを飲みながら、
教材を広げて、パソコンを駆使して、情報雑誌を閲覧しつつ、過去の記録も
考慮に入れて、他ごとを考えないで準備ができる状況を作らなくてはいけません。
だから、平日が平日としての機能を果たしていないと、それだけで
落ち着かないのです。

それにくわえてこの「夏の香り」・・・。
よほど自分をしっかり持たなければ、なぁなぁに過ごしてしまいそうで
そんな自分を必死で奮い立たせています。
家の中にビュッフェスタイルのバイキングサービスがあったなら・・・。
夢の中ででも楽しむことといたしましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ