2010/2/2

IT社会における子育てから老後までを考える −高齢や障害から学ぶこと−  ■講演会の案内■

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

2008/10/17

シンポジウムのお知らせ  ■講演会の案内■

終了しました


クリックすると元のサイズで表示します

『できないから仕方ない』と諦めていませんか。
『働く・暮らす』という当たり前(まえ)のことを、みんなで考えてみませんか。
心身ともに健やかに地域社会の一員として自立することを目指すために私たち自身の生活向上へと繋がる気づきや刺激となることを願って・・・・
本人と関係者のみならず、地域社会すべての人々が一緒に考えることで私たちのまちがかわる


【日 程】
一部  
 9:30  受 付
10:00 開会式
10:10 挨 拶
11:00 シンポジウム
11:10 来場者とのディスカッション
12:00 昼 食・休 憩

二部
13:00 個別相談会(事前受付の方のみ)


《プロフィール紹介》


○コーディネーター 
寺本 紀子 (社会福祉士)
同志社大学文学部卒 津幡町地域包括支援センター 社会福祉士


○シンポジスト  
向井 哲郎 (精神科医)
金沢大学医学部卒  ミロク町診療所院長

      
橘  裕子 (作業療法士)
国立療養所東名古屋病院付属リハビリテーション学院卒  石川県リハビリテーションセンター勤務

早川奈緒美 (就労支援コーディネーター)
富山大学教育学部卒  社会福祉法人やまびこメルクマール就労支援コーディネーター


【申込み・問い合わせ】
社会福祉法人やまびこ はばたき
    FAX 076−289−2281
    E-mail yamabiko@circus.ocn.ne.jp 
 
「申込期日は過ぎていますが、より多くの方の参加をお待ちしていますのでどうぞお申込下さい」との主催者からのメッセージです。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2006/6/20

学習障害の子どもを支援するセミナー  ■講演会の案内■

学習障害の子どもを支援するセミナー  
勉強が苦手な子ども達から 楽しく学ぶHybrid キッズへ 
―ハイテクは学習障害の子ども達のドラえもんに成りうるか?―


 勉強が苦手で,失敗が重なることで自信を失っている子ども達がたくさんいます。自信を取り戻そうと親や先生と一生懸命勉強に取り組むのですが,なかなか上手くいかないケースも数多くあります。勉強の教え方を工夫するのも1つの方法であることに違いありません。しかし,欧米ではパソコンやヘッドフォンなど様々なハイテクを使って学習に参加できるようにする工夫が広がってきています。このようにハイテクに頼るのは安易だと考える人もまだまだ多いかもしれません。しかし,その一方でハイテクを利用することで自信をもって勉強に取り組める子ども達も増えており,アメリカやイギリスでは読み書きの苦手な子ども達が大学に入って勉強するのも特別ではなくなってきています。ハイテクという特殊装備で勉強に向かうハイブリッド・キッズを増やしていきませんか?このセミナーを子どもさんの教育を考えるきっかけにして頂きたいと思います。

■日 時: 2006年7月27日(木)13:00−16:00 
                 (12:30受付開始)

■場 所: 金沢大学教育学部附属養護学校
       〒920-0933 石川県金沢市東兼六町2-10
  TEL: 076-263-5551  FAX: 076-264-2275    
  http://www.kanazawa-u-sh.ed.jp

■講 師: 東京大学先端科学技術研究センター 特任教授 中邑賢龍

■対  象: 学習に困難を抱える子どもさんのご家族、保育所保育士、幼稚園教諭、小学校・中学校等の教員、その他関心のある方

■定  員: 60名

■参加費: 資料代として1000円を当日受け付けでお支払い下さい。
                               


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


■問い合わせ・申し込み

E-mailあるいはFAXで。
お申し込みの際は,お名前,ご住所,連絡先(電話あるいはメールアドレス)をお書きの上,7月20日(木)までにE-mailあるいはFAXで下記までお送り下さい。

金沢大学教育学部附属養護学校
担当:河野俊寛(こうの)
E-mail: kono@kanazawa-u-sh.ed.jp
FAX: 076-264-2275 TEL: 076-263-5551
1

2006/5/10

いしかわTEACCHプログラム研究会主催 講演会  ■講演会の案内■

クリックすると元のサイズで表示します


いしかわTEACCHプログラム研究会主催 講演会
「自閉症とアスペルガー症候群の理解と支援」

■講 師■ 服巻 智子先生
        (NPO法人“それいゆ”それいゆ相談センター長)

■日 時■ 平成18年6月24日(土) 午後1:30〜4:30

■場 所■ 金沢市駅西健康ホール「すこやか」

■会 費■ 会員1500円、会員以外2500円

■問合せ■ いしかわTEACCHプログラム研究会 事務局

※申し込み入りません。直接会場にお越しください。
0

2006/4/24

インリアル入門講座  ■講演会の案内■

2006年度 金沢インリアル研究会 入門講座

-------------------------------------------------------------------

INREALによる
発達障害を持つ子供たちの理解と支援


-------------------------------------------------------------------


 一見「普通」に会話をしているように見えても、メッセージを適切、あるいは正確に伝え合う事を苦手にしている子供たちがいます。
INREALは会話を詳細に分析する事で、彼らの独特な物の見方や物事の処理の仕方等、一人一人の独自性を把握する機会となり、彼らへのサポートの手かがりを私たちに与えてくれます。

【日  時】   平成18年5月27日(土)午後2時〜4時30分 
   
【場  所】   金沢市教育プラザ富樫 1号館2階121号室
   
【参加費】   金沢インリアル研究会会員 無料
  (当日、会員登録を行います 登録料 2000円)
  会員外 資料代1000円
   
   
【講座日程】

  2:00〜
  実践報告1  高機能広汎性発達障害児のコミュニケーション問題をINREALで読み解く   発表者  NPO法人アスペの会石川 柿澤 寿代

  3:00〜
  実践報告2  発見! インリアルで自分のかかわりが見えてきた!! 「自分でもどうして言ったのか??」 「うまくかかわっていると思ったのに…。」 分析を通して自分のかかわりに対する新しい発見。
  インリアルの分析を通して子どものこと、そして自分のかかわり方が見えてきました。   発表者  馬場幼稚園 近藤美穂
 
  4:00〜
  インリアル研究会総会
   
【申し込み先】   金沢インリアル研究会 事務局 橋爪ゆかり 
  TEL  076-223-5254     FAX  076-261-2557
  E-meill  Kanazawa_inreal_kenkyukai@yahoo.co.jp




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ