2016/6/26  17:49

川柳句会デビュー  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
時実新子先生に魅せられた人たちが、その遺志を受け継がれる「現代川柳」
私もここの会員で、隔月17句の投稿にアップアップしながらも楽しんでおります。
今日は、年1回の川柳大会。これまでチャンスが無かった私は大会デビュー!
好天に恵まれ、つい主催者側の気持ちになる者としては、ほんとに良かったです!
8人の選者が出されるお題に2句ずつ用意して行き、会場で出される席題も1句。
11時から5時間半の川柳三昧!幸せなことです〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
全国から会員以外の方も含め、100名近い方がお集まりに!!
メールのやり取りや、お顔しか存じ上げない皆さんと実際にご挨拶できて、嬉しい

クリックすると元のサイズで表示します
9種のお題に対し2句づつ、この細い紙に書いて箱に入れます。
無記名で、自分の番号が書かれています。

クリックすると元のサイズで表示します
2時半からそれぞれの選者が選ばれた句の披講です。
句が読み上げられると、その人は名乗りを上げ、もう一度句が読まれるという形式。
ま、そんなことは今日はあるまいて…と思っていたら!!
な、なんと!!
「六」のお題の時、「49番 六文銭しかと磨いておくとする」!?!?!?
思わず「ショウホ!」 ちゃんと名乗れました
そのあと、「豆」は「鬼は外 連れ戻したい鬼でした」と、
「月」の「そうかそうか今夜の月は泣き上戸」も選ばれ、とっても嬉しいデビューを飾ることができました。
披講の間、皆さんの素晴らしい句に聞惚れ、くすっと笑ったり涙したり・・・
ステキな皆さんや句に出会え、ほんとに楽しい川柳大会でした。
お世話下さった編集部の皆さま、素晴らしい会をご準備下さり、ありがとうございました。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ