2019/6/13  8:15

さようなら N川さん  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
今日の京都教室、わずかに覚悟はしていたものの、あまりにあっけなく幕を引かれたN川さんに、涙もまだ出番がありません。
大病と闘いながら、教室へは一昨年頃から来られてませんでしたが、生き急がれるスピードとエネルギーにこちらも急かされるように、二人三脚で頑張ってきた日々…

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
スタイルもオシャレ感覚も最高で、さっぱりしたお人柄の中に温かい優しさが溢れ、
いつも場を和ませてくださる方でした。

クリックすると元のサイズで表示します
大好きな押絵に神経を注がれることで、苦しみを紛らせながら完成された「海の精」
お好きでは?とご用意したら、亀のコレクションをなさっておられると分かりビックリ!

クリックすると元のサイズで表示します
最後の作品となった「白鷹」
お世話になった方へのプレゼントで、信じられない速さと綺麗さで完成されました。

 衰えていく様を誰にも見せたくないという、N川さんの美意識を最期まで貫かれたのは、親しい身近な方にとっては淋しすぎたかもしれませんが、誰のお世話にもなられず、あっという間に旅立たれたのは、N川さんらしいと思うと同時に、とても憧れる生き方を見せていただいた気がします。

 それにしても、71年はあまりに早い…
これまでの楽しかった思い出をしっかり抱きしめ、苦しみから解放されたことを喜んで差し上げるべきなんでしょうね…
N川さん、最後までほんとによく頑張られました!
もう何も心配なさらず、ゆっくりとお休みください。

2019/5/12  23:23

急なお別れ  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
報徳ラグビーでお世話になったK薗コーチ、
とても急な旅立ちでした。
県大会準決勝戦の日、鷹取駅で久々にお会いし、
グラウンドまで色々お話ししたのが最後の思い出に。
温厚なお人柄が偲ばれます。
心残りも沢山おありでしょうが、ごゆっくりお休みください。
ありがとうございました。


2019/1/17  23:59

平成最後の1・17  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
2019.1.17 
鎮魂の慰霊碑、押絵千体地蔵様をお納めしている
中央区の常光院様へお詣りに。

どんなに大切な人とも、必ず別れは訪れます。
でもそれが、どうしてあの時だったのか…
犠牲になられた方々の悔しさを、与えられた命につなぎながら、
精一杯生きていこうと思います。

毎年、私の新たな年はこの日から始まります。


2018/10/2  8:08

心からありがとう アズナブール  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
朝の新聞でショッキングなニュース!
アズナブールがフランスの自宅で旅立たれました。
2週間前、94歳とは思えない、素晴らしいステージに感動したばっかりだったのに…
東京のステージを観た友達とも、絶対また会えることを確信していたのに…
「舞台で生き抜く!」の言葉通りを生きて…

50年前の初来日から、その力強い歌声と、観客を楽しませてくれる舞台には、いつもいつも感動でした。先月も、腕の骨折から半年も立たないのに、身体いっぱいで会場中のファンを魅了してくれました。

東北地震の直後、"SOS JAPAN" としてコンサートを立上げ、日本の赤十字への寄付を集めてくれたアズナブール。
日本での長年の活動に対し、今年春には旭日小綬章の受章も。
いまもまだ、先月の歌声が耳に残っています。
大切な想い出を宝に、私も死ぬまで生き抜きたいと思います。
本当にお疲れさまでした!
ステキな夢をありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します

2018/8/17  23:59

背身のカオ  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
爽やかすぎて、勿体ないような今朝、
洗濯物を干しに出たら…
「お疲れさま」って手に取ると、しがみつかれた!
と思ったら、指先のギザギザが引っかかってました

クリックすると元のサイズで表示します
でも、最期にちゃんと、顔を残してくれて

2018/7/28  23:59

おつかれさま・・・  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
車から降りて、ふと横を見ると綺麗な蛾が…
カメラカメラ!と取り出しながら、逃げられないよう、そ〜っと近づくと
ビクともしません。
風に羽根が揺らされて・・・
あまりの暑さに、力尽き果てたんでしょう。
かわいそうに・・・

クリックすると元のサイズで表示します
つかの間でも綺麗なままいられるよう、
木陰においてやりました。
静かにおやすみなさい

2018/1/17  23:59

23年目の1・17  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
1月17日、折しもミント神戸17階の神戸教室でした。
23年前、家がつぶれ電車は止まり、回りの道がみな裂けている中、
大好きな神戸にまた行けるのかしらと思ったものです。
あの日のことがウソのような神戸が眼下に…

クリックすると元のサイズで表示します
笑顔でみんなが集まり、好きなお稽古が出来る幸せに、
今さらながら有り難さを覚えますが・・・
東遊園地に灯される今年の文字が「伝」と聞いたとき、とても客観的で、
23年という月日の温度差を感じました。
人は忘れるからこそ、苦しみを引きずらず、前に進めるのかもしれませんね。

クリックすると元のサイズで表示します
教室の後、常光院さまへ伺い、犠牲になられた方々の御霊に手を合わせ、
残された方々の無念、淋しさに思いを馳せました。
それが私にできる、せめてもの「伝える」かな…?と。

クリックすると元のサイズで表示します

2017/6/20  23:59

もう・・・!?  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
ドアを開けてビックリ!
まだ啼きだした様子も無かったのに、セミが!!
羽を痛めていたので、おそらく出てきたところを
ネコに見つかったんでしょね・・・
 
  さようなら 声も見せずに逝ったキミ  松甫

2017/6/16  23:59

ありがとう!M川さん  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
今日また一つ、早すぎる悲しいお別れがありました。
神戸教室でご一緒だったM川さん。
報徳ラグビー部のママ友がご縁の始まりで、熱く戦った仲間でした。
ご病気が見つかった6年前、たまたま尼信会館での展覧会に来られ、
ぜひやってみたいと!
これは、巳年のお姉さまにプレゼントされた初期の作品です。

クリックすると元のサイズで表示します
大きなご病気に負けず、いつも朗らかで楽しいM川さん。
その明るさと美しさは、みんなの憧れでした。

クリックすると元のサイズで表示します
外国のお友達に「助六」をあげたいと作られた時、
その方が、隈取の研究家であることが分かり、二重の喜び!!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
お嬢さまのカルトナージュとのコラボで、ステキな作品になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
カラーが大好きだったM川さん。
熱心にお稽古され、8号の大作を見事に完成されました。

クリックすると元のサイズで表示します
だんだん体調が思わしくなく、右手が使いにくく悔しい日々が・・・
それでも曼荼羅をどうしても作りたいと、渾身の力で頑張られました。

クリックすると元のサイズで表示します
今年1月、ずっとお休みの神戸教室へお顔を見せてくださったのが、
まさか最後のお出会いになろうとは・・・
この前の月、高校ラグビーの県予選で2回もご一緒に大声援を送れたのが、
懐かしく貴重な想い出です。
回りにとって、あっけなさ過ぎる最期はとてもやりきれない思いが残りますが、何一つ苦しみもなく、一瞬に旅立てたM川さんを思うと、そのあっぱれさを喜ぶべきかもしれませんね。
M川さん、素晴らしい時間を共に過ごせ、本当に幸せでした。
どの場面を思い出しても、明るい笑顔いっぱいの美人さんしか出てきません。
その笑顔の裏で、どれだけ辛い時を抱えておられたかと思うと、もうゆっくりお休みください、なのでしょうね・・・
いつかまたきっと、押絵もラグビーの応援も、ご一緒しましょうね!




2017/2/15  23:59

別れ  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
神戸教室終わりの12時、幼稚園からの幼馴染がお浄土へ旅立ちました。
今日見送りに行けないので、夕べお別れしてきました。
ご家族だけで、ということでしたので、ごく親しい友と二人で・・・
持ち前の明るさと優しさで、いつも笑顔いっぱいだったAっちゃん。
ご両親を割と早くに亡くし、そのあと妹さん二人にとっては大事な親代わり役。
無類の動物好きで気が合った私たちでしたが、ネコ派の私と違い、大型犬派。
元気な時は、大きくて気の優しいワンちゃんたちを何頭も散歩させてました。
病気はほんとに残酷です。
ほんの3週間ほど前、リハビリ頑張って早く帰るから!って言ってたのに・・・
「お浄土行って、阿弥陀さんに会うの!」が口癖だったというAっちゃん。
今は苦しさから解放され、大好きな阿弥陀さまの胸に抱かれてるのかな・・・
ほんとによく頑張ったから、もう楽に、ゆっくりやすんでね。
それにしても早すぎます。かわいそ過ぎます・・・


 生き抜いて笑顔の友に泣かされる   松甫


2016/8/17  23:59

さようなら坂田さん  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
第3水曜、KCC三宮教室で、悲しいお知らせをすることに・・・

50年間、押絵を命の糧として歩んで来られた坂田慶甫さんが、8月10日、私たちの手の届かないところへ旅立ってしまわれました。
常に前だけを向かれた、優雅で華々しい87年の生涯・・・

私が高校生の時、みやび流押絵の門をたたかれ、それから50年、一時も休まれることなく押絵を愛し、ご自身のオアシスを見つけてこられました。
大きな病とも闘われながら、最後まで決して負けることなく、いつも笑顔で!!

去年、クリスマスまでは恐らく無理との宣告を受けられ、予定を急遽繰り上げ開催にこぎつけた「坂田慶甫作品展」
魂の作品たちをご覧いただき、少しでもみやび流押絵を愛する方が増えて欲しい!
坂田さんの願いはいつもその一点でした。
そのおかげで、作品展のあと、新入生の方が何人も増えられ、とても喜ばれました。

クリックすると元のサイズで表示します
教室の後はいつも、長年のお友達とランチを楽しんでおられました。
今日は私も、決まって頼まれていたジンジャエールで、ご一緒に献杯。
決して弱みを見せられない、美しくも逞しい生きざまを、皆さんと忍びつつ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
50年もの長い間、みやび流押絵と私たちに限りない愛を注いでいただき、本当にありがとうございました。決してこのご恩は忘れません。
押絵と同じように、坂田さんにとってかけがえのない存在・・・それはネコでした。
1週間前、ハッピーも先に行ってお待ちしてますから、よろしくお願いしますね。
さまざまな山や谷・・・ほんとにお疲れさまでした。
ごゆっくりとお休みくださいね。
ありがとうございました。

<坂田慶甫作品展出品作品>
http://hello.ap.teacup.com/applet/miyabi_ryu/20150627/archive

2016/8/4  23:59

さよならハッピー  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
信じられないあっけなさで、母の秘蔵っ子ハッピーが旅立ちました。
最近、食欲が落ちてきたので、気に入る物をとっかえひっかえ工夫の毎日でした。
昨日から急に、もともと良くなかった後ろ足が弱り、引きずって歩くように。
それでも今日は、みんなが昼食中にやってきてペロリと食べ、自分のケージへ・・・
その数分後、失禁したのを見つけた聡甫がそっと知らせてくれました。

長年の勘で「これは早い・・・」と思った私。
父母が昼寝に上がってしまえば間に合わないと、抱いてそのまま二人のところへ。
みんなで見守ること40分。
これまでに経験のないくらい、静かで穏やかな最期でした。

家の前で拾ってから17年。母にとっては最大の心のよりどころでした。
父にとっては、この上ないライバル。
でも最後は、泣きながら般若心経を何度も唱えてました・・・

昨日なら、教室へ出ている間で下にはハッピーしかいない時間帯の出来事。
ちゃ〜んと今日まで待って、あっぱれな老衰を見せてくれました。
小さな私の家の周りに眠る子たちは、これで18番目。
みんなが待っているところへ今夜、送り出してやります。

2016/1/17  23:41

21年目の1・17  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
阪神・淡路大震災から21年。道に亀裂が無く、電柱が真っ直ぐ立っていることを、今だにしみじみ眺める時があります。
半分の世代はすでに、あの日のことを知らないとか・・・
忘れたくても忘れられない私たちしか、もう語り継ぐことはできません。

クリックすると元のサイズで表示します
押絵千体地蔵さまをお守りいただいている、春日野道の常光院さまへお参りに。
ご遺族の皆さまとのお別れも多くなり、ご一緒での法要は去年を最後にさせて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します
一周忌に生徒さん達のご協力で完成した押絵千体地蔵さま。
この前に来るといつも、紙一重で再びの命を受けた者として、皆さまの分も精一杯生きていかねば・・・と身の引き締まる思いです。
山崎泰光ご住職からも、この日は自分の法事として、ずっとお守りしていきますとのお言葉をいただきました。
皆さまにも、もし機会がありましたら、この前で思いを馳せて頂けたらと思います。

  「常光院」 神戸市中央区東雲通 1−3−3   078-221-3380
   http://www1.plala.or.jp/monument/m-tyuo.htm
   (お参りの際は、インターホンを押していただくとドアが開きます)

2016/1/11  23:59

田中竜児先生  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
田中竜児作「青不二」

長い間、年賀状だけでお付き合いが続いている場合、亡くなっておられたことが分からず、失礼してしまうことがあります。
10代から20代にかけて、田中竜児先生に日本画を教えて頂いてました。
具体美術で活躍され、甲南高校で美術の先生もしておられた方です。
昔、生田神社の「えびら会館」で、杮落しの個展をされたのも懐かしい思い出・・・
その田中先生が、一昨年の7月に亡くなられたことを、お嬢さまから伺いました。
押絵の作品をご覧になるといつも「遊びが足らんネ・・・」と
「手は器用やけど、人間的に不器用なんやナ〜」なんて言われたことも
「綿で盛り上げる反対に、くぼましてもエエんちゃうの?」等々・・・
何十年経っても、心の棘として大事にしているお言葉です。
具体時代のお作品が注目され、この3月にベルギーで個展をされるとか。
独特のブルーと抽象の世界が、私は大好きでした。
これからも、見守っていらしてくださいね。






2015/9/13  14:34

さよならラッキー  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
仕事場における母の優先順位が、聡甫や私をしのぐラッキー
16歳には思えない、かわいこブリッコだったラッキー・・・
昨夜、旅立ちました。
腎臓の悪いのが見つかったのは3年前でしたが、わずか6日間の入院で、きれいなまま苦しむこともなく・・・
あっけないほど見事に生を全うしました。
ただ一つの私の悔いは、これまで私の子達はみんな、私の腕の中で見送ってやれたのに、今回は間に合わなかったこと・・・
私の予想を先読みされ、1日生き急いだようなラッキー。
でも、ネコにとってはその方が望むところなのかも。
あっぱれな最期を教えてくれて、ラッキーありがとう!

クリックすると元のサイズで表示します
文字通り、ネコの額みたいな小さな私の家の周りは、みんなのお墓。
今朝、この下に17番目で参加。
私の子達は勿論、母の家にいた子、最期の場所を求めてきたノラちゃんたち、
みんなで一緒に仲良く・・・
〜〜ん、母に似て〇〇ママだから、ウマくいくかな・・・




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ