2009/2/6  2:58


クリックすると元のサイズで表示します
ジョグジャカルタでは2月に姉妹都市交流イベントで押絵が展示されますが、4月にはジャカルタの大統領公邸でパーティが。
そこで様々な郷土芸術と共に、聡甫の押絵も並ぶことになりました。
これぞジョグジャと日本のコラボ!!
デパートなどに入ってくるとウン十万するような更紗の古布を着物に使い、帯は西陣、うちわには金のマユを使った浮世絵の作品。
縁取りに使っているのも、珍しい更紗です。
信じられない組み合わせが、不思議なほどの妙味を・・・
歌麿さんも、こんな時が来るなんて思ってもおられなかったでしょうね〜



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ