2019/2/27  23:59

ZERO展  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
京都教室の後、大阪市立美術館「ZERO展2019」へいざ〜〜!

クリックすると元のサイズで表示します
今回、大阪教室のT中さんも「兆し」と題した竹をご出品くださいました。
押絵の作品がいくつも並ぶのは、とても嬉しいことです。

クリックすると元のサイズで表示します
ダイナミックな作品が多い会場の中で、繊細な技がひと味違う趣でした。

クリックすると元のサイズで表示します
聡甫の作品「黒の奥」が、兵庫県知事賞をいただきました。
30号のスペースを、28枚の黒い雲型の押絵で埋めつくし、
すき間から真っ赤なバラが覗いている作品です。
アクリルが周りを全部映しこむため、わかりずらいです…
お立ち寄りいただけましたら嬉しいです。

 「2019 ZERO展」
  大阪市立美術館 3月3日まで開催(入場は16:30まで)入場無料

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ