2010/7/15  0:00

祇園さんへGO雨!  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
昨日は第2水曜、京都教室でした。
晴れ女らしく、家を出て名神を走る間はそこそこの良いお天気。
ところが京都へ入った途端、CDの音も聞こえないほどの豪雨!
さまざまな被害に遭われた皆さまも多かったようで、お見舞い申し上げます。

今日は折りしも祇園祭の宵々々山。
こんな雨の中でも鉾はもう、出されてるんですね〜

クリックすると元のサイズで表示します
いつもなら通らない四条通を東に向かったお陰で、月鉾が右に。

クリックすると元のサイズで表示します
森○大道先生ばりの函谷鉾

クリックすると元のサイズで表示します
最北の鉾、鈴鹿山
大雨と渋滞の中ながら、祇園さんの香りを感じることができて幸せでした。
しかもそんなお足元の悪い中、教室の皆さんは全員ご出席!
申し訳なく、有難く、感謝感謝の気持ちでいっぱいです!!
皆さん、お疲れ様でした。

2010/7/14  0:00

煌(きら)やかに悠(ゆる)やかに  こんな押絵(押し絵)がありますよ

クリックすると元のサイズで表示します
ゆるキャラで思い出したわけではないんですが・・・
3年前、創流120周年展の時発表した、絹甫、聡甫と私による合作、
「煌やかに悠やかに」です。
100号の大きさなので、あの展覧会以来、出していません。

3年前の春、メインの作品のテーマがまだ決まらず焦りだしていた頃、
何とは無く平等院へ足が向き、鳳凰堂へ入って見ると・・・

天蓋部分が修復の為、下に降ろされていて間近に拝見することが!!
しかもあくる日からは、数ヶ月間のお休みで、中に入れる最後の日だったのです。

天蓋が外され、ちょっと寂しげな阿弥陀さまを眺めていると、いつものように
こちらから阿弥陀さまを拝むのではなく、阿弥陀さまはどんなお気持ちでここに
座っておられるのかしら・・・と思ってしまいました。

創建当初は、まばゆいばかりに光り輝く天蓋を仰ぎ見ながら、周りに配された
供養菩薩たちの音に耳を傾け、目の前の池に遊ぶ鳥たちに目を細め・・・
られたかどうか分かりませんが、阿弥陀さまの目線になってみたくて・・・

天蓋部分は白い生地で貼ったものに金を塗りました。
その昔、堂内に光が乱反射するよう、鏡が埋め込まれていたのを聞き、
その部分には銀の生地を使いました。

周りを取り巻く宝相華の一片ひとひら、すべて押絵ですが、夕日に浮かぶ
阿弥陀堂は、あえてシルエットで表しました。

あくせくバタバタ、息付く間も無いような日々の暮らし、
煌やかに〜悠やかに〜〜と、呪文のように言い聞かせるようにしています。


2010/7/13  0:00

おしなりくん  こんなの見っけ

クリックすると元のサイズで表示します
関東特派員のAKKOさんから、こんな可愛い写真が届きました。
その名も「おしなりくん」
いま墨田区では、東京スカイツリーの工事が着々と進んでいて、
その様子をひと目見ようと、訪れる人がいっぱいだそうです。

押上、業平橋地区と呼ばれるこのあたり。
昨今のゆるキャラブームで登場したのが、この「おしなりくん」
HP(http://oshinari.jp/)には、こんなプロフィールが紹介されています。

◆おしなりくんプロフィール

当地区の業平橋の名前の由来になった平安の歌人、在原業平をモチーフに、
タワーをイメージした烏帽子(えぼし)姿

名前について
押上・業平橋地区の「押(おし)」と「業(なり)」からとって「おしなりくん」と命名

生い立ち
押上・業平橋のおしなりくんの家で生まれ、この押上・業平橋地区で育ちました

性格
朗らかでやさしく、何事にも誠実

趣味
和歌を詠むこと、商店街にヒョコッと現れる、ネコと戯れること

好きな食べ物
おいなり、団子、業平しじみ

******************************************

頭にスカイツリーを乗っけた「おしなりくん」
お近くの方は、是非一度ご覧になっては?
近かったらツーショットの写真撮りに行くのにな・・・
惜しいけど成りませんの「おしなりくん」
チャンチャン!

2010/7/12  0:00


クリックすると元のサイズで表示します
神戸ミント教室、Tさんの六角箱が仕上がりました。
まわり4面の正方形(1辺12cm)に四季のお花をつけ、
三角形の部分はピンク色の箔地。

クリックすると元のサイズで表示します
春の梅

クリックすると元のサイズで表示します
夏が桔梗

クリックすると元のサイズで表示します
秋は紅葉

クリックすると元のサイズで表示します
そして冬には牡丹

クリックすると元のサイズで表示します
箱の中には、宝尽くし柄の和紙を貼り付けています。

クリックすると元のサイズで表示します
この箱の展開図は、こんな感じです。
12cmの正方形に正三角形をくっつけたものが3枚と、
そこに(底になります)もう一つ正方形をくっつけたものが1枚。
これを図のようにテープでつなげれば完成〜!
13cmと11cmの正方形は、2枚張り合わせてふたにすると、
小さい正方形がストッパーになって、箱からずれないんです。
ニクい心遣い〜〜(自分で誉めてどうするン

サンスクリット語で宝を意味する「ラトナ」と名づけたこの六角箱。
(なんでサンスクリット語ナン?)
あなたはどんな宝物を入れられますか?

いくつになっても捨てられないもの、
胸がキュンとなるステキな想い出、
健康を損なった時用の体力と気力、
ひとに見られたくないイヤ〜な自分を入れて、
フタしとくのもいいかも!
勝手に開いたら、コワいですね〜〜!

2010/7/11  11:21

ざる豆腐元年  美味しいもの

クリックすると元のサイズで表示します
とてつもない、ざる豆腐を頂きました
その大きさたるや、直径20センチ、2,3キロはありそうです。
お豆腐は、外より中が柔らかく美味しいため、この大きさになったとか。

クリックすると元のサイズで表示します
覆われたさらしを解くと・・・
真っ白な柔肌が目の前に!!
このざる豆腐には「なごり雪」と言う名前がついているとか。
ならばやはり、ひと声・・・
♪動き始めた汽車の窓〜に 顔を〜つけ〜て〜♪

歌ってる場合じゃありません
いきなりスプーンですくうというのもネ・・・と思い、
包丁を入れ、さらしを持ち上げ出そうとしたら、
中はどんだけ深いの〜?!っていうくらいの大きさ!!
何しろ、大きなお豆腐7丁分はあるそうですから。

クリックすると元のサイズで表示します
ほんとにふっくら柔らかなんですが、グチャグチャになる前に、
まずは、そ〜っと切ってみました。
付いていた笹の葉で、お舟を作ったりなんかしちゃって〜〜

大きさもさることながら、このお味!!!
お豆腐だけを頂いても、大豆そのものの甘みがしっかり伝わってきます。
いやぁこのお豆腐には、おネギや生姜といった薬味は失礼な気がしますね。
お醤油すら、チョットだけよ〜で、いくらでもお箸が進みっぱなし。
これ一つで、お豆腐パーテイーができそうですよ〜

送ってはもらえるみたいですが、予約をしても、なかなかだと・・・
それがちょっと、メンどうふ・・・?

ざる豆腐 小野食品 http://www.ntv.co.jp/burari/050219/info06.html

2010/7/10  0:00

恐れ入谷の朝顔市  あれやこれや

クリックすると元のサイズで表示します
夏と言えばやっぱり、あさがお!
ひるがう、よるがい?(ナニ言ってンでしょうかね〜私

クリックすると元のサイズで表示します
関東特派員のAっ子さんが、入谷の朝顔市に行った写真を送ってくれました。
私も一度だけ、行ったことがあります。
もう35年以上前東京に住んでた頃、恩師の先生がお連れ下さいました。
その後浅草で天ぷらをご馳走になって・・・
懐かしいな〜〜朝顔市・・・
今日誕生日を迎えた聡甫が、生まれる前年の夏のことです。

クリックすると元のサイズで表示します
押絵の朝顔で締めくくり〜〜

2010/7/9  0:00

ラッキーな1日を〜  やや個性派ねこ

クリックすると元のサイズで表示します
久々に、絹甫の秘蔵っ子ラッキー登場
オツにスマしてますけど・・・

クリックすると元のサイズで表示します
皮膚の弱いラッキー、暑くなってきて
おなかがちょっと、カイ〜カイ〜の

絹甫曰く、
「こんな可愛い子を、汚い聡甫の仕事椅子(汚いは、どっちに掛かる?)で
撮るなんて!背景が悪すぎるわ〜

2010/7/8  4:30

蓮酒  お知らせ

クリックすると元のサイズで表示します
伊丹特派員のK子さんから少し前に、宇治三室戸寺境内のアジサイが送られてきていました。
色合いが少し濃い目の鮮やかピンクで、なんとも可愛いですよね〜

クリックすると元のサイズで表示します
蓮の花も開きかけたところ・・・との報告でした。
ここ三室戸寺は、この蓮の葉にためたお酒を、茎の下からストローのようにして
頂く蓮酒で有名なお寺。
今日7月9日、朝9時から12時まで、皆さまの長寿と健康を祈って振舞われます。
〜〜〜〜ん、そのまま飲んでも勿論美味しいですけど、蓮の茎からチュ〜チュ〜って、きっと、極楽の味でしょうね〜

2010/7/7  4:47


クリックすると元のサイズで表示します
七夕の今日、第1水曜、神戸ミント教室でした。
Hさんの「風鈴草と金魚草」が仕上がりました。
お花好きのHさん、細かいパーツも何のその。
暑さを跳ねのける、鮮やかな色紙になりました。

クリックすると元のサイズで表示します
このうちわも、Hさんの物。
7色の千鳥を飛ばしました。
一杯やりながら、これで扇げば、きっと足元はフラフラ〜〜
どうしてかって?
ち・ど・り・あ・し・・・
〜〜〜ん、そこまで言わせなくても分かってるクセに〜〜〜

2010/7/6  5:34

新幹線劇場  こんなの見っけ

クリックすると元のサイズで表示します
ある日の新幹線で
ノゾ君 「お客さんって、みんな寝てばっかり。疲れてるんだろうな・・・」

クリックすると元のサイズで表示します
ミーちゃん 「そういう優しいノゾ君が・・・スキよ

クリックすると元のサイズで表示します
ノゾ君 「そ、そんな・・・テレるな・・・

2010/7/4  23:25

暑さの中  今日の感動

クリックすると元のサイズで表示します
グラジオラスが、すっくと1本。

クリックすると元のサイズで表示します
お里帰りでもないのに、キキョウの花が〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
そして今年も咲きました
ギリッギリッ・・・
ねじ花で〜す
3年前には1本だったのが、今年は5本。
みんな暑い中を、頑張って咲いてくれてます。
こっちも負けちゃ〜いられませんね〜〜

2010/7/3  22:46


クリックすると元のサイズで表示します
梅雨だから仕方がないんでしょうけど、
どうしようもないジメジメ感ですね・・・
今年、とても涼やかな形の団扇を入手。
中にも団扇をつけました。
教室では、さまざまな柄を楽しんで頂いてます。
涼風を〜〜
ところでこの団扇、水団扇の形に似てませんか?
来年こそは、押絵の水団扇を実現させたいな〜と思ってます。
水も滴るイ〜押絵・・・

2010/7/1  0:00

天国からの贈り物  悼み

クリックすると元のサイズで表示します
第1木曜、東京教室でした。
今日の富士山は、はるか雲の彼方・・・

人と人とが出会えば、必ずいつかは別れるもの。
でもまさか、それが今日になるなんて・・・

東京教室を始めた30年前からの生徒さんが、今も4人居られます。
いつもご一緒に来られるのですが、その中のお一人で、小平市から来られる
Iさんにご連絡が取れないと。
とても几帳面な方で、無断欠席なんてあり得ないことです。
去年ご主人を亡くされてからお一人暮らし。
月一度の押絵教室と、その後お仲間で行かれる美味しいケーキとお喋りを
とても楽しんでおられました。

教室の間からずっと気にかかり、居ても立ってもいられず、
帰りにお家をお訪ねすることに。
同級生で生徒さんでもあるOさんが、一緒に付き合ってくれたのですが、
これがまた大変な道のり。
2回電車を乗り継ぎ、歩いては階段の連続で、滝のような汗、汗
84歳のTさんが、毎月この道を通われてるかと思うと、
申し訳ないやら、いとおしいやら・・・

Oさんに駅前のお店で待ってもらい、お家を探しに。
もしか緊急入院でもされていたら、ご近所の方に教えて頂くつもりでした。
ところが、お家を見つけた途端、何とも言えない胸騒ぎが・・・
様子をお尋ねするにも、ご近所はみんなお留守。
と、そこへ通りかかられたのが、幸運にもお隣の方。

「どなたかお尋ねですか?」
「私、Iさんと30年来のお付き合いの者でして」と言いかけた途端、
「押絵の先生でいらっしゃいますか?!」
「はい・・・今日お越し頂けないのが気になって、飛んできました」
瞬間その方の顔が曇り、
「実は、先週、亡くなられたんです・・・」


恐れていた最悪の事態を知る結果になりました。
雨戸が開かないのを不思議に思われたのが、先週の木曜日。
そして金曜日には、遠方におられるご姉妹とパトカーが来たとか。
その後の詳しいことは、お隣の方も分かられず、私に連絡の取りようが無く、
悩んでおられるところだったんです。
先月お元気にお会いしたIさんと、まさかこんな最期のお出会いをしようとは・・・

きれいな真っ白の御髪に、パステルカラーのお洋服がお似合いだったTさん
神田のお生まれで、「ヒ」が「シ」になるIさん
プライベートなことは何一つお話にならず、愚痴を伺ったことのないTさん
30年の間、渋谷、品川、銀座と、どこへ移ろうと、喜んで支えて下さったTさん
物事に公平で、曲がったことが大嫌い、いつも清々しかったIさん
大大大好きだったIさん・・・・・
誰にも世話をかけず、毅然としたまま最後の幕を引かれたIさんに、
もう一度お会いしたかった!

今日伺わなければ、そしてお隣の方にお会いできなければ、
心配したまま、時が流れていくしかなかったことでしょう。
同行してくれたOさんが言ってくれました。
私に知らせようとIさんが引き寄せて下さったんだと。

今朝東京へ向かう新幹線に、聡甫からメールが入っていたのです。
「今、Tさんからのお中元が届きました」
いつものように、一番乗りで届くよう手配されていたのでしょう。
今回はお手紙ではなく、お会いしてお礼申し上げますから、もう少し
待っていてくださいね。
楽しい押絵の夢を見ながら、ゆっくりお休みください。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ