森繁昇からの手紙

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2021/9/4



その後、皆さん元気でしょうか? 大雨が
続きましたが、皆さんが、安全で元気にして
おられることを願っています。

「大雨」

 大雨は、私のところも、何度か通って、東
のほうに向かって行きました。
 今回のように日本中で長い間、大雨が降る
のは本当に珍しいことです。あちこちで被害
がでていますが、イエス様が皆さんを災害か
ら守って下さるようにお願いしています。被
害に遭われた方に、できるだけ早く援助が与
えられますよう、お祈りします。また、私た
ちも、できることで被災者の方々を援助しま
しょう。
 実際、私自身も山口では災害危険地域(谷
間のレッドゾーン)に住んでいて、3年前は、
山から土石流が裏の畑と家の周りに流れてき
て、床下浸水になりました。1部屋は床上ま
で水が上がってきて、畳がダメになりました
が、大した被害ではありませんでした。感謝!
 あの災害の後で、裏の畑の1つ上の段に、
(もと田んぼだった所)ユンボで溝を作って
もらい、それによって、3年前に右側の山裾
に新しくできた流れが、その溝を通って、谷
の左側の溝に流れるようにしました。それと、
右側のその新しい流れが、真っ直ぐ私の家の
方に流れるのを止めるため、1メートルくら
いの高さで岩や石を積み、その上にセメント
を流して固め、堤防のようなものを作りまし
た。自分でやってみた堤防もどきですが、そ
の堤防と溝を作ったことで、今回の雨では、
右の山裾の流れは私の家の方に来ないで、左
側の溝のほうへ流れて行きました。感謝!(堤
防って大げさですね。)しかし、まだこれか
ら先も、日本中どこでも大雨になる可能性は
十分あります。できるだけ気をつけて、賢明
に行動しましょう。「イエス様、どうか、私
たちをこれらの災害から守って下さい。よろ
しくお願いします。」

 「いと高き方の隠れ場に住む者は、全能
者の陰に宿る。
 私は主に申し上げよう。『わが避け所、
わがとりで、私の信頼するわが神。』と。
主は狩人のわなから、恐ろしい疫病から、
あなたを救い出されるからである。」
  (詩篇 91: 1〜3)


「私の心の変遷」続き

「新約聖書」

 それからどのぐらい経った頃でしょう
か、 私 は、 誰 か に、 こ う 尋 ね ら れ た の で
す。"Do you read New Testament?" "New
Testament?"
 聞き慣れない響きの言葉でしたが、すぐわ
かりました。「新約聖書」です。「あなたは新
約聖書を読みますか?」って尋ねられたんで
すね。多分その人は、私が創世記ばかり読ん
でるのを見ていたのかも? 笑。
 それを尋ねられたのは、私が、ちょうど旧
約聖書の2番目の書簡「出エジプト記」を読
み終えた時でした。それはとても良いタイミ
ングだったのです。なぜなら、3番目の書簡
は「レビ記」といって、それはそれは、神の
たくさんの律法や決まり事が、何と! 50 ペ
ージも続くのです! そして、その次は「民
数記」。その中には、人の名前とその数、そ
して、またまた、別の律法と決まり事が、
70 ページ近く続くのですから。全く面白く
ないのです!(もちろんそれらのことは、後
で分かったことですが……)もし、私がそれ
に突入していたら、聖書がつまんなく感じて
いたかも。私は、「出エジプト記」から、新
約聖書に翔んだのです。

「私が聖書を読んだ理由の一つ」

 覚えておられますか?
 私には、聖書の後ろの方を、前の方と同時
に読むという考えがありませんでした。それ
は、一番初めに聖書を読み始めた理由が、「聖
書の中にバカなことが書いてある。それを見
つけて、クリスチャンという人達と論議する
んだ。」という考えだったからです。飛ばし
て読んだら論議に負けると思ったんですね。
昔の負けず嫌いのまんまの森繁! 笑。「聖書
が本当であるはずがない!」と思っていた私
は、聖書の中の、意味の通らないところや、
バカげたところを見つけ出し、彼らを笑って
やろうと考えていたのです。
 もう一つの理由ですが、これは読みはじめ
てだいぶたった頃に考えた理由です。最初か
ら終わりまで聖書を全部読まないで、途中を
飛ばして読んだら、飛ばしたところの情報が
ないので、後の方を読む時、理解できないこ
とが出てくると思ったからです。それで私は
どこも飛ばさないで、最初から最後まで読み
通す考えでした。真面目で真剣でしょ? い
や、確かに、マジ、真剣でした!
 (注釈:Testament 契約、Covenant 契約、
この言葉が使われる時もあります。promise
約束。これらの言葉は聖書によく使われてい
ますが、このことから、新約聖書は、新しい
約束・聖書ということになりますね。)

「マタイの福音書」

 全く何の知識もなく、何の手ほどきも無く、
何の説明も無く、いきなり新約聖書に突入し
た私。英語もよくわからず、日本語がわかる
人が誰一人いないところで、誰に尋ねること
もなく、ただ一人で読み始めました。(旧約
聖書も同じでしたが。)

 はじめてマタイの福音書の1章を読んだ時
のことは、ほとんど何も覚えていませんが、
やはり、「何なん? この名前の数? カタカナ
なのに名前読めんし!」それが印象でした。
しかし、一つ分かったことがありました。そ
れは、「あーー、ここからイエス・キリスト
が出て来るんや!」でした。福音書というの
が何なのか、聖書のメッセージは何なのか?
誰が書いたのか? 何の目的で書いたのか?
等、そのようなことは頭の中を一瞬すらよぎ
らないまま、ナイーブで愚か、威張った態度
の白紙の頭が、新約聖書を読み始めたのです。

「出エジプト記までを読み終えた時の、
私」(チョット話が戻りますが。)

 7月号、8月号で、私の心の変遷の中でも
書きましたが、私が「出エジプト記」を読み
終えた時までに、「もし創世記1章1節が本
当なら、私は罪人である」と認めていました。
もし「本当なら……」ですよ。
 その心は、聖書を読む前の私の心とは、全
くと言っていいくらい変わっていました。そ
の理由は、「もし造り主が本当にいたら……」
人生は私を造られた方が中心? 私は造られ
たもので、造った方の目的に生きる者? そ
のように想像さえしていました。自己中で生
きる人生なんてありえないとも感じていまし
た。もし、創世記1:1が「本当なら」。

「ガッツで生きる人生が崩れた」

 新約聖書を読む前に、私の心はそのように
変えられていたのです。新約聖書を読む心の
準備ができていた? いやいや、聖書の何も
信じていたわけじゃあないんですよ。しかし、
以前の私の、自分中心で生きる、ガッツで生
きる、また、自分がやりたいように、自分だ
けを信じて生きればいいんだ!という考えが
すでに崩れていたと思います。
 もし、造り主の神がいたとしたら、その神
を考えないで自分中心で生きる人生? そん
な神を無視して生きる人生?それは考えられ
ないと思いました。私は「本当なら知りたい」
と思って聖書を読んで、ただ勝手に想像した
だけなのに、私は、それまでの私の考えの人
生は良くないと思ったのです。その人生は罪
や偽り、欲望の多い、問題の多い、また怒り
や妬みや絶望が多い人生になるだろうみたい
な、そんな気がしたのです。
 今振り返って思うのですが、もし、私がイ
エスもイエスの愛も知らなかったら、私はと
んでもない男になっていたと想像できます。
げっ!邪悪で恐ろしい男になっていても不思
議ではないと思います。

「山頂の教え(マタイ5章から7章)」

 1章から4章まで、何も強い印象もなく、
ただおとぎ話の感覚で読み進んだと思いま
す。そして、イエスは、山に登って座り、つ
いてきた人々に語ったとあるのです。
 それが5章からです。イエスが直接人々に
語り、教え始めるのです。私は、ほとんど何
も考えないまま読み進んでいきました。そし
て、38 節に来て、そこから先に書いてある
ことを読んで、私は少し考えたのを覚えてい
ます。その聖書の箇所です。
 「『目には目で、歯には歯で。』と言われ
たのを、あなたがたは聞いています。
 しかし、わたしはあなたがたに言います。
悪い者に手向かっていけません。あなたの
右の頬を打つような者には、左の頬も向け
なさい。
 あなたを告訴して下着を取ろうとする者
には、上着もやりなさい。あなたに1ミリ
オン(1.5km 物を担がせて歩かせる・当時、
ローマの兵隊はイスラエル人に対して、そ
のようにしても良い権限を持っていた)行
けと強いるような者とは、いっしょに2ミ
リオン行きなさい。
 求める者には与え、借りようとする者は
断らないようにしなさい。
 『自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め。』
と言われたことを、あなたがたは聞いてい
ます。

 しかし、わたしはあなたがたに言います。
自分の敵を愛し、迫害する者のために祈り
なさい。
 それでこそ、天におられるあなたがたの
父の子どもになれるのです。天の父は、悪
い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい
人にも正しくない人にも雨を降らせてくだ
さるからです。」(マタイ5:38 〜 45)

「論議はどうなったん?」

 私はこの辺を読んだときに、何かを感じた
んですね。悪いものに手向かってはいけませ
ん。エッ? 私は、小さい頃から、すぐ手向
かうガキ大将でした。
 次に、「右の頬を打つものには左も向けな
さい!!??」「そんなことする奴いねーだろ!
俺なら、殴られる前に殴ってやる!!」
「俺から下着を取ろうとする者には上着もや
れ??!!」「そんなことできるわけねーだ
ろ! バカだよ!」
 「自分の敵を愛して、迫害する者のために
祈れって?!! それもバカだよ !!」
 私は読みながら、そんな風に感じていたの
ですが、同じ心の中に何か、「神がいたとし
たら、神はそういう風に言うのかなぁ?」 「ど
れも俺には到底できないが、でも、まぁ、そ
んな風に生きれたらいいなぁ、」何故か?そ
のような気持ちを感じたのも覚えています。
 それらのことを読んで、私は誰かと論議す
るどころか、自分一人でそれを考えることで、
頭はいっぱいだったと思います。
 イエスが言ったことが、7章まであるので
すが、他のところはほとんど何も覚えていま
せん。全てイエスが言ったことは、誰にも見
えない人の心の中に、そのように生きるよう
に命令したんですね。そのことは、悪い気は
しませんでした。
 創世記から読み始めた私には、造り主がも
しいたら、私は知り尽くされてるんだから、
イエスが言ったことに関して、言い逆らうよ
うな気はしませんでしたし、読んでる内容に
関して、だんだん真剣に考えて行ったんだと
思います.これら私の心に起こったこと、私
の心の変遷は、創世記1章1節が本当なら「創
造主の神を知りたい」という正直な心の願い
から始まったのです。
 イエスが言った、7章7節8節の言葉です。


 「求めなさい。そうすれば与えられます。
 捜しなさい。そうすれば見つかります。
 たたきなさい。そうすれば開かれます。
 だれであれ、求める者は受け、捜す者は
見つけ出し、たたく者には開かれます。」


「創世記から読み始めた私に、最も益と
なったこと」

 それは、創造主の神がおられるというのを
初めに読んだことです! 私が新約聖書から
読みはじめていたら、人間以上の、天地の全
ての創造主なる神がおられるかもしれないと
うことを、深く考えなかったでしょう。そし
て、イエス・キリストが造り主であるという
ことを、長い間知らなかったと思います。し
かし、私は、創世記1章1節、聖書の一番最
初の言葉によって、崩されたのです!!!
 続く。次回は、心の変遷、最終回です。かな?
 今回も、最後まで、ありがとうございまし
た。


のぼる






ザ・デイ / 森繁 昇
〒744–0019 山口県下松市桜町2丁目17–24
FAX▶ 0833–91–6492
E-mail▶ thewindisblowing@hotmail.com
HP▶http://www.thedaywill.com/
振替口座▶01330-4-93687 ザ・デイ

Noboru Morishige
P.O.BOX 1666
KEAAU, HAWAII 98749 U.S.A
TEL ▶ 808–966–92524


0

2021/8/15

毎日猛暑の中、皆さん元気でしょうか? オリンピック、中盤ですね。今日も、たった一つの望みであるゴスペルを、私の心の変遷を通してお届けします。

心の変遷 

私の心の変遷を細かく書いていますが、読んで下さる方が、飽きないようにと願っています。私の場合、このようなことが心の中で起こり、忠実な神の恵みによって、天地創造の神を知るに至りました。どうか続けて読んで下さいますようよろしくお願い致します。 
「もし?本当なら…?」 このことが、本当かどうかわからないのに、なぜ、俺は、こんなに真剣に、これを考える??

『頭が変になりそう』 

「俺は、洗脳されつつあるのか?」「聖書なんか、読むんじゃあなかった!」頭をよぎる。このことが本当なら、日本のほとんど全員が間違っていることになるじゃあないか? 日本の歴史が記されて以来、仏教、神道を奉じ、偶像や人を祭ってきたことは全て間違っていたのか?? 「間違っていたなんて?」「そんなことがあるはずがない!!」

『天地がひっくり返る!!』 

「聖書が、もし本当なら」というのと、「昔からの日本が、間違ってるはずがない」の2つが、天地をひっくり返してしまうかもしれないほどの大問題であるということが、私の上にのしかかりました。 それと(これは、前にも書きましたが)、もし、それが本当なら、本当のことを知ることは、私個人の全てである「私の心と私の人生全てさえも」、ひっくり返してしまう可能性があるということが、どっしりと私にのしかかったのです。

『仮定の中で、まだ神を知らない私。』

これらのことは、全て「もし、創世記1章1節が本当なら…、」ということに基づいたことでした。7月のレターで、「森繁昇は、どんな悪でもやる可能性を持った罪人であるとわかったのです。」と書きましたが、それは、「もし、本当なら」と仮定した上でのことで、その時は、まだ、自分が罪びとであるとは、本当には認めていなかったのです。なぜなら、それを認める対象、理由(創造主なる神)を、まだ知らなかったからです。 しかし、「本当なら知りたい」という、初めに私の心に起こった願いは無くなりませんでした。(後でわかることですが、神は、神を知りたがる人の心の願いを守ってくださるのです。)

「人生って…? 何…?」 

「もし、人間も含め、全てのものが、神に造られたのなら、全てのものに、それを造った神の目的がある。私をも造った目的がある、私を造った理由がある」単純にそう思いました! それが人生かも。(説明しにくいのですが……その人生の中で、神は人に自由意志を与えているのです。) もしそうなら、俺が、神無しに、ただやりたいからとか、やりたくないからとか、得意だからとか、好きだからとか、嫌いだからとか、必要だからとか、頼まれたからとか、命令されたからとか、みんなもやるからとか…そのような理由だけで人生を進めば、私の人生は、造り主の目的から全くはずれた人生になると思いました。でも、それもまだ、「もし本当なら…」でしたが……。

「どうしたらいいんだ?」 

どうしたらいいって?「私を造った神に尋ねたらいいんだ」と思いました。しかし、まだ神を知らない私には、それは、ただの考えにすぎませんでした。その時私の心に起こったことを、思い出しながら今書いているのですが、何も確信して言えることはなく、ただ、『もし神がいるなら、神が私に教えてくれるだろう』と思っていました。

「その時に考えた別のこと」

*他の神が本当の神かも? 
聖書を読んでいるうちに…もし神がいるとしても、「聖書の神が本当の神じゃあなくて、他の神が本当かもしれん」という思いがある時来ました。しかし、もし、天と地の創り主の神がいれば、その神は何でも知ってるのだから、神を知りたがってる人に、『間違ったものをつかませない』という思いが不思議に私の心にありました。
*造り主の神を知ることは、俺にとって、本当に大事で必要なことなのか? 
何度か頭をよぎりました。で、結論は、もし本当にいるなら、知りたくないというのは『あり得ない』と思いました。
*神は、神自身のことを、どのようにして、私に教えるんだろう? 
話は前後しますが、聖書を読み始めた最初の頃、そんなことを考えました。そして、その時、私は、上を向いて、こう言ったのです。「もし、神が本当にいるのなら、俺に現れよ!そしたら信じてやる!」と。でも、姿は見えなく、声も聞こえませんでした。
*『間違い』と『嘘』、『不注意での失敗』と『わざと』 
少しずつ変わってきた私ですが、その1つに、私は、ちょっとしたことでも、「間違いと嘘」「不注意での失敗とわざと」のことを時々考えるようになりました。それまでは、どれも「ごめん」で済むと思っていましたが、「ごめん」で済むのは、「間違い」と、「不注意で起こしてしまったこと」。しかし、「うそ」と「わざと」は何か、ごめんで済まないんじゃあないかのような気がしました。(今は、このように説明できますが、その時は、何か罪悪感があるだけで、はっきりは説明できませんでした。) 間違いと不注意での失敗は、私の心は悪くなかったのですが、嘘とわざとは、私の心が悪いと思いました。このことも、私は、自分が神に知り尽くされているという想像から来た、気になることでした。
 
いきなり聖書から「神を恐れることは知恵の初め」(箴言9:10)
  
神は、天地の全てを造られたただひとりの神で、全知全能の絶対的な存在。この方を知る時から、知恵、知識、が始まるというのです。『えっー?』 私は、何もわからないまま、ただ、その方を知りたいと思ったのです。その心をご存じの神は、上に私が書いてきたことを、私に考えさせたのだと思います。私が何か努力したからとか、がんばって学んだからとか、そういうことでは一切なく、ただ、『本当なら、知りたい』と願っただけなのです。

『信じることは、決断ではない。』  
 

もし私が、「私は神を信じました」とか、「私は神を信じています」と言うと、私が自分で『決断』して神を信じるようになったと誤解される可能性が大いにあると思います。(確かに、私は天地創造の神を信じているのですが…)このことは、とても大事なことで、『信じるということは、決断でできることではないのです。』そのことは、私の心の変遷からでもわかるかと思いますが。しかし、多くの人は、信じることは決断でできること(決断ですること)だと考えていると思います。 チョット考えてみてみましょう。仮に、あなたが、創世記1章1節を読んで、「私は、これが本当だと信じる決断をします。」って、できるでしょうか? できませんよね。そのように、信じるということは、決断してできることではないのです。これは大事な『真理』です。 私は初め、クリスチャンは、『信じると決断して』クリスチャンになったんだと思っていたので、「そんなん、よう、信じれるなぁ…?」と不思議に思い、私にはイエス・キリストを信じることは不可能だと思いました。多くの人がそのように感じているんじゃあないでしょうか。(続く…)

『雨水を使ったハワイの生活』

 私たちがハワイ島に越して来た時の島の人口は7万とか8万と聞いていました。2015年の人口調査では19万人弱。現在は大体20万人くらいでしょう。コロナで去年の人口調査の結果が出ていないので、はっきりはわかりませんが。

『電気・水道のない所に住む?』 

1986年、ハワイ島に住むと決めた時、電気無し、水道無しの生活はちょっと考えられませんでした。でも、雨が多いということで、雨水を使って生活している人と友達にもなってきて、雨水でも大丈夫と思うようになりました(実際、田舎はどこも雨水で生活)。しかし、電気のない所となると、「いやぁ、そりゃ無理ちゃう?」その頃、電気無しの人は、12ボルトで動く家電と、必需品の冷蔵庫はプロパンガスで動くものを使っていました。私は、そんな冷蔵庫があるなんて知りませんでした。その後、だんだんわかってきたことの一つは、 ここに住んでる人たちは、皆、私よりタフな人だということでした。

『土地購入』
 
私たちは田舎に住みたい願いがあったので、田舎に安い土地を買うことにしました。それで、最低、電気の通った所の土地を探し始めました。農地として開拓されたところを区分した物件に、1エーカーと2エーカーの土地が別々の場所にありました。2エーカーの方は、ほとんど人が住んでいなくて、道路はとても悪く、岩や砂利でできたところでしたが、そこを買うことにしました。(34年後の今でも、道路の悪さは当時とあまり変わりません。ゲっ!) 2エーカー(約2400坪)の土地は、40mx200mの長方形。地面は全て溶岩石ですが、長年の間に(溶岩が流れて何年たってるんでしょう?)溶岩の割れ目や、低くなったところに木や草が生えていて、雑木林のようなところでした。その中で、目立った木は『オヒヤ』という木で、それはハワイ島の木です。とても硬い木で、昔は、サトウキビ列車の枕木に使っていたものです。 気に入った土地が見つかり、売り手が早く売りたいということで、評価の半値の10,000ドル(当時、130万円)で購入しました。 その土地は、電気は来ていなかったのですが、近くの電柱から電力会社が3本の電柱を建ててくれました。電気が来ていないのは、人が住んでいないからですね。で、水道が無いのも同じ理由ですが、地面が溶岩石なので、水道パイプを入れるのは大仕事で、全く採算が合わないからです。ということは、下水道もないということです。セスプールと呼ばれる直径2.4m、深さ3mの浸透式の穴をダイナマイトで掘り、その穴をセメントで蓋をする。家の全ての汚水はこの穴に流れ込み、地下にある溶岩トンネルに流れていくのです。げっ! だから、上下水道代ただ!! セスプールは「絶対開けたくない!!」 銀行から借入して、工務店に頼まないで、ローカルの大工さん二人を雇い、一緒に家の設計をしました。いわゆるオーナー・ビルディング。(オーナーが、自分で建てるということですが…、実際は大工さんがほとんどやる。私は、材木を運んだり、釘を打ったりするくらいでした、笑。) 材木はオレゴン州に大工さんが買い出しに行き、安い材木を大きなコンテナで送ってきました。当時、建築資材泥棒が多く、材木を現場に置いていると、夜中に盗まれてしまうことを聞いていました。それで、私は、家のフレームが出来上がるまで、毎晩、子供たちを代わりばんこに連れて行き、材木の傍でキャンプをしました。楽しかったー!

『雨水』

屋根に降る雨水を樋から集め1本にし、それを37,000リットル入るタンクに貯めます。その水をポンプで、台所、トイレ、洗面所、洗濯場、風呂、外の蛇口、に送るのです。飲み水の為に、台所にだけフィルターを付けた別の蛇口があり、それを飲料水、料理水に使います。フィルターがあるので、水の出はとても悪いのですが、慣れます。雨が十分降るので、水不足はほとんど経験しません。多分、この34年の間に、7、8回水を買ったと思います。タンクローリーで、12,000リットルを100ドルくらいで配達してくれます。 次回は、又、別のことを紹介しますね。 オリンピック、終盤に入りますね。

『力と技と速さを競う世界大会』

日本が出るのを見たい! 勝ってほしいよー! 夕飯を食べながら、録画してもらっていた日本と南アフリカのサッカーの試合。しばらく見みていたら、聖書の箇所を思い出していました。 

競争は足の速い人のものではなく 
戦いは勇士のものではなく 
パンは知恵ある人のものではなく 
富は悟りのある人のものではなく        
(伝道者の書9:11)

『ネット配信ライブ』

神様のみ旨なら、この夏も帰国します。教会でのコンサートが一つあります。8月29日宝塚栄光教会です。その日曜の午後にネット配信となります。どうか、早めに、ネットで宝塚栄光教会を調べてみてください。よろしくお願いします。


ライブ配信情報:https://www.takara-eikou.com/schedule/?monthly=202108



宝塚栄光教会:https://www.takara-eikou.com/



「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、
世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして
滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
(ヨハネの福音書3:16) 


最後まで、ありがとうございました。

のぼる



ザ・デイ / 森繁 昇
〒744–0019 山口県下松市桜町2丁目17–24
FAX▶ 0833–91–6492
E-mail▶ thewindisblowing@hotmail.com
HP▶http://www.thedaywill.com/
振替口座▶01330-4-93687 ザ・デイ

Noboru Morishige
P.O.BOX 1666
KEAAU, HAWAII 98749 U.S.A
TEL ▶ 808–966–92524





0

2021/7/27



皆さん元気でしょうか? 心身ともに元気
なことを願っています!
 「人生、一寸先は闇」昔からのこの言葉は
間違いありません。先のことは人から隠され
ているのです。それは、神の計画で、人が高
ぶらないためです。
「順境の日には喜び、逆境の日には反省せ
よ。これもあれも神のなさること。それは
後の事を人にわからせないためである。」
(伝道者の書 7:14)
 
しかし、イエスの愛と永遠の命の約束は、
一寸先も、そして、いつまでも変わらない
希望の光です! 闇ではありません! 希望で
す。それがゴスペルです! 人はそれが要り
ます!

『1本立て映画』


 唯一無二、どこにもない劇的で、現実生身
の一本立て人生映画が、全ての人にあるので
す。 仮にあなたが、今、病で病院のベッド
に横たわっておられるとしても、職がなくな
り来月の家賃も食費もどうなるのかと案じ
ておられるとしても、離婚して子供も財産
も失う状態になろうとしていても、また、そ
の他、どんな絶望の状況の中におられるとし
ても…。全てをご存じで、愛と恵みとあわれ
みに満ちた、オールマイティーなる神がおら
れ、皆さんと一緒に人生を歩んでくださるの
です! それは、神の栄光のため! 神は人を
愛してやまないのです!

(連載)私の心の変遷『どのようにして、私がイエスを知るようになったのか?』


*3月号の終わり は──
 『誰にどう思われても、この真相を知ることが
私にとって、人生で一番大事だ』と認めること
でした。これは、私の真実です。4 月号に続く。

*4月号の終わりは──
 『えっーーー?日本の国のほとんどの人を敵に
回して、俺一人で立つことになるのか?(大げ
さなようですが、私にはマジでした)』『家族、
親戚、友達、それに全ての知人がいる反対側に
一人で立つことになるんやな。』『本当のことを
知る為には、何も要らないのですが、自分の全
てがかかるのです。』でした。その事は、全ての
人にとって同じです。

* 5 月号 6 月号には、私の心の変遷は書きませ
んでした。ごめんなさい。
 以前も書いたことなので、あまり重ならな
いように。

 1973 年の夏から、私は私と同い年くらい
の男性が 12 〜 13 人住んでいる家に引っ越
しました。(ナッシュヴィル)。ルームメート
はいましたが、なんせ安い。月 40 ドル。彼
らのほとんどが、クリスチャンというのです。
英語はあまりわからなかったのですが、彼ら
ひとりひとりのキャラは、はっきりしていた。
自由で優しかったかな? 他の人のことはと
やかく言わない、自分の人生は自分で、みた
いな、日本では経験しなかった自由さを彼ら
に感じました。

ある日曜日、彼らが行ってる教会とやらに
行ってみました。礼拝が始まる時間より少し
遅く着いたので、入り口まで超満員。じいち
ゃんばあちゃんもいましたが、なんと、ほと
んどが若者だった。それも、多くの若者がい
わゆる『ヒッピー』のようでした。何日も風
呂に入っていないような、何週間も洗濯して
ないような? 多分 500-600 人くらいが入る
礼拝堂だろう。空いてる席はもちろんなく、
入り口から前の講壇に続く二つの通路も、2
列で床に若者が座り、足の踏み場もない超満
員。何これ? 私は圧倒されたが、『この人ら
皆が洗脳されてるんか?』という感じはな
く、一人一人が自由さを持っているように感
じた。

『礼拝』

その教会は、大体どこの教会でも入る時に
手渡される『週報』(その日の礼拝の進行な
んかも書いてある。*このことは、何年かた
った後でわかったこと*)というものはなか
った。ざわざわしていたのが、だんだん静か
になり、どこからともなく、一人誰かが歌い
出した。すると、それにつれて、ほかの人達
が一緒に歌い始めた。タマゲタ!! その声と
美しさと技術にたまげた! 誰も指揮をして
いるわけではない。誰が、どのハーモニーや
るって、いつ決めたん? 楽器は何もなかっ
た。歌が終わると、静けさがしばらくあり、
また、違うところから、誰かが歌い始めた。
これが讃美歌 ?? 意味はわからなかったが。
そんな調子で、4 〜 5 曲歌っただろうか。自
由さと厳粛さと言ったらいいのか。真面目な
正直さ? そんな気持ちを声に感じた。上手
という言葉は当てはまらなかった。時々、会
衆全員が、立ち上がったり座ったり、また、
笑ったりした。私は、いつ立ったらいいのか、
また、いつ座ったらいいのか、いつ笑ったら
いいのかわからないので、ちょっと恥ずかし
い気がした。礼拝の中頃から話が始まった。
知らない言葉が多くてほとんどわからない。
話してる人のキャラは、腰の低い、大胆な優
しい人というのを、また、声に感じた。その
人は聖書を出して、その日の聖書の箇所?を
読み始めた。どこの何を読んでいるか全くわ
からない。
 こんな調子で、何回か教会に行った。そう
こうしてるうちに、誰かが日本語の聖書を私
にくれた。クリスチャンでもないのに、私が
聖書を持ってることで、周りの人からクリス
チャンだと思われるのは嫌だった。

『不可能』
 
この人らは、聖書に書いてあることを、本
当に信じてるんかなぁ? 書いてあること
が、本当だと知ってるんかなぁ? もしそう
なら、 どうやってそれが本当だとわかった
んやろぅ? 
 私は、そんなことを考えるようになりまし
た。そして、あのいつもの話です。創世記 1
章 1 節です。どのようして、彼らは、それ 
が本当だとわかったのか ??? 私は、そのこ
ろまでに、聖書に書かれてあることが、『もし、
本当なら知りたい。』と思っていました。私は、
そのようなことを何日も考えていたと思いま
す。しかし、造り主なる神がいることが本当
かどうか知ることは『不可能』という答えに
到達しました。知るすべがないのです。
 
『興味深い聖書』

 何日も経ったと思います。私は、創世記
を、とても興味を持って読んでいたと思いま
す。「もし、本当なら知りたい」と思って読
んでいる私には、その内容は、とても新鮮?
神が人間みたい?(実際は、人間が神に似せ
て造られたのですが…)神には妥協がない?
神は、人に言った言葉に対して忠実?神はあ
われみ深い? 人は、どうして、神に逆らう?
等…を感じていました。何だ! 物語みたい
じゃん! 私は、聖書が難しいなんて全く思
いませんでした。
 (ここのところは、もっと細かく書いてみ
ますね。)

『もし、本当にいるなら ??』
 
私の心はだんだん変わっていきました。「も
し、造り主の神が本当にいるなら、今、俺の
ことを、どっか上の方から見てるんだろう。
そして、俺のことを、よく知ってるんだろう。
天と地を造れた神なんだからなぁ。もし、そ
うなら、神は、俺が神を知りたがってること
も知ってるはずだ。もしそうなら、神の方か
ら、俺に自分のことを直接教えたらいいじゃ
あないか! こっちからは知るすべがないん
だから!」と心が言いました。
 私は、これらのことを、『もし本当なら知
りたい。』の心で、まだ知らない神に立ち向
かっていたのです。横柄にも。
 それから、どの位たったのでしょうか。 
天地の全ての造り主なら、『俺のことを良く
知ってるどころか、知り尽くしているに違い
ない。』の想いが、私を襲ったのです。これ
らの私の心の変遷は、私と、私がまだ知らな
い創造主なる神との二人(?)だけの間で起
こったことです。

『私という人』

『神は、私のことを、知り尽くしている?』
それは、私が勝手に想像したことでした。私
のことを知り尽くしてる? えっ? その時ま
で、『私のこと』(私という人)というのは、
『他の人が私を見たり聞いたりして、彼らが知っ
ている私』それが私でした。外見、言葉、言
葉使い、声の調子、動作やしぐさ、何ができ
るか、キャラ、等、外側からだけで判断され
る私です。私自身も、それが自分だと考えて
いたようです。いや、実際、そんなことは、
多分、一度も考えたことがなかったと思いま
す。それは、人は誰も、他の人の心の中は見
えないからです。私も、他の人の心は見えま
せん。そんな私に、『神は、私の心の中の全
ても知っているんじゃないだろうか? 天と
地の全てを造った神なら、それはできるに違
いない!!』その思いが私を襲ったのです。
 『アーーーーーーーーーーーーーっ!!!!』 

『なぜ、そんなことを考えた?』

 そんな神が、いるかいないかもまだわから
ないのに、私は、自分が悪いと知っているこ
とでも平気でやってきた多くのことや、誰に
も知られないからと思ってやった多くの悪い
こと、恥ずかしいこと、それに嘘嘘嘘……を
考えてしまった。その時まで、そんなことは、
生まれて一度も考えてたことがなかったので
す。それなら、「なぜ、その時、そんなこと
を考えた ??」その理由は……天と地を造っ
た神がいるかもしれないと「想像した」から
です。私は、ただ、その想像だけで、やられ
たのです!「なぜ、そんなことを想像した
???」それは……私が、『もし、創世記 1 章 1
節が本当なら、その創造主なる神を知りたい』
と心が言ったからです。

『私は、罪人だ。』

 その時です!私にとって、生まれて初めて
の思いが心に起こりました。
 それは……もし、天地の全てのものを造ら
れた造り主の神がいたら、『私は、罪人だ。』
ということでした。そして、世の中の全ての
人間が罪人であると思いました。神の前に、
正しい人は誰一人いない。そして、人類の全
ての『悪』というものが、人の心から出てき
た(出てくる)のだと確信しました。 「森繁
昇は、どんな悪でもやる可能性を持った罪人
である」とわかったのです。このことは、私
の心に起こった、本当のことです。それを証
してくださるのは神です。


「ハワイの生活」(雨水)




私たち家族がハワイ島ヒロに引っ越したの
は1986年です。私の最初のヒロの印象は、「雨
がよう降るなぁ!」(年間雨量 3500 〜 4000
ミリ)でした。それは、私の最初の仕事がマ
カデミアンナッツの農場での草刈りだったか
らかもしれません。それも、鎌で刈るのです。
ナッツの木を植えたばかりの 700 エーカー(1
エーカー= 1200 坪)を売り出した会社と購
入会社の商談が裁判となって、まだ 50 〜 60
センチしかないナッツの木の周りの雑草が1
度も刈られてない時に、私が雇われたのです。
常夏の雑草は 2 メートル近くになっていて、
ナッツの木がどこにあるかわからない。大き
な草刈り機を使うとナッツの木を切ってしま
う。それで、「ナッツの木を見つけて、その
周り、直径 2 メートルの雑草を刈り、木の
そばに 3 メートル位の(赤いリボンを結んだ)
竹竿を突き刺すこと」これで、大きな草刈り
機がナッツの木を切らないで済む。「はい、
かしこまりました!」と言ったものの、この
仕事をするのは、私と現地のおっさんのカヴ
ィカの 2 人だけーーー!! ゲェーー! 朝に、
ちょっと彼を見るだけで、そのあとは、ほと
んど一日中彼を見ない。木は、だいたい 10
メートルごとに植えられていた。マジ、終わ
りのない草刈り〜! 1 時間 3 ドル 65 セント
(450 円)の最低賃金をもらった。これがハ
ワイでの私の最初の仕事。36 歳。私は、仕
事ができることを雇い主にわかってもらう気
で、一生懸命に黙々と草を刈った。雨が降る。
スコールというんじゃない!ある時は、土砂
降りが半日続く。宿るところがないまま、ず
ぶ濡れで草を刈る。涙が急に溢れる。これが
何日も続く。日本にいた時は、自分の家で始
めた教会で、チノパンにカッターシャツかな
んか着て、イエス様を語っていた。でも、今
の俺は何だ⁉ 俺がここで、こんなことして
るって、誰一人知る人はいない……。草を刈
る手をとめ、鎌を持ったまま、まっすぐ立っ
たら、もっと涙が溢れた。雨か涙かわからな
い。弱虫。そう、弱虫……。

『1本立て人生映画』

 何年も経ってから、あの時のことと、その
光景を思い出す。自分からチョット離れた場
所で、あの時の自分を見るのです。土砂降り
の中、鎌を持ったまま、泣きながら、突っ立
てる私。唯一無二、どこにもない劇的で、現
実生身の一本立て人生映画!「神様ーー、私
は、ここで何をしてるんですかーーー?」と、
叫んでいる。
 誰の人生にも、そのような時が必ず来ると
思います。誰もわかってくれない、誰も慰め
てくれない、自分のいろんな大変なことを、
誰も知らない時が来る。しかし、あの時も、
神は、神の恵みと私への忠実を優しく示して
くださった。(私が、忠実でなくても。)イエ
スは私を救ってくださるために、十字架で命
を捨ててくださったことを。神は、私を愛し
ておられることを、はっきり思い出させてく
ださった。「私を救うために、神の子の命が
かかったのです!」神は、私によくしてくだ
さらないはずがないのです!
 その時から、私は、またイエスに励まされ、
心をふるい立たされて、黙々と草を刈った。
(他の人にとれば、大した試練に思えなくて
も、本人にとれば、一世一代の、どえらい患
難と思われることが、誰にでもあるのです。)
私は、この世におらせてもらう限り、皆さん
に、イエス様を伝えさせてもらいたいのです。
 雨水を使うハワイの生活を書こうと思って
たのですが……すみません。









ザ・デイ / 森繁 昇
〒744–0019 山口県下松市桜町2丁目17–24
FAX▶ 0833–91–6492
E-mail▶ thewindisblowing@hotmail.com
HP▶http://thedaywill.com
振替口座▶01330-4-93687 ザ・デイ

Noboru Morishige
P.O.BOX 1666
KEAAU, HAWAII 98749 U.S.A
TEL ▶ 808–966–92524





0

2021/6/13

 まだコロナが収まらない中ですが、皆さん
が元気にしておられることを心から願ってい
ます。
 昨日も今日も明日も、そして永遠に変わら
ない神の愛と、永遠の命の約束。それがゴス
ペルです。それはなくならない希望。イエス・
キリストの良い知らせです。
 去年の秋からだったでしょうか? それまで
出していた2つの手紙を1つにして、全ての
皆さんに、同じレターで、ゴスペルを送るよ
うにしました。今回のレターは、以前言いま
した3パートの内容にしなくてごめんなさい。

「涙」

 私は、今まで書いてきたレターのことを思
うとき、私が、よく泣いたことを書いたのを
思い出します。嬉しくて泣く時もよくありま
すが、どうしても、悲しくて泣く。私には、
悲しみがあるのです。どうしようもなく悲し
いのです。いつもじゃあないのですが、泣き
たくなるのです。

「何が悲しい?」
 
人が、特に日本の人が、イエス様を知らな
いことが悲しい。そして、私は、そのことに
関して、何もできない、役に立たない、なさ
けない男のように感じる。人の心には、神様
だけしか語ることができないのはわかってい
るのですが、それでも、どうしても悲しいの
です。そして、しばらく泣いていたい気持ち
になる。変でしょっ? 笑。もちろん、楽し
い時、嬉しい時、感激して喜ぶ時なども十分
神様からもらっていますよ。心配いりません。
ま、でも、見かけより、泣き虫なんでしょうね。
笑。歳をとったからというのもあるかもです
ね。「……知識を増す者は悲しみを増す……」
という、ソロモンの言葉を思い出します。何
の知識だと思います?

「借りがある」
 
毎週日曜日の夕方、Facebook に私の歌を
1 曲、歌詞と文章を添えて載せていますが、
5 月 16 日の歌は「借りがある」でした。聴
いていただく方に、この歌の詞から、ゴスペ
ルの良い知らせを、知っていただきたいと願
って書いたものです。同じメッセージです
よ! それで、今回、レターを読んでくださ
ってる方にも読んで ( 聴いて? ) いただこう
と、文章と歌詞を、ここに書くことにしまし
た。音はないですがぁ。

Facebook より 「借りがある」
 
 いつもの、神からの良いお知らせです‼
神の愛を頂いた全ての人は、他に何も借りが
なくても、他の人を愛する借りがあるのです。
 神であるイエスが、取るに足らない罪人で
ある私を愛し、自ら、私の身代わりとして、
十字架の上で、天の父なる神から、死という
罰を受けて下さいました。それは、父なる神
が、この世の人々を愛しておられることを知
らせるためでした‼ 何っ? 誰が、罪人の罰
を代わりに受けるために、自分のひとり子を
差し出すでしょうか ?? 神の子イエスは、人
として、この世に来られ、父なる神から、こ
の役割をもらっていました。
 イエスは神ですが、私たちと同じような、
人として、自ら、十字架の上で命を捨てられ
ました。イエスは、十字架で、究極の苦しみ
と恥を不当に味わい、私たちと同じように、
人として、恐ろしい死に向かいました。父に
とって、ひとり子を、そのように罪の犠牲と
して苦しめることは、耐え難いことに間違い
ありません。それも、罪のないきよい、自分
のひとり子をです。しかし、このことは、父と、
父に忠実な子イエスを通して、神がこの世の
人々を愛しておられることをあらわす、完全
な方法だったのです。
 ある日、私が、天と地の全てを造られた
神がおられるなら、「知りたい!」と心を開
いた時です。それまで「造り主 ??」なんて、
あほらしい戯言だと吐き捨てていた私の心
に、イエスが語りかけて下さいました。その
時、私は生まれて初めて、神の御前での自分
という人を見せてもらいました。そして、「神
は、人を愛しておられる」 ということがわ
かりました。
 この世には、生物学、遺伝子学、進化学、
人類学、考古学、地質学、科学、化学、医学、
物理学、宇宙学、等、多くの学びがあります。
しかし、陽が昇るまでに消えて行く朝もやの
ような、それぞれの貴重で大切な人生の中で、
「それでは、如何に生きるべきか?」と尋ね
るなら、それは、天と地の全てを造られた造
り主なる神に、尋ねることになります。
 人は、神の絶大な愛を頂いたら、自分の人
生を、神と人々に与えて生きる借りがあるの
です。愛し合う借りがあるのです。それは神
の御心で、人は、心に、そうしたいという願
いを与えられているのです。この世に置いて
頂く間中、返し続ける借りが、あの日、私に
できたのです。

 「借りがある」 

1 友よ 僕は 君に 大きな借りがある
 どうしても払わなければならない借りがある 
 イエスに愛をもらったその日から 
 どうしても払わなければならない借りができた

2 友よ 僕は 君に 大きな借りがある 
 力の限りに歌う 借りがある  
 イエスに 全ての罪を 赦されたその日から 
 生きてる限りに歌う 借りができた 

3 友よ 僕は 君に 大きな借りがある 
 君がまだ知らない 借りがある  
 イエスに 永遠の命をもらったその日から 
 君がまだ知らない 借りができた  
 
4 友よ 僕は 君に 大きな借りがある 
 僕のすべてを 君にささげる 借りがある 
 1973 年の 冬のある日から 
 僕のすべてを 君にささげる 借りができた 
 
5 友よ 僕は 君に 大きな借りがある 
 どうしても 払わなければならない借りがある
 イエスに 愛をもらったその日から 
 どうしても払わなければならない借りができた
 どうしても払いたい 借りができた

 
 イエスのしもべ、パウロの証言です。
「だれに対しても、何の借りもあってはな
りません。ただし、互いに愛し合うことに
ついては別です。」(ローマ人への手紙 13:8)
「私は、ギリシヤ人にも未開人にも、知識
のある人にも知識のない人にも、返さなけ
ればならない負債を負っています。ですか
ら、私としては、ローマにいるあなたがた
にも、ぜひ福音(ゴスペル)を伝えたいの
です。」(ローマ人への手紙 1:14-15)

「ブルーグラス」 

 私のレターを受け取ってくださる方々の中
には、私が昔やっていた音楽、ブルーグラス
をやっておられる方が何人もおられます。ブ
ルーグラスといえば、私が何度もレターに書
いた『夏の宝塚ブルーグラスフェスティバル』
のことを思い出されるのじゃぁないでしょう
か? アメリカの伝統的な音楽です。今日は、
そのルーツとかは書きませんが、アメリカ中
東部の田舎の生活の中から、歌い始められた
素朴な音楽です。もちろん、時代の流れで変
化はしてきましたが、基本的には電気楽器を
使わない、家族的な?サウンドです。私はほ
んの少しその音楽をかじっただけですが、ブ
ルーグラスをやっておられるほとんどの日本
の人は、「ブルーグラス・オ・タ・ク!」だ
と思います。多分間違いないでしょう。ブル
ーグラスが好きで好きでたまらないのです。
楽器演奏だけの曲もありますが、ほとんどが
歌です。それらの歌の中に多くのゴスペルの
歌があるのです。そして大体どのバンドも、
レパートリーの中に、しっかりゴスペルソン
グを用意しています。私の友人に言わせれば、
「ブルーグラスのルーツは教会で歌ってた歌
だからね!」確かに、当たってるかもです。
それらは言うまでもなく神の愛、罪の赦し、
そして天国での永遠の命の望みの歌です。す
なわち良い知らせ「ゴスペル」です。現在も
そうですが、多くのアメリカの人は、それら
の希望の歌を聴いて育ったのです。もちろん
そのメッセージに同意しない人々もいたでし
ょうが。当時、ヨーロッパからアメリカに移
民してきた人々は、イエス・キリストのゴス
ペルを携えてきました。そのメッセージを歌
に盛り込んで、イエスを伝え、永遠の命の希
望でお互いに励まし合っていたのです。です
から、アメリカの多くの人々はそれらの希望
の歌を聴いて育ったのです。人々がゴスペル
を歌う時、またそれを聞く時、自分の心を天
に置いて「この世での人生を終えて、私は天
でよみがえり、永遠に生きるその天国が私を
待ってるんだ」と心から歌うのです。
 私たち日本人が、その心を想像するのは難
しいかもしれませんね。しかし、今回は特に、
ブルーグラスをやられている皆さんに考えて
いただきたいのです。彼らがどのような心で、
また、どのような気持ちでそれらのゴスペル
の歌を歌っておられるかということを。ただ
レパートリーだから歌っていると思います
か? 自分が聴いて育った歌だから、それを
継承すために歌ってるのでしょうか? それ
とも、彼らは聖書の言葉が、現実だと知って
歌ってるのでしょうか? 彼らの多くは、そ
れを歌うことによって自分がイエスとイエス
の約束を信じていることを公言しているので
す。確かにそうじゃない人もおられるでしょ
う。しかし、ほとんどの人はイエスの真実を
知って歌っているのです。
 確かに彼らにも弱さがあります。音楽を通
して人を喜ばせ、又、楽しませるエンターテ
イナーですから、はれた惚れたの歌も歌うで
しょうし、又、世的な、希望のない歌も歌う
でしょう。ゴスペルをもらっている人々にも
弱さはあるのです。クリスチャンにも弱さが
あるということですね。
 しかし、その弱さはクリスチャンにとっ
て、自分の弱さを神の前で認め、続けてイエ
スの愛とイエスの助けに信頼する時となるの
です。優しい神は、彼らにそのことを思い出
させてくださるのです。

「大好き」

 日本でブルーグラスをやっておられる人々
は、アメリカのブルーグラスのミュージシャ
ンのことが大好き! 大好きです ! もちろん楽
器のテクニックやそのサウンドにフレーズ、
それにボーカルのハモリのサウンドも大好き
です。そしてそして、人としてのキャラも大
好きだと思います。しかし私たち日本人は、
アメリカのそれらのミュージシャンたちが、
イエス・キリストの愛、罪の赦し、また、天
国での永遠の命のことをどのように思ってる
か、はっきりは知らないのです。そのような
ことは、ほとんど考えたことがないでしょう。
それは仕方がありませんよね。「国が違う
し、文化や歴史が違うんだから仕方ないだろ
う?」確かにそうですね。私も、「ゴスペル
が本当なのに、この違いは不公平ですよね!」
と、皆さんに言ってあげたいくらいです。
 
しかし、神は決して不公平な方ではないの
です。私にも、なぜだかわからないのですが、
しかし(私が言うのは横柄に聞こえるかもし
れませんが)、今、そうです、今、日本の人々
が神の愛と真理を知る『神の時』が来ている
のだと思うのです。これからそれが始まると
思うのです。何らかの方法で、神は日本の人々
に神の愛のゴスペルを知らせようとしておら
れるのだと私は思うのです。そして、今回、
私はブルーグラスを通して、皆さんにそのこ
とを話す機会を与えていただいたのです。

『Will the circle be unbroken』
 
最近、ゴスペルを歌ってるミュージシャン
の YouTube を見ました。ジョン・ハートフ
ォード、トニー・ライズ、リッキー・スキャ
ッグズ、ジョニー・キャッシュ、バック・ホ
ワイトファミリー、ドック・ワトソン、ロイ・
エイカフ、ドイル・ローソン、などなど。こ
れらの人は、この世界でよく知られた人たち
です。彼らが歌う最も有名な歌の一つを紹介
しますね。ほとんど全てのシンガー、又、ミ
ュージシャン、それに、一般の多くの人がこ
の歌を知っています。

「Will the circle be unbroken」です。
 お母さんが亡くなって、葬式の日の歌です。

1 番 それは、寒い、曇りの日でした。
私が窓から見ていると、一台の霊柩車
が来ました。
私の母を運んで行くためにです。

2 番 私は言ったんです。「葬儀屋さん、ゆっ
くり運転してくださいね」。
私は、母がいなくなってしまうなんて
耐えられないのです。

3 番 私は母の棺のすぐ後について、墓地ま
で行きました。しっかり気を保とうと
頑張っていましたが、母が墓の中に下
ろされて行くのを見たときには、悲し
みを隠すことはできませんでした。


 歌は、5 番まで、悲しく続くのです。これ
だけを聞くと、悲しみのどん底です。
 しかし、1 番の後、2 番の後、と、最後まで、
それぞれの番の後に、折り返しがあるのです。
 その折り返しがこれです。


「私たちの絆は、そのうち切れていくよう
な、そんなものじゃあないのですよね!
主、イエス様! あの空の上に、より良
い住む場所が、私たちに用意されてるん
ですからね! 主、イエス様!」


 人が死ぬということは、本当に悲しいこと
なのです。嫌なことなのです。私たちがよく
聞く「どうせ、人は死ぬんだから、仕方ない
よ。」と簡単に開き直ることができるような
ものではないのです。死は人間の罪の報酬な
のです。悲しく恐ろしいものです。しかし、
神は天から降りてきて人となり、人の罪の罰
を代わりに受けてくださったのです。神の愛
をもらって罪赦され、天国で再びよみがえる
る約束をもらった者は、その悲しみの中でゴ
スペルを歌うとき、それは、すでに知ってい
る神の約束してくださった天国を、待ち望む
希望(信頼)を言い表しているのです。
 「主(救い主)、イエス様、ありがとう」と。








ザ・デイ / 森繁 昇
〒744–0019 山口県下松市桜町2丁目17–24
FAX▶ 0833–91–6492
E-mail▶ thewindisblowing@hotmail.com
HP▶http://thedaywill.com
振替口座▶01330-4-93687 ザ・デイ

Noboru Morishige
P.O.BOX 1666
KEAAU, HAWAII 98749 U.S.A
TEL ▶ 808–966–92524
0
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/12 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ