2016/1/13  23:59


クリックすると元のサイズで表示します
久々に冬らしく冷え冴えた、京都の町。第2水曜、京都教室の初稽古でした。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
O木さんの猫を抱いた人がほぼ完成!!
はい〜! 昨日作っていたお顔は、ここに納まるのでした〜
色紙に貼りつけ、お持ち帰り頂くことになるはずが・・・

クリックすると元のサイズで表示します
私、右手を作り忘れてました!!
これがホントの片手落ち〜なんて言ってる場合じゃない・・・
ス・ミ・マ・セ・ン〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
F本さんは「春・大吉」が仕上がり、節分準備OK!

クリックすると元のサイズで表示します
T中さんのハコベルは、新春らしく「束ね熨斗」で。
去年の展覧会を無事終え、次に向けてもう始動された方たちも!
皆さま、今年もまたどうぞよろしくお願いいたします!

2016/1/13  4:31

ア・タ・マ  

クリックすると元のサイズで表示します
押絵の頭に毛をかける時、スガ糸と呼ばれる絹糸を使います。
艶のかけらも無く、櫛も通らない絹糸の束を左手で引っ張りながら、何べんも何べんもコテを当てます。そうすると、だんだん艶が出てきてさらさらヘアーに
それを薄く均等に並べ、黒繻子で貼った型の上に止めていきます。
押絵の工程の中で、最も難しい部分です。
その時、髪の生える方向と流れが肝心!
頭一つ作るのに、人間のシャンプーブローの何倍もの時間がかかりますね・・・
さ〜この頭、京都教室のどなたの作品に乗るでしょうか〜〜



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ