2007/8/22  6:06


クリックすると元のサイズで表示します
ようやく一輝の作品が仕上がりました。
今年の春、いっしょに見た夜光虫をテーマに、海、砂浜、川の中に好きな虫たちを並べた少年らしい押絵になったと思います。
構図、布選び、仕上げ、すべて本人の選択に任せ、大人の感性や技術で手を加えないことに力を入れました。絞りや、鮫小紋の生地がお気に入りで、ヒトデやカメもちょっと面白いことになってます。
人も動物もそうですが、手を出さずに見守りながら本人の力を引き出し、育てていくことの方が、何倍ものエネルギーがいるもんですよね。
夏休み中も本来ならば、毎日、学童保育に朝から行くところを、最後の追い込みは1週間くらいお休みをいただいて、べったり座り込みでがんばってました。
と言っても、こちらはみんな、殺気立った時間の中で作業しているので、何か聞いてきても、早口でパパパ〜〜っとしか答えられない時もしょっちゅう。後にした方が良さそうだな・・・と、空気を読む練習もできたことでしょう。
コテで指先をやけどもしましたが、それもみんなが通り抜ける儀式のようなもんで(コワいばあちゃん?!)ま、いい経験でしょう。
「九才 一輝」のサインが入ると、本人も、私も、ホっとドッとの安堵感・・・
題名は「夜の海の生き物たち」だそうです。
会場で実物とご対面してやっていただければ嬉しいです。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ