2007/1/25  1:38

色の道には苦労します・・・  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、押絵らしい・・のか、そうでもないのか・・
江戸文化の中心をなす、浮世絵を題材にした作品です。葛飾北斎の「百人一首 うばがゑとき」
最近、お稽古の方たちにもこういった浮世絵のテーマが大人気なんです。
金襴系の華やかな織物が使われるわけではありませんが、渋い小柄の組み合わせや、自然の風景を表すきれの色使いなど、出来上がりを想像して、あれこれ頭を悩ませながらも楽しみな部分がいっぱいありますね。
道、木、山、屋根、水・・・これらすべては布を染めて使いますが、いつも染める場所は台所。ガスの片方で染物して、もう片方でおでん炊いて・・時々、間違えて お大根が赤くなったり・・・しませんけどね(笑)
去年の展覧会に来てくれた同級生の男子(って、もう還暦近いけど)の言葉。
「美人画とか着物とかっていうのは、あまりよ〜わからんけど、こういうのだったら、男の自分でも押絵がしてみたいかなと思うね〜」と。
定年後の生きがい探しの選択に、押絵もちょこっと入り込ませてもらいたくなる一言でした。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ