2008/1/21  3:14


クリックすると元のサイズで表示します
祖母の小西義甫が主宰していた「阪神押絵研究会」の師範 Tさんの作品「牡丹」
紫色のグラデーションのバックに、ブルーの花びらと葉っぱという、とてもユニークな一作です。
牡丹というと、どうしてもピンクの淡い色合いを思ってしまいますが、この幻想的な青の世界が、私は昔から大好きです。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ