2009/2/24  3:40

帰りを待って おりまつる〜  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
絹甫の入院生活を少しでも応援しようと、お稽古の皆さんから次々お見舞いのお便りを頂き、こんなに嬉しいことはありません。
絹甫にとって、何よりの元気付けで、泣いたり笑ったり、豊かな感情の湧き上がる瞬間です。
そんな中に、折鶴の押絵を貼り付けてくださったお便りが・・・
これまで70年以上押絵を続けている絹甫ですが、押絵を頂いたのは、きっと初めてでしょうね〜
鶴の押絵に添えられた言葉が「首を長〜くして待ってます」と!
ニクイですね〜〜〜
習って頂いてるのは、押絵だけじゃ、ないよね〜〜

今日は、左足を固定してから1週間目のレントゲン結果が大変良かったもんで、絹甫も久々に普段の笑顔(ま、8割くらいでしょうが)がこぼれました。
本の些細なことが、どれだけ気分を明るくしてくれることでしょう。
私まで今日は、食が進みました(いかんいかん



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ