2007/1/29  3:22

またまたふくちゃん  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します

曲が作られる時って、詩ができてからメロディーがつく場合と、まずメロディーが浮かんで、それに言葉を当てはめる場合とがあるようです。
押絵も、出来上がった作品に合わせて額を作る場合がほとんどですが、時々ステキな額を見つけたために、何を入れようかな〜って逆にかんがえることもあります。
この「ふく来たる」もそのケース。ふぐだけを色紙につけて、初春用のおめでたい教材として、すでに教室で発表した後、この綺麗なパールの額との出合が・・・!
そうなりゃ色紙の色もコバルトブルーに、下には色とりどりのガラスチップを散らばらせて〜〜と、お化粧具合で別人になってしまいました。
早くに仕上げた人たちからは、冗談交じりのブーイングも・・・ごめんなさい!



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ